eb_archives @ wiki 過去作との違い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

過去作との違い

ここでは「TW3 エンドブレイカー!」と、「TW1 無限のファンタジア」「TW2 シルバーレイン」との違いについてを取り扱っています。
主に過去作をプレイした事がある方向けの内容となりますので、ご了承ください。

ウェブページに関する変更


  • 図書館(図書室)の廃止
世界観の変化からか、従来の図書館、図書室に相当するページが無くなりました。
ゲームの解説は「街角」に、キャラクター検索は「キャラクター作成」の「1ページ目」に移動しています。

キャラクターに関する変更


  • CPの廃止
「インフィニットアビリティ」によって使用回数が無くなったの影響か、ステータスからCPの概念も無くなりました。

  • 幸運度、裕福度の廃止
幸運度、裕福度は「日常度」に統合されました。
ジョブチェンジなどの幸運度を消費するコンテンツは、日常度を消費して行うようになっています。

  • スタイルなどの変更が可能に
日常度を消費しますが、これまでは変更できなかったスタイルや身長なども変更する事が可能になりました。

依頼に関する変更


  • 霊査士、運命予報士に相当するジョブの廃止
エンドブレイカーの共通能力として「エンディングを見る能力」がある為、これまで存在してた情報収集を専門に行うジョブが廃止されました。
旅人の酒場では、それぞれのNPCが「情報屋」として、依頼のオープニングを担当する事になっています。

  • プレイングの文字数と役割の変更
プレイングの文字数が、従来の「600文字」から「400文字」に減少。
代わりに、作戦の成否には影響しないものの、自由にキャラクターを演出できる「200文字」の「パフォーマンス」が追加されました。

  • サポートシステムの変更
従来の「サポートを呼んだ参加者」に対するサポートから、「そのシナリオに同行するNPC」に対するサポートに変更されました。
同行するNPCがいない場合、サポートを呼ぶ事はできません。

戦闘に関する変更


  • 戦闘システムの変更
これまでのd20を使用した判定ルールから、シルバーレインなどで製作された「バトルカード」に近い2d6を使用した戦闘システムに変わりました。

  • 通常攻撃の廃止
通常攻撃が無くなり、全ての行動はアビリティを使用して行うように変更されました。

  • 攻撃が原則として必中に
命中判定が無くなり、攻撃が原則として必中するようになりました。
従来のガードやミスなどの要素は、「クラッシュ」という形に変更されています。

  • バッドステータスの自然治癒の廃止
これまで行われていた「行動開始時のバッドステータスからの回復判定」が廃止されました。
バッドステータスから回復するには、特定のアビリティが持つ「キュア」の効果が必要となります。

  • 騎乗戦闘などのルールの追加
これまでは一切行えなかった騎乗戦闘などのルールが追加されました。