eb_archives @ wiki ラッドシティの出来事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


紫煙群塔ラッドシティの出来事

紫煙群塔ラッドシティに関連して起こった出来事を時系列に纏めたページです。

日時 出来事
2011/04/01 【ドンチャッカ隊】
「ロックリムラウンダー」を後にし、アクエリオとは別方面へと向かう。
2011/07/18 【ドンチャッカ隊】
棘の気配を察知し、洞窟風の古代遺跡を発見。
内部で「謎の武器」を入手し、古代遺跡の奥にある「謎の都市国家」を発見。
2011/08/01 【ドンチャッカ隊】
謎の都市国家の放棄領域にて、住民からの襲撃を受けるも撃退。
その後、和解し、ここが「 紫煙群塔ラッドシティ 」である事を聞く。
また、先の遺跡で入手した武器が「紫煙銃」と呼ばれるものである事が判明。
2011/08/15 【ドンチャッカ隊】 【犯罪課】
ラッドシティ内部での情報収集を行い、「犯罪課」の悪行の現場に遭遇。
襲われていた前犯罪課の課長の娘である「レミィ・レミントン」を救出。
2011/08/28 【ドンチャッカ隊】 【犯罪課】
現犯罪課の課長を免職とする為、犯罪課の監査役であるレミィの叔父「マーカス」を救出。
2011/09/12 【ドンチャッカ隊】 【犯罪課】
マーカスの妻子を救出する為、難攻不落とされる「ヘレノス監獄」に潜入。
妻子の救出に成功し、ラッドシティが、エンドブレイカーの為に作られた遺跡「 世界の瞳 」と呼ばれるものである事が判明。
2011/09/20 【ドンチャッカ隊】 【犯罪課】
マーカスの告発により、現犯罪課の課長が懲罰騎士団によって免職されるも、マスカレイドとしての本性を現し交戦。
これを撃破し、犯罪課の制圧に成功。
その後、この件の功績を認められ、ドンチャッカが「犯罪課の課長」として迎えられる事に。
2011/09/24 【ドンチャッカ隊】
ドンチャッカ隊の一部のメンバーが、「アクエリオの戦い」の救援に現れる。

ラッドシティの組織・勢力

ラッドシティ内で確認されている組織や勢力は次の通りです。

革命評議会(新政府)

  • 代表者: 不明

1年程前に革命によって発足した現在の政府です。
都市の上層階級と大商人の協力を取り付け、悪政を敷こうとしていますが、
「税を安くする」「遺跡技術への規制を止めて生活を良くする」「あくどい金貸しや横暴な役人などを問答無用で下層に追放する」
などの「表向きの善政」によって、住民達の支持を取り付けています。

旧政府

  • 代表者: 不明

貴族によって構成されていた組織で、ラッドシティそのものでもあるエンドブレイカーの為に作られた遺跡「 世界の瞳 」の管理を目的としています。
遺跡の守護者、管理者として遺跡を悪用する事を良しない政策を取っていました。
また、放棄領域の住人などに対しても、炊き出しや毛布の差し入れなどの慈善事業を行っていました。
現在は革命評議会の起こした革命によって影響力を失っており、個々の「管理者」が連絡を取り合って、遺跡の管理を行っているようです。

なお、彼等「管理者」は、あくまでも「世界の瞳」を守る存在であり、それを調べたり、使用する事は許されていませんでした。
何がエンドブレイカーなのかを判断するのさえ「世界の瞳」の役割であり、彼らは遺跡を保守、管理するため以外の知識一切を与えられていないとの事です。

犯罪課

  • 代表者: レミィの父 マスカレイドの犯罪課長 ドンチャッカ
  • 所属者: レミィ・レミントン 監査役マーカス 、エンドブレイカーなど

ラッドシティの治安を守る為に組織された「犯罪者専門の城塞騎士団」です。
犯罪者の逮捕や、犯罪の防止などを目的とした活動を行っています。
犯罪に対する捜査活動を監視して、外部へと報告を行う「監査役」が設けられている他、
その捜査能力も「町の代表の許可を得なければならない」など、暴走を防ぐ為の措置が講じられています。

懲罰騎士団

  • 代表者: 不明

ラッドシティの有力組織とされる内の1つで、犯罪課の「監査役」の報告に応じて、
犯罪課の課長を含めた人員を「免職」する権限などを持つ組織です。