※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラックゴートサンディエゴ強襲


ブラックゴート社がGAサンディエゴ基地を強襲し、発射準備中であった三期の核搭載型ICBMを破壊した戦闘。

どこで情報を手に入れたのかは不明だが、ブラックゴート社はGAがハワイ諸島に向けて核を使用しようとしているという情報を手に入れGAから離反し、その直後から戦闘準備をしていたとされる。

GA側もブラックゴート社が侵攻してくることを予想していたのか、それともそういった情報を得たのかは不明だが事前に察知していたことだけは確かである。
証拠に、サンディエゴ基地一つに新型AFグラウンドハウルとランドクラブに加えて一〇〇近いノーマルACを配備していた。

ブラックゴート社は三隻の双胴型空母に二機ずつネクストACを配備し、進撃。それだけでなくユナイテッド・ステイツが協力しており、その後ろには出てくることは無かったがノーマルAC部隊も控えていたとされる。

戦闘は早朝に開始され、ブラックゴート社陣営のネクストがVOBを使用して突入するところから始まった。結果を言えばGA陣営は惨敗し、ブラックゴート社ユナイテッド・ステイツのノーマルAC部隊に頼ることなく勝利を収めた。

この戦いでGA側にでた損害はグラウンドハウル、ランドクラブだけでなく一〇〇に近かった数のノーマルACも全て撃破あるいは大破させられている。

この戦闘に参加したリンクスはブラックゴート側がU・N・オーエンマリア、アリオーシュ、マッハ、アネモイ、ハーケン・ヴィットマンの六名。

GA側がグローリィ、ミストレス、レオン・マクネアーの三名となっている。

計九人のリンクスが参加しており、このうちハーケン・ヴィットマンはレオン・マクネアーによって撃墜されており、機体が爆散したことにより生死は確認されていないが死んだものとされている。

またレオン・マクネアーはハーケン・ヴィットマんを撃墜した後、何故かGAを裏切っている。本人はその理由を明らかにしようとしない。

この戦いの後ブラックゴート社は企業連に対して核の不使用条約を締結すべきだと進言し、企業連もそれを認め以降の戦闘行為に際して核は使用されないこととなる。

ただし劣化ウラン弾はその条約で禁止されてはいない。