※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3/24にトシ&カズで渓流釣りに行ってきました。
場所もほとんど決めずに出かけた冒険ツアー。予想通りハプニングの連続であった。
いつもどおりに遅刻して現れたカズにいやみを言いながら出発。
途中八王子の上州屋で道具を揃える。
このときカズは竿を持ってなかったが、やはり買わず・・・
本人いわく、今日は見学とのこと。
八王子ICから中央道にのり、一路山梨方面に!!
車内で地図を広げ、近場の秋山川に行くことに。カズが助手席で地図を読むが、悪戦苦闘。。
なんとか秋山川に到着。
民家っぽい駄菓子屋で日釣り券を購入。1000円。。都会の遊びに比べると安いものだ!
そこのおじいちゃんにポイント聞くが、何を言っているかほぼ解析不能・・
わずかに聞き取れた「支流を目指せ」というキーワードをヒントに、さらに山奥に入る。。
途中だいぶ急な坂や、舗装無の細いも道もあったが気合で突き進む。

しかしここでアクシデント!!

突然道がないのだ。。方向転換ムリ。後方は激しく急な細い上り坂。
しかたなくここをスーパーバックで脱出を図る。しかしこれが大変。。
車外にでて応援するカズも思わずロン毛に!!
車から怪しい回転音が聞こえたが、何とか脱出成功。。気を取り直して再スタート。
すると、険しい山道の眼下に細い川を発見!しかし、あまりの山の険しさに、
川に近づくことができない。
さらに車を走らせ、ようやく川に降りれそうな場所を発見。
渓流釣りのために購入したウェダー(長靴)と、水の反射を防ぐ偏光グラスを装着。。
「うん、結構ダサい」
しかしこれが便利なのである。
歩くこと数分。やっとの思い出、澄みきった川にたどり着く。
早速釣りを開始。。
竿がないカズも落ちていた枝をもって、気持ちは釣り開始。
釣れる気配はまったくないがなんか楽しい。。
大自然の中を歩くだけでだいぶ癒される気がする。
水際ではしゃぐカズに邪魔をするなと注意しながら川をさかのぼりながら、釣りをする。
すると突然水中に銀色の魚体が現れ、毛ばりにアタック。竿先にブルブルと感触が。。
しかし次の瞬間に銀色が岩陰にスッと消えていく。痛恨のバラしだ。。
しかし、一気にボルテージは最高潮に。なぜかカズも興奮!!
だが、期待とは裏腹にその後アタリはなし。。
その後場所を何度か変えても反応がないので、割り切ってこの日は切り上げた。
だが、時間はまだ15時。せっかく山に着てるので、帰り道で温泉へ。
これが結構すいてて穴場。。サウナ、露天でリフレッシュ。〆の牛乳は最高だった。
今回の釣りは、テンカラ釣りという日本古来の釣法で、竿と糸と毛ばりを使うものです。
結構難しいが、一瞬で虜になりました。
また、山の中を冒険する感覚は、本当に楽しいし、それは一緒に同行したカズも感じたのでは
ないだろうか。。
次は魚をゲットできるよう腕を磨きたいと思う。

  • 楽しかったねぇ(^^)またマイナスイオンに癒されに行こうぜ!! -- カズ (2007-03-26 08:39:02)
名前:
コメント:
|