※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自称慰安婦の証言(2)金君子(Kim Koon Ja)



矛盾点:年齢/家を出た状況
米下院:16歳/警官(里親)のChoiにお使いに行くように言われた。
EAS Forum:17歳/未婚だったため、日本軍に性奴隷として招集された。

House Committee on Foreign Affairs

http://foreignaffairs.house.gov/110/kim021507.htm
It was March of 1942, and I was 16 years old. I had been sent out of the house by police officer Choi and told that I needed to go and make some money. I found a Korean man wearing a military uniform and he told me that he would send me on an errand and I would be paid for this errand.
私は警官のChoiに家を出てお金を稼がなくてはならないと言われました。軍服を着た朝鮮人は 私をお使いに送って、賃金が支払われるだろうと言いました。

EAS Forum


When war broke out, many Koreans were marrying quickly so not be drafted by Japanese forces. At 17, she also planned to marry her boyfriend, but his parents objected because they could not overcome her background. Not being married, she was unwillingly drafted by Japan as a sex slave and was forced to China.
戦争が始まると多くの朝鮮人は日本軍に招集されないようにすぐに結婚しました。17歳のとき 彼女はボーイフレンドと結婚しようとしましたが、彼女の背景が問題になり彼の両親に反対され ました。結婚していなかったので、彼女は不本意ながら日本に性奴隷として招集され、中国に連行されました。