※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

従軍慰安婦の証言(1)李容洙(Lee Yong-soo)


矛盾点:年齢/家を出た状況
CNN: 14歳/兵隊に家から連れ出された。
米下院: 16歳/自分でこっそり家を出た。


CNN

http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/03/japan.sexslaves.ap/
Lee Yong-soo, 78, a South Korean who was interviewed during a recent trip to Tokyo, said she was 14 when Japanese soldiers took her from her home in 1944 to work as a sex slave in Taiwan.
Lee Yong-soo(78歳韓国)は東京でのインタビューで、 彼女は1944年、14才のとき日本の兵隊に家から連れ出され、台湾で性奴隷として働かされた、 と述べました。


U.S. House of Representatives: Statement of Lee Yong-soo

http://www.internationalrelations.house.gov/110/lee021507.htm
In the autumn of 1944, when I was 16 years old, my friend, Kim Punsun, and I were collecting shellfish at the riverside when we noticed an elderly man and a Japanese man looking down at us form the hillside......
A few days later, Punsun knocked on my window early in the morning, and whispered to me to follow her quietly. I tip-toed out of the house after her.
1944年の秋、私は16歳で、友達のキムプンスンと私が川のそばでエビを捕っていたとき、 年老いた男と日本人が丘の方から私たちを見てるのに気づきました。
…(中略)…
数日後の早朝、プンスンは私の部屋の窓をノックして、静かに私の後についてくるようにとささやきました。
私はこっそりと家を出て、彼女について行きました。