晃の日記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決意 2007年11月02日10:41

俺はもう挫けない。

誰も失いたくない。

いつまでも笑っていたかった。

だからこれからはあいつの分まで笑ったり、楽しんだり、いっぱい友達つくって、幸せにならなきゃ駄目なんだ。

みんな、お前は悪くないって言ってくれてありがとう。

もう一人じゃないんだぞ?

寂しくなんかねぇぞ?

もう誰にも最後の言葉なんて言いたくないから…

昨日はちょっと泣きすぎた…

カッコ悪いな俺…

一生分泣いても泣き足りなかった。

みんなの涙の意味は…

あいつに届くといいな…

お経、ちゃんと読んでやれなくてごめんな。

自分でも何言ってたのかわかんねぇよ。

最後にお前の顔を見たときに、もう二度とお互いに向き合って顔なんか見れないって思うと、涙が止まらなかった。

あいつの通夜の前の日にあいつの家で枕上してきました。

相変わらずなお前はもういない、遺書をお母さんから貰った。

親宛と俺宛だけだったらしい。

詳しくは書きたくない。

ただのラブレターだった。

もう一つ、渡された。


たばこ…俺の銘柄だ。

よく見ると封が空いてて一本足りない。

あいつの親父さんは俺に『煙草ってその人の臭いなんだよ、それは君を想って一本口にしたんだと思うよ?』

俺…

俺は…

今日からもっともっと強くなるんだ。

俺がブラックなのもらしくない。

よ~し!!

お前等!!

前向け!前!!

こんな俺を認めてくれる俺の大切な仲間を、これからはもっともっと大切にしていくんだ!!

このまま立ち止まりたくないからな!!!

なんたって俺の夢は世界制服…征服だからな!!!

みんなの思い出と言うパズルのワンピースに俺はなりたい。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。