eb_archives @ wiki マスカレイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスカレイド

都市国家全体を包み込む見えない謎の力「棘(ソーン)」によって憑依され、仮面を持つ魔物と化した存在がマスカレイドです。
憑依する対象は人類だけに限らず、バルバ、ピュアリィ、動植物類と言った人類以外の生物や、
イマージュやゴーレム、アンデッドなどの非生物まで、様々な対象に及びます。

マスカレイドの特徴

  • 全てのマスカレイドは、体のどこかに「マスカレイドの仮面」を持っています。
    この仮面は、エンドブレイカー以外の存在には認識されず、エンドブレイカーとしての能力を持たない人には「その部分がぼやけている」ように見えます。
  • マスカレイドとしての能力を使っていない間、このマスカレイドの仮面やマスカレイドとしての外見を隠す事ができます。
    この能力はエンドブレイカーにも有効で、「エンディング」などで情報や確証を得ていない限り、正体を隠しているマスカレイドを特定する事は難しいようです。
  • マスカレイドとしての能力を使うと、肉体能力や戦闘能力が大幅に上昇します。
    また、「筋肉の肥大化」「肉体の武器化」「背中にとんぼのような羽を生やす」などの肉体が異形化が発生する事もあります。
    • この肉体の異形化は、一般人であっても確認する事ができます。(βシナリオ「少女の笑顔を守って」など)
    • マスカレイドが倒された場合、この肉体の異形化は解除され、元の姿に戻ります。

  • 「誰かを憎んでいるもの」「誰かに憎まれているもの」「本能のままに生きるもの」は、全て「棘」に憑依され、マスカレイドになる可能性があります。
  • マスカレイドと化した後も、マスカレイド化以前の能力や記憶を受け継ぐ事ができます。
    表面上は以前と変わらない生活を送りながら、人目を忍んで凶行を繰り返すマスカレイドも存在します。
  • 他の生物や非生物に自らの「棘」を分け与え、配下のマスカレイドを増やす事ができます。
    また、イマージュの配下マスカレイドを生み出す事もあります。
  • マスカレイドは、いつでも望んだ時に、配下を召喚する事ができます。
    マスカレイドのみを誘き出したとしても、どこからともなく配下は現れます。

  • マスカレイド自身の「悪意や本能」を膨大に増幅させ、悪意や本能が満たされるたびに体内の「棘」が増加し、強さと凶悪さが増していきます。
    「棘」が増加すると、更に強力な能力(アビリティ)を獲得したり、より強力な配下を生み出せるようになったり、召還できる配下の数が増えたりします。

  • 元来の性格などには関係なく、殺人に対する罪悪感が消失しています。(βシナリオ「書の乙女」)
  • 不利な状況になると、逃走する事もあります。(βシナリオ「飢えたる狼たちの晩餐会」)
  • 獣型のマスカレイドは、知能が低い代わりに、魔獣のように高い戦闘能力を持つとされています。(βシナリオ「大蜘蛛に飲まれぬために」「食料庫に潜む黒き巨体」)

マスカレイドの倒し方

  • エンドブレイカー以外に倒されたマスカレイドは『棘』に戻り、都市国家を覆う『棘』と一体化してしまいます。そのためマスカレイドを真に撲滅することはできません。
    唯一、エンドブレイカーに倒された場合のみ、マスカレイドは『棘』に戻らずに、そのまま死亡します。

  • <重要度の高い情報>
    • 「イマージュ」以外のマスカレイドが倒された場合、その場に憑依されていた物体や人の死体が残されます。
    • 人類のマスカレイドの場合、宿主の知識を利用し効果的に狡猾に振舞う傾向が強くなります。
      (例)
      社会的立場を利用する。性別、外見を利用する。熟知している町並を利用し追手を罠に掛ける。
      エンドブレイカーに襲われた際、一般の人の居る場所へ逃げようとする、等。

良心を残したマスカレイド

  • 良心の強い人がマスカレイド化しようとしている時、完全にマスカレイド化する前に、説得などによってその人が持っている良心を目覚めさせる事ができれば、命を奪わずに、その人を無傷で助け出す事ができます。
    このような状態のマスカレイドは、仮面が「半分だけ」の状態になります。
    説得に失敗した場合、その人は完全にマスカレイド化し、通常のマスカレイド同様、倒した時点でその人の命も失われます。

  • 説得に成功しても、マスカレイド化そのものを無かった事に出来る訳ではありません。
    半分の仮面のマスカレイドとの戦闘を行い、そのマスカレイドを倒す事で、初めて救出する事ができます。
    このようなマスカレイドの場合、通常よりも弱体化するケースも見られます。(βシナリオ「嫁姑のよくある話?」)
  • マスカレイド化した直後から、その人の意識は完全にマスカレイドの支配化に置かれます。
    倒された後は気を失った状態で元の姿に戻り、戦闘中の事は記憶していません。(βシナリオ「心の棘と、想いの行方」)
  • KO効果以外で倒すことに成功した場合、心身共に健康な状態で元の姿に戻すことが出来ます。(シナリオ「その幻想を」)

マスカレイドとの戦いの注意点

「人類のマスカレイド」との戦闘を行う際は、次の点に注意する必要があります。

  • 一般の人はマスカレイドの存在を知らず、その人がマスカレイドである事も知りません。
    マスカレイドが倒された後には、元の姿に戻った「死体」が残る為、事情を知らない人がこの光景を目撃してしまうと、エンドブレイカー達が「殺人犯」にされてしまう恐れがあります。
    この為、人類のマスカレイドとの戦闘を行う際は、人目に付かないよう、注意を払う必要があります。
    • 「マスカレイドに捕らわれていた人を救出した」などの理由によって、マスカレイドとの戦闘を目撃されてしまう事もありますが、その時の状況や、その人への説得などによって、何らかの協力を得られたり、「見なかった事」にして貰える事もあります。(βシナリオ「真夜中の狂宴」)

その他

  • 人類のマスカレイドの場合、自分に仮面が存在している事を知っている者、仮面を見る能力を持つ者が「エンドブレイカー」である事を認識している者もいます。(βシナリオ「飽食と暴食の仮面」「逃亡の先にある希望」等)
  • 配下マスカレイドは、「棘」を植えつけた者が倒されると消滅します。(βシナリオ「飽食と暴食の仮面」)
  • マスカレイド化した動物類などは、マスカレイドとして倒された後、食用に適したものなら問題なく調理する事が出来る事もあります。(βシナリオ「砕け、クレイジータスク!」「黒き闘牛」「狂った虎を討て」「食料庫に潜む黒き巨体」)
  • オープニングに明示されていなくともマスカレイド共通の能力の一つとして配下マスカレイドを召喚する事もあります。(βシナリオ「赤き炎の翁」)
  • エンドブレイカーと同じ武器を使用していたとしても、使用するアビリティは別のものになる事があります。(βシナリオ「女王様とお呼び!」)
  • アンデッドのマスカレイドの中には「生前の記憶」を有しているものもいます。
    また、会話能力を有するものもいます。(シナリオ「常闇ロマネスク」「墓守の花」)