eb_archives @ wiki NPC


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NPC

このページでは、主に公式NPCを取り扱います。
公式NPCとは、各マスターが独自に登録したNPCではなく、広告展開やシナリオ運用の上で、必用となった際に運営側が作成したNPCです。
他のNPCとは異なり、「担当しているマスターが休止した」等の理由で、担当マスターが変更される事があります。

  • 記載されているジョブは、原則として、そのキャラクターが登録された時点のジョブになります。
    (反映が遅かったなどの理由で、違っている事もあります)
    ジョブチェンジによって、ジョブを変更したNPCも存在しています。
  • 何らかの理由によって「既に死亡しているキャラクター」は、背景色を変更してあります。

NPC(登録済み)

氏名 ID ジョブ 性別 担当MS 備考
ジェット・パワード cn0001 ヴァルキリー
×スカイランナー
炭酸水 ヴァルキリーサンプルキャラクター&闘技場担当
&武器アビリティイラスト担当
プリシラ・メリッシュ cn0002 スカード
×狩猟者
扇谷きいち スカードサンプルキャラクター&修練場担当
&ジョブアビリティイラスト担当
ダリア・ホーガン cn0003 イノセント
×魔法剣士
水沫ゆらぎ
→BOSS
イノセントサンプルキャラクター&旅団担当
アミナ・ユフィン cn0004 オラクル
×星霊術士
犬彦 オラクルサンプルキャラクター&アトリエ担当
バロウズ・ウィンゲルター cn0005 トライブ
×魔獣戦士
虎鉄 トライブサンプルキャラクター&ギガンティア担当
リー・ジェンロン cn0006 トライブ
×郡竜士
- 旅人の酒場担当
ミラ・エリアル cn0007 オラクル
×魔曲使い
-
フローラ・スタンフォード cn0008 ガーディアン
×城塞騎士
- ガーディアンサンプルキャラクター
グントラム・マイヤー cn0009 トライブ
×城塞騎士
yawa 城塞騎士サンプルキャラクター
ジェシカ・ボンディーノ cn0010 イノセント
×スカイランナー
零風堂 スカイランナーサンプルキャラクター
旅人の酒場の「詳しい利用方法」担当
ナターリア・ヴィノフ cn0011 イノセント
×狩猟者
沙良ハルト 狩猟者サンプルキャラクター
旅団の「詳しい利用方法」担当
コルル・クラリネット cn0012 スカード
×星霊術士
陽雪 星霊術士サンプルキャラクター
アトリエの「詳しい利用方法」担当
グラド・ベスティア cn0013 ヴァルキリー
×魔獣戦士
愛染りんご 魔獣戦士サンプルキャラクター
シナリオ「恋の道化」にて登場
アイラ・シュルーク cn0014 トライブ
×群竜士
緋影あきら 群竜士サンプルキャラクター
闘技場の「詳しい利用方法」担当
レイジ・アルベール cn0015 オラクル
×魔法剣士
Raven 魔法剣士サンプルキャラクター
ギガンティアの「詳しい利用方法」担当
シナリオ「ある女の肖像画」にて登場
プリマ・フォールシングス cn0016 イノセント
×デモニスタ
桐谷なつみ デモニスタサンプルキャラクター
ヴィーナ・サラスワティ cn0017 ヴァルキリー
×魔曲使い
のずみりん 魔曲使いサンプルキャラクター
ダニエル・ハーヴェイ cn0078 スカード
×自由農夫
相景狭間 自由農夫サンプルキャラクター
アクスヘイムで編成されたジャグランツ討伐隊の生存者の一人。
ギルバニアの攻撃によって部隊が壊滅した際にエンドブレイカーとして覚醒した。
フルート・アロマー cn0099 エルフ
×城塞騎士
葦原いつき 旧都市警備隊所属の元ハイエルフで、現都市警備隊の実質的な代表者。
エルフヘイムに訪れる終焉を打ち砕く「予言の戦士」を求めて旅をしていた所、「盗賊王ゴエティア」の「悪徳の街」に囚われ、エンドブレイカーによって救出。
その後、「アクスヘイムの戦い」を通じてエンドブレイカーが「予言の戦士」である事を確信し、エルフヘイムへの案内を務めた経緯を持つ。
「エルフヘイムの戦い」の後、エンドブレイカーとして覚醒した。
ウェンディ・ラスフィール cn0100 エルフ
×妖精騎士
コブシ エルフサンプルキャラクター
「妖精騎士伯ウェンディ」の名で伝えられる、かつて「密告者」を封じる為に「戒律」の秘術を発見した伝説の妖精騎士。
「密告者」を真に滅ぼす事ができる「終焉を終焉させる者」の到来を待つ為に「妖精騎士の寝所」で眠りに就いていたが、「スフィクス家の長老」によって拒絶体マスカレイド化させられ、エンドブレイカー達と交戦する事となった。
「エルフヘイムの戦い」で倒された後、わずか3日でエルフで最初のエンドブレイカーとして覚醒した。
ドロシー・バークレイ cn0101 エルフ
×妖精騎士
青葉桂都 妖精騎士サンプルキャラクター
「スフィクス家の長老」によって拒絶体マスカレイドとされていた妖精騎士の一人。
スフィクス家の手勢として、「ドンチャッカ」不在の「エルフヘイム騎士団」の掌握(カシアスの乱)や、「レジスタンス」からの「ハーフエルフ」の強奪作戦などの指揮を行わされていたが、「エルフヘイムの戦い」で倒された後、エンドブレイカーとして覚醒した。
リコッタ・アルディーニ cn0109 エルフ
×魔法剣士
エルフヘイムのレジスタンスに所属していた元ダークエルフで、「 クライブ 」のパートナー。
クライブの活動に協力する形でレジスタンス活動を行っていたものの、後に、クライブが自ら望んでマスカレイドとなった事を知り、彼の後を追って自らもマスカレイド(拒絶体)化。
エルフヘイムの戦い 」で倒された後、エンドブレイカーとして覚醒する事になった。
アクエリオの情報を得た後は、他のエンドブレイカー同様、アクエリオへと向かう事を決意。
以降、情報屋としての活動を行っている。
ヨーゼフ・ヴェンツェル cn0119 ヴァルキリー
×魔想紋章士
碧雪菜 魔想紋章士サンプルキャラクター
メイベル・ラーナ cn0129 スカード
棍の群竜士
アクエリオの「 ゴンドラ組合 」に所属するゴンドラ乗りの一人。
当初はエンドブレイカーとしての能力は所有していなかったものの、
エンドブレイカー達の戦い振りなどから信頼を寄せ、ゴンドラ組合からの依頼の運搬役を担当する事が多かった。
その後、エンドブレイカー達との関連性を疑われ、『教主』ウルカンダールによって誘拐。
その際の尋問時に受けた傷が元となり、アクエリオの戦いのその日に、エンドブレイカーとしての力に目覚めた。
ガーネット・アクアパーツ cn0130 オラクル
魔道書の錬金術士
哀歌 錬金術士サンプルキャラクター
聖域へと向かった『教主』の動向を切欠に、オラクルとして目覚め始めた錬金術士の女性。
「アクエリオの戦い」の後、完全な形でエンドブレイカーとしての力に目覚めた。
ジャッジメント・アンダーソン cn0137 イノセント
トンファーの懲罰騎士
懲罰騎士サンプルキャラクター
「ドラゴン」の通り名を持つ、紫煙郡搭ラッドシティにおける警察組織の内部監査機関「懲罰騎士団」の団長。
自ら封印していた懲罰騎士の力を取り戻した際、エンドブレイカーとして覚醒した。
なお、懲罰騎士に戻る前は群竜士に就いており、エンドブレイカーに覚醒する前から、新たな犯罪化課長として就任したドンチャッカを「信に足る本物の男」と評し、犯罪課のメンバーとなったエンドブレイカーに対しても、歓迎の意を表していた。

NPC(未登録)

氏名 役職など 性別 備考
ティート・メルキ ガーディアン
×天誓騎士
天誓騎士サンプルキャラクター
小説版エンドブレイカー!「真の”終焉”へ導く者」の登場人物の一人。
ランスブルグ出身。

アクスヘイム編

氏名 役職など 性別 備考
白婦人 ギルバニアの母体
(上級マスカレイド)
ジャグランツマスカレイドを束ねる「 ジャグランツ王ギルバニア 」の母体で、人間の上半身と、ギルバニアを宿した異状に肥大化した下半身を持つ異形の女性型マスカレイド。
通常とは異なる形状の仮面 」を持つ上位のマスカレイドであり、手に持った「」から放つ光線で、領主連合の「 ジャグランツ討伐隊 」を壊滅に追い込んだ。

2010/06/17の全体依頼「 ギルバニアを討て 」において討伐され、死亡。
また、異形の下半身から産まれたギルバニアも、同じ全体依頼群の中で討伐された。
ガノッサス・アックス アクスヘイムの領主
(上級マスカレイド)
アクスヘイムを建国したとされる大英雄「 ガンダッダ・アックス 」を祖に持つ、名門アックス家の領主。
白婦人と同じ形状の仮面を持つ上位のマスカレイドであり、マスカレイド化した巡察役人の派遣や、騎士アンデッドの復活事件などにも関与していた。
2010/08/01のリアルタイムイベント「アクスヘイムの戦い」において討伐され、死亡。
盗賊王ゴエティア 悪徳の街の王
(上級マスカレイド)
アクスヘイムの放棄領域に存在する盗賊の集う街「 悪徳の街 」に君臨する上位のマスカレイド。
2010/07/16の時限トップの際に初めて登場した。
2010/08/01のリアルタイムイベント「 アクスヘイムの戦い 」において討伐され、死亡。

エルフヘイム編

氏名 役職など 性別 備考
クライブ レジスタンスのリーダー レジスタンスのまとめ役を行っていた眼鏡をかけた元ハイエルフの男性。初登場はシリーズシナリオ「【エルフヘイムとレジスタンス】遭遇と選択」、イラストの初出は2010/09/30の全体依頼。
森の主をマスカレイド化させた張本人であり、「 スフィクス家 」に対抗する為、自ら望んでマスカレイド(但し、実際は拒絶体)となったという経緯を持つ。
エルフヘイムの戦い 」で倒された後、エンドブレイカーとして覚醒する事になった。
アクエリオの情報を得た後もエルフヘイムへの残留を望み、エルフヘイムの再建に携わる事を決意しています。
氏名 役職など 性別 備考
スフィクス家の長老 上級マスカレイド 2011/01/25の時限トップに登場。
エルフヘイム最大のマスカレイド勢力「 スフィクス家 」を影から操る存在であり、エルフヘイムで最初にマスカレイドとなった人物。
自らが「 密告者 」となる事を望み、遥か昔から「 戒律 」を悪用し、エルフヘイムの棘を増加させ続けていた。
また、自らの領土内にある「 妖精騎士の寝所 」も掌握しており、妖精騎士やカシアス老のマスカレイド化なども行っていた。
エルフヘイムの戦い 」において死亡。
予言者 森の主 鹿のような外見とヒヒのような顔、そして絶えず光を発する神秘的な雰囲気の獣。
テレパシーによる会話能力を持ち、エルフ達から予言者として扱われている。
エルフヘイムの大樹の「 災い (棘)」に蝕まれており、一日のわずかな時間を除いてマスカレイド化している。
後にエンドブレイカーによって倒され死亡したが、彼の死によって、また新たな森の主が生まれるという遺言を残した。
ヴィオラ 沼地の魔女(上級マスカレイド) 妖精騎士団 」にも対抗し得るだけの戦力を有する為、沼地からアンデッドマスカレイドを呼び出していた金髪のハーフエルフの女性。
接触当初は仮面を隠した状態でエンドブレイカー達に接し、自身の目的を隠そうとしていたものの、後に、アンデッドマスカレイドを倒す為に集まった千人を超えるエンドブレイカー達を前に、マスカレイドとしての本性を表し、交戦の後に倒された。
後にアンデッドとして再生させられ、「 エルフヘイムの戦い 」において再び倒される事に。
イラストの初出は2010/10/27のシリーズ依頼。
チャイム 沼地の魔女
(上級マスカレイド)
先代魔女「 ヴィオラ 」の元から姿を消していた、使用人のマスカレイドによって生み出された新たな沼地の魔女。
先代のヴィオラとは異なる形状の仮面を持ち、アンデッドの支配能力に劣る替わり、イマージュを生み出す能力に長ける。
武器は剣(データ上は太刀)を使用。
エルフヘイムの戦い 」において倒され、死亡した。
アルゴラ ラビシャンの女王
(上級マスカレイド)
ラビシャン王国に君臨していた女王。
ラビシャン王宮攻略戦 」において倒され、死亡した。
滾る槌ベリオルズ 意思を持つハンマー
(マスカレイド)
ラビシャン女王・アルゴラが手にしていた意思を持つハンマー。
ラビシャン王国に対して「」を与え、ラビシャン王国の地下に封じられていた「 喋る大剣 」から力の全てを奪ったとされる。
所有者のアルゴラ同様、「 ラビシャン王宮攻略戦 」において倒され、消滅した。
なお、巨獣と合体する能力を持っていたようだが、能力を使用する前に倒された為、詳細は不明。
インセクテアの「将軍」 インセクテア
(マスカレイド)
エルフヘイムの上層に住んでいたバルバ「 インセクテア 」を率いていた存在。
あの方 」と呼ぶ存在から、何らかの指示を受けていた模様で、「 エンドブレイカーに発見された場合は作戦中止 」という命令を忠実に実行し、エルフヘイムから逃亡した。
二代目将軍 インセクテア
(マスカレイド)
エルフヘイムの戦い 」の後に確認されたインセクテアを統率する新たな将軍。
カーニバル 」への合流を目的として、エルフヘイムの全インセクテアに対して「 大飛煌 」の命令を発したが、それを察知したエンドブレイカーによって討たれた。
なお、戦いの最中に自身の目的地が「 水神祭都アクエリオ 」である事を明かし、エンドブレイカー達に次なる都市の情報をもたらす事となった。
密告者 超古代の邪悪 戒律 」によって封印されていた、エルフヘイムの棘の元凶となるマスカレイドを超えた存在。
巨大な「 唇の中の瞳 (囁く瞳)」という外見をしており、「安全な場所から人々の不和と疑心と無気力を啜る」事を好む性質を持つ。
また、かつて行われた「 大魔女 」との戦いの際にも、大魔女の背に隠れて、卑劣な術策を企てていたと伝えられている。
2011/03/06のリアルタイムイベント「 エルフヘイムの戦い 」において復活するも、討伐され、死亡した。

アクエリオ編

氏名 役職など 性別 備考
アクエリオの星・ミューレット ゴンドラ乗り
一般人
「ゴンドラに愛されし」と言う称号を有する、昨年度の水神祭のゴンドラレースの優勝者。
今年度の「ラヴァーズ・クライマックス」の審査員の一人として登場。
優勝を争った「『黒鳥』コゼット」から、強い恨みを抱かれていた。
水神アクエリオ
画像
大星霊 かつて『魔王』ゼルデギロスとの戦いの際に召還された大星霊。
魔王との戦いの中と、その封印を維持する為に力を失い、現在は「星霊ディオス」と変わらない姿となっている。
『教主』ウルカンダールの秘術によって拒絶体マスカレイドと化し、教主亡き後の教団を率いる存在となったが、「アクエリオの戦い」において倒され、元に戻った。
氏名 役職など 性別 備考
『怪盗』ファルケイン
画像(左側)
上級マスカレイド アクエリオで頻発している「 宝石ばかりを狙う怪盗 」達の元締め。
棘の結実によって出現する「 万能宝石エリクシル 」を求め、暗躍を続けていた。
「魔王の部位」は「1箇所(左翼)」所有。後に『黒鳥』コゼットから1部位を得ていた模様。
また、魔王の部位の魔力を用いて、他者をも瞬間移動させる遺失魔術≪テレポーテーション≫を使用可能。
拠点は「空間の裂け目」の先にある倉庫に所有しており、ここから、アクエリオの各地へと配下の怪盗達を送り出している。
「宝石にしか興味が無い」と発言しており、他の上級マスカレイドや、エンドブレイカーに対しても協力する姿勢を見せており、「『夢姫』レム」の協力を得る事に成功していた。(エンドブレイカーに対しては交渉不可能と判断)
『黒鳥』『獣王』亡き後、彼等の残存勢力を手勢として確保しており、「アクエリオの戦い」に投入するも、エンドブレイカーによって討たれ、ファルケイン自身も倒される事となった。
『夢姫』レム
画像1(右側)
画像2
4部位
上級マスカレイド 謎のマスカレイド組織「カーニバル」から派遣された「うさぎのイマージュマスカレイド」によって導かれ、多数のイマージュを従え、夢に干渉する力を持つと思われる上級マスカレイド。
「魔王の部位」は「1箇所(右頭部)」所有。後に「4部位(右頭部、左翼、右翼、右半身)」まで部位を顕現させた。
「ソーニョ」と呼ばれる村で、エンドブレイカー達と初めて遭遇。
『怪盗』ファルケインに対して手勢のイマージュを貸すなど、ファルケインとは協力関係にあった。
「アクエリオの戦い」おいてエンドブレイカーと交戦し、死亡。
『教主』ウルカンダール
画像
死後
上級マスカレイド シリーズシナリオ「【メイベル奪還隊】」において確認された「魔王ゼルデギロス」を信奉する宗教集団の教主と呼ばれる存在。
エンドブレイカー達を手引きする者として、メイベル誘拐を指示。
拠点となっている遺跡において、多数のピュアリィマスカレイドを生み出している。
「魔王の部位」は「1箇所(部位不明)」所有し、自らの杖にあしらっている。
後にマスカレイド化させたシーホースを用いてアクエリオの「聖域」に侵入。
自らの「死」を引き換えにする秘術によって、水神アクエリオをマスカレイド化。
自身もアンデッドと化し、死後も魔王の苗床となるべく存在を続けていたが、「アクエリオの戦い」において破壊された。
『黒鳥』コゼット
画像
ゴンドラ乗り
上級マスカレイド
ゴンドラの木の独占や、黒いゴンドラ乗りによる事件を引き起こしていた「黒きゴンドラ団」の女首領。
「魔王の部位」は「2箇所(右翼、左頭部)」所有。後に『怪盗』ファルケインに1部位を奪われ、「1部位」となっていた。
「アントマン塚の戦い」で初めてエンドブレイカーと交戦し、敗北。
その際、乱入してきた『怪盗』ファルケインの遺失魔術≪テレポーテーション≫によって難を逃れる。
その後、新たな拠点とした歴代のアクエリオの星が眠る霊廟での戦い(『黒鳥』コゼットの挑戦)において、エンドブレイカー達と再戦し、その戦いの中で倒された。
部下からは「お嬢様」と呼ばれ、人望は薄かったものの、一部の部下からは熱狂的な支持を取り付けている一面も。
昨年度の水神祭のゴンドラレースにおいては「最速の女王」の称号と共に参戦するも、「ミューレット」と呼ばれる女性に対して敗北。
彼女と水神祭に対して、強い復讐心を抱いていた。
『獣王』バンガイア
画像
4部位
ライオンの頭部を持つシーバルバ
上級マスカレイド
シリーズシナリオ「【深海の幽霊船】」並びに、その派生シリーズ「【幽霊船深海へ!】」において確認された、「深海の大渦」の向こうに広がるシーバルバの領土を支配する強大なマスカレイド。
地上への侵攻を画策しており、その為に、生き証人となる「地上の人間」を求めていた。
自ら、魔王より賜ったと言う力の断片「魔王の部位」の内、「4箇所(「右頭部」「右半身」「左頭部」「左半身」)」を持つ。
また、自らの棘(ソーン)を、直接、相手に送り込む事で、エンドブレイカーですらマスカレイドとする能力を所有している。
地上侵攻の前に行われたエンドブレイカー達による「深海電撃戦」において交戦し、討ち取られた。
『鉄神』ギガメタル
画像
6部位
ゴーレム
上級マスカレイド
『魔王』ゼルデギロスの肉体の一部を受け継ぐ上級マスカレイド。
アクエリオの地下遺跡において確認されていた「扉に擬態するゴーレム」の他、かつての魔王軍を構成していた数々のゴーレムを率いる。
「魔王の部位」は「3箇所(左頭部、左翼、左半身)」を所有しているものの、
自らの部位を増やすのではなく、「魔王の心臓」を用いた魔王復活を画策し、「魔王の心臓」を奪還する事に成功した場合、全ての部位を揃えて魔王を復活させるエンディングが確認されていた。
しかし、「魔王の心臓」はエンドブレイカーによって奪取され、彼自身も「アクエリオの戦い」で倒された。

ラッドシティ編

氏名 役職など 性別 備考
ドンチャッカ ルーツ無し→エルフ
×城塞騎士(大剣)
エルフヘイム騎士団総帥
【エルフヘイム編】
エルフヘイムで多くの戦士から尊敬を集めている戦士。
エルフヘイム騎士団が拡大した際、それまでの団長と交代する形で総帥として任命された。
「カシアス老」との一件や、「予言者」との戦いなどを通じてエンドブレイカーを全面的に信頼し、「戒律」そのものに対しても柔軟な思考へと変化。
エルフヘイムの戦い 」では騎士団を率いて住民の救助活動に当たり、戦いの後、自らもエンドブレイカーとして覚醒した。
その後、騎士団の解体を機に、数十名の仲間と共にアクエリオではない所へと旅立った。
なお、エンドブレイカー達に「 スーパーキャンセル 」と「 デスマーチ 」の技法を伝えた人物でもある。
イラストの初出は2010/10/08の時限トップ。
ラッドシティ犯罪課課長 【ラッドシティ編】
旅の中で「棘(ソーン)」の気配を察知したドンチャッカ一行は、「 紫煙群塔ラッドシティ 」へと到達。
紆余曲折の後、犯罪課の捜査官「レミィ」などの協力も得て、当代の犯罪課課長の悪事を暴く事に成功。
この功績を認められ、犯罪課の課長として就任した。
レミィ・レミントン
全身図
ルーツ無し→オラクル?
×城塞騎士(紫煙銃)
ラッドシティ犯罪課捜査官
マスカレイド化していた前の課長の悪事を暴くべく、捜査を行っていたドンチャッカの2代前に当たるラッドシティ犯罪課の課長の娘。
捜査の途中で偶然遭遇したエンドブレイカーによって、マスカレイドによって殺害されるエンディングを見られ、その事からエンドブレイカー達と行動を共にする事となった。
現在はドンチャッカ課長の下、犯罪課のメンバーとしての活動を行っている。
ラッドシティでの戦いの後、「光」を見たと話しているが…
ハンクス長老
外見
長老衆 ヘレノス監獄に収監されている、旧体制の「長老衆」の一人。
飼っている猫(画像下部)の名前は「ライムちゃん」。
長老衆の例に漏れず、エンドブレイカー達を「仕えるべき対象」として認識しており、その悪人面と呼ばれる外見とは裏腹に、態度や物腰は非常に好意的。
クロノスメイズの際は、エンドブレイカー達を案内する為に、ヘレノス監獄から脱走して見せたりする行動的な一面も。
世界の瞳を願いし者
参考
女? クロノスメイズの際にのみ開かれる「世界の瞳」の最奥部で、エンドブレイカー達を待ち続けていたと語る女性と思われる存在。
凛と透き通る声を持ち、エンドブレイカーの為に、世界全体のエンディングを見渡す事ができる「世界の瞳」を願ったとされる。
なお、エンドブレイカー達の前に姿を現した際はハンクス長老の肉体に憑依する形で現れた為、その姿を見る事は適わなかった。
鮫剣の豪商・リリアナ
画像
ラッドシティの豪商
アックスソードの魔獣戦士
非エンドブレイカー。
エンドブレイカー達によって活気を帯びていたロックリムラウンダーに姿を現していた、辺境一の実力を持つとされる凄腕の豪商。
ラッドシティの豪商連合の中でもかなりの力を持ち、他の商人達から「姉御」と呼ばれる事も。
「猫鞭の豪商・ガッポ」の要請に応じ、後任の「犬ナイフの商人・ペッポ」をロックリムラウンダーに残し、ラッドシティへと帰還した。
嗤う剣ダイアモードの事は「ジュウゾウの真打」と呼び、何らかの知識を所有している模様。
※より大きな画像はギガンティア「【ロックリムラウンダー】テイルズオブリリアナ」のモンスターカードで閲覧が可能です。
猫鞭の豪商・ガッポ
参考
ラッドシティの豪商
→マスカレイド
非エンドブレイカー。
ラッドシティ収穫祭の「グルメキングバトル」の審査員を担当していた豪商の一人。
「鮫剣の豪商・リリアナ」を連れ戻すべく、エンドブレイカー達に彼女の捜索を依頼した。
ラッドシティ住民の暮らしを良くするべく奔走していたものの、道に悩み、『歌人卿』サネトモの手によって拒絶体マスカレイド化された。
ラッドシティの戦いでは、サネトモ軍の一員として参戦。
エンドブレイカー達との戦闘には勝利したものの、革命聖女ゼファーの「革命」の効果により、殺害された。
犬ナイフの商人・ペッポ
画像
ラッドシティの商人 非エンドブレイカー。
ラッドシティに帰還した「鮫剣の豪商・リリアナ」に代わり、ロックリムラウンダーに配属された気弱な青年。
リリアナの役目を継ぎ、エンドブレイカー達との取引に応じる。
※より大きな画像はギガンティア「【ロックリムラウンダー】テイルズオブリリアナ」のモンスターカードで閲覧が可能です。
革命聖女・ゼファー
画像
仮面
革命評議会の一員
→上級マスカレイド
非エンドブレイカー。
「人間離れした」と評される戦闘力と味覚を持つ、ラッドシティ革命の立役者であり「疾風のゼファー」と呼ばれた「生ける伝説」。
革命評議会の中心人物ではあるものの、特権などは所持していない。
また、貧困層への配慮などから、服装なども非常に簡素なものを着用している。
「紫の兄弟」の前身を作った人物でもあるが、現在のマスカレイド組織としての「紫の兄弟」との関連性は無い模様。
得意料理は「生じゃがいも(皮を剥いただけ)」。ラッドシティ収穫祭の「グルメキングバトル」の審査員も担当していた。
後に、一向に進まない「革命」に対して焦りを感じ、秘匿していた嗤う剣ダイアモードを手に、ラッドシティの伝承にある万能宝石エリクシルを求めて、「始まりの遺跡」と呼ばれる場所に向かう。
エリクシルを入手する為、自ら望んでダイアモードと融合して棘の発芽を誘発。
ラッドシティの戦いの引き金を引くも、その戦いの中でエンドブレイカーに破れて死亡した。
嗤う剣ダイアモード 意思を持つ剣
マスカレイド
【アクスヘイム編】
盗賊王ゴエティアが手にしていた意思を持つ剣。
ガノッサスや、一部のジャグランツマスカレイドには存在を知られていた模様。
2010/08/01のリアルタイムイベント「 アクスヘイムの戦い 」において所有者となっていたゴエティアが倒された際、初めてエンドブレイカーに対して自らの存在を明らかにし、何処かへと逃走した。
なお、同じ戦場に存在していた巨獣類「 大剣獣ゾダン 」と合体する事が可能だった模様。(既にゾダンが死亡していた為、この能力は使用されませんでした)
【ラッドシティ編】
アクスヘイムからの逃走後、鮫剣の豪商・リリアナによって一度破壊されるも、非エンドブレイカーの彼女に破壊された事により復活。
その後、ラッドシティの貧民街で革命聖女ゼファーに拾われ、後に万能宝石エリクシルを求める彼女を唆し、ゼファーと一体化。
ラッドシティの戦いに至るまでゼファーの武器として扱われ、主であるゼファーの死と共に消滅した。
ジェスター
画像
上級マスカレイド 「カーニバル」関係者と思われる上級マスカレイド。
その名前の如く「道化師」然とした外見と振る舞いを好み、面白いからという理由で様々な事件を起こしたり、エンドブレイカー達に「次に起こす事件を知らせる」など、傍若無人な行動を繰り返す。
戦闘に関する実力も非常に高く、数名のエンドブレイカーの攻撃程度では、有効な打撃を与える事ができなかった。
ラッドシティの戦いにおいても、カーニバルの戦力を率いて参戦。
エンドブレイカー達を破り、いずこかへと逃走を果たした。
『犯罪計画屋』モスキート
全身図
仮面
弓の狩猟者
上級マスカレイド
貧困街を根城とし、食い詰めた者達に犯罪を斡旋する仕事「犯罪計画屋」を営む人物。
犯罪を通じて棘を増幅し、貧民街の子供達などのマスカレイド化を企んでいた。
アクエリオの『怪盗』ファルケインの残党を自らの勢力として取り込んでおり、懲罰騎士団に存在が露見した後は、彼等を利用してエンドブレイカー達と懲罰騎士団の対立を画策していた。
ラッドシティの戦いでは、ジェスターの配下のカーニバルの一員である事が判明。
エンドブレイカー達との交戦によって、死亡した。
ダルクレイジー
画像
上級マスカレイド
ゴーレム
ジェスター配下の上級マスカレイド。
人間を材料に偽造ダルク貨幣を作り出す黄金マスカレイドを生み出す力を持つ。
また、時間はかかるものの、エンドブレイカーをもこの黄金マスカレイドに変える事も可能。
ラッドシティの戦いでも、カーニバル軍の一員として参戦し、エンドブレイカー達との交戦の後、消滅した。
『歌人卿』サネトモ
画像
上級マスカレイド ヘレノス監獄に潜む3つのマスカレイド勢力の首領の一人。
遺跡を所有する貴族の一部に対する影響力を持ち、マスカレイドによる「遺跡での事故」を起こすよう、指示を出していた。
なお、望めば何時でもヘレノス監獄から出る事が可能とされる。
ラッドシティの戦いでは、自らの手勢を率いて参戦するも、エンドブレイカー達との交戦によって、死亡した。
『黒き聖女』
『蛇喰らい』シェラハ
画像
仮面
ロックギターの上級マスカレイド 胸元の大きく開いた黒のボディスーツを身に纏い、真紅のロックギターで奏でる歌によって、下層階級の労働者達の間で熱狂的な支持を得つつある新たな聖女。
その正体は脱獄を果たしていたヘレノス監獄の三大マスカレイドの一人であり、「紫の兄弟」を支配下に置き、各地で新たな革命を起こす為の義勇兵(自らの手勢)を集めていた。
ラッドシティの戦いでは、自らの手勢を率いて参戦。
エンドブレイカー達との交戦によって死亡した。
『鋼熊』ゴルバック 上級マスカレイド ヘレノス監獄に潜む三大マスカレイドの一角で、ならず者達を配下に持つ人物。
一部の貴族領主によって出獄させられた後、貴族領主の一人「シメオン」の襲撃に関与した。
ラッドシティの戦いでは『歌人卿』サネトモ軍の一員として登場した後、海賊達を率いる「大海賊」としての正体を表す。
海賊軍を指揮して戦闘を継続するも、エンドブレイカー達との戦闘に破れて「自爆」した。

海賊編

氏名 役職など 性別 備考
『魔神の斧』団長・イングレッサ
画像
上級マスカレイド 巨獣を中心に編成された海賊団「魔神の斧」の首領。
ニニギア沖海戦でエンドブレイカー達と交戦し、死亡した。
海賊首領・ガルヴァルド
画像
上級マスカレイド 全ての海賊を統率するとされる存在。
「ジュウゾウの真打ち」を3つ同時に操る力量を持つとされていたが、その正体は「軋る剣ガルヴァルド」「妬む杖ビュレファスト」「踊る盾槍ザングルム」を名乗る3体の「ジュウゾウの真打ち」そのものだった。
ニニギア沖海戦でエンドブレイカー達と交戦して敗北するも、マギラントへと向かうように言葉を残し、それぞれ別方向へと逃走した。
海将・グレーヌ
画像
上級マスカレイド 「海の魔王」の封印を守るとされる一族の末裔で、遺跡島で遭遇した「バルバの女王」の妹。
エンドブレイカー達とは「ニニギア沖海戦」で初めて遭遇し、その際の交戦により死亡した。
黒刃使い・ガブラス
画像
上級マスカレイド 『1億越え賞金首』として名高い人物。
海賊とは別の目的を持ち、アクスヘイムの「嘆きの壁」や「ディスカスハイブ」など、ギガンティアに関わる活動も確認されている。
「準備万端」をモットーとしており、予想外の事態が発生するとそのまま撤退したり、何もしないなどの一面も見せる。
事実「ニニギア島沖海戦」では姿を見せていたものの、結局参戦する事は無かった。
邇邇藝天地我尊
(ニニギアメツチノミコト)
画像
海の魔王 「海の魔王」と呼ばれ、ニニギア島に封印されていた存在。
「ニニギア島沖海戦」の最中に復活の兆候を見せたものの、「海上封印」である「勇士号」の影響を受け、再封印された。

マギラント編

氏名 役職など 性別 備考
崩落の・マリアンヌ
画像
冒険者 非エンドブレイカー。
トラブルメーカーとして高名な冒険者。
その能力を買われてか、「ニニギア沖海戦」では、「黒刃使い・ガブラス」の策の一つとして拉致されていた。
ニニギア沖海戦後、不要になった所を解放され、海上を漂流していた所を勇士号によって救助され、その後、マギラントに至るまで同行していた。
なお、それ以前にも、ラッドシティで一度、エンドブレイカー達とは遭遇している。
黒の塔の塔主
画像1
画像2
マギラント領主 マスターメイガスを受け継ぎ、「黒の塔」の派閥を率いる三塔戒律マギラントの領主の一人。
緑の塔の塔主
画像1
画像2
マギラント領主 マスターメイガスを受け継ぎ、「緑の塔」の派閥を率いる三塔戒律マギラントの領主の一人。
銀の塔の塔主
画像1
画像2
マギラント領主 マスターメイガスを受け継ぎ、「銀の塔」の派閥を率いる三塔戒律マギラントの領主の一人。

アマツカグラ編

氏名 役職など 性別 備考
ナミネ
画像
神楽巫女 神楽巫女サンプルキャラクター
非エンドブレイカーと推測される、アマツカグラ避難民を率いていた神楽巫女の一人。
エンドブレイカー達に同行し、再び、アマツカグラへと向かっている。

その他

氏名 役職など 性別 備考
エリクシルの妖精 エリクシルの妖精 棘が発芽した際に生じる「 万能宝石エリクシル 」より現れる存在。
自らを「 大魔女の髪より出でし影 」「エリクシルの所有者を決める存在」と呼び、自らを殺した者に、エリクシルへの道を開く役割を持つ。
これまでの「アクスヘイムの戦い」「アクエリオの戦い」「ラッドシティの戦い」において、3度、エンドブレイカー達の前に姿を現しており、その全てにおいて倒されている。