※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイディアハック

  • アイスブレイク:3分間でいくつ2人の共通項を見つけられるか

●概要
アイディアは知っていることと知っていることをつなげる。
脳は動きがすごく制限されている。

たとえば、アイスブレイク、日本人なんだから、いくらでも共通項はある。
でも、なかなか見つけられないよね。問題は「つなぎ方」 日本人だから、ってのもある。

脳は、たとえば「スピーカー」という見えるものを認識する力が強すぎる。
目に見えるものに対して、もう少し踏み込む。たとえばデザインに対して「思う」こと。
これを表現するだけで伝わる質・量が変わる。

目に見えないものに思いをはせる。

さっきの自己紹介、そう考えると合点がいく。目に見えない属性を話すると、かなり人となりがわかる。目に見えない属性が非常に重要

頭の中に、スキーマ(概念)がたくさん入っていると、受容できることがすごい。(EXオーディオマニアの聞く、見るオーディオ)

EX 京都大学・・・科・・・・史 <京大の鬼門。就職できない。
絵を見るのは、ただ見るしかない。たくさん本物をみるしかない。たとえば、ゴッホの絵、科学的に分析することは難しい。でも、スキーマを持っていると、直感的にわかる。

じゃあ、どうやってスキーマを増やす?受容体を増やす?
インプット→アウトプット→フィードバックによって早く増やす。

たとえば英語、フィードバックがないと、間違った文法で覚えてしまう。今回はフィードバックを重点的にやる!!

たとえば、「持ち物」を言い換える。
どうやって広げるか。どこまで広げるか。が面白い。というか新しい見方を授けてくれる。

分子を変える、よりも分母を変えるほうがやりやすい。

私/日本人は持ってるもの
私/アメリカ人だったら、持ってないものたくさんある。

分母を変えるとたくさん出てくる。
掛け算を一個変えると、すごく出る。

生物、キャリアアップ、飲み物、会社員

シェフ/コロシアム:料理の鉄人

分子のチェンジだけじゃ面白くないよね。だから、分母を変える。TVの放送作家の手法は結構これ。掛け算のもうひとつを持ってくる。

分母の入れ替えが早い人≒アイディアがたくさん出てくる人。

まとめ:つながり方がポイント

  • 見えないもの
 属性
 カテゴリー
 用途
  • 分子と分母で分けてやる。

今まで、会社というのは、つなげ方の方法をシェアしないまま、いろいろ話をしている。
情報のつながり方には5種類ある

  • ある2つの情報をくっつけてひとつになる
  • ひとつのものが2つに分かれる:EX お祭り。活気と静けさ
  • 三つが順番につながる
  • 三位一体(最近すきなのは科学・哲学・工学)実はエンジニアリングが重要hackは具体的にどう落とし込んでいくか。
  • 4つの軸で対比で落とす

これをそれぞれやると、腕立てとかと同じでいけてる感じ。