※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正統エディウス帝國設立の後ろ盾であった御三家。
騎士制度が強かった時代に、新しい武力を求めて立ち上げられた幾つかの家柄。といっても、国家分断までは名前だけがあり地位などはほとんど無きに等しく、男爵位程度の位までしかなかった。まだ赤子だったロンデヴァルト三世を庇護し、先帝ロンデヴァルト2世の遺志を継いだアルフリック卿に味方した三つの貴族らのこと。


三軍家

  • ブラウンズバーグ軍家
  • エインズワース軍家
  • ノード軍家


ブラウンズバーグ軍家

三軍家の中でも、最も勢力の大きい家柄。双子のブラウンズバーグといい、不思議なことに男女の双子が決まって生まれる家系である。
現在の当主はバルトロメ・ブラウンズバーグとエルメロイ・ブラウンズバーグ。年はロンデヴァルト3世と同じであり、ロンデヴァルト3世の良き友である。

エインズワース軍家


アルフリック卿の叔父にあたるエディウス貴族エインズワース・ソロンが当主であり、軍家の中では中堅。外交政治に強く、パウラ連合やその他の外国諸国との連絡役でもある。

ノード軍家


御三家の中でも最も歴史の浅い家柄で当主は「エディウスの毒蛾」ことオルレアン・アルヴァ・ノード。
始祖は先代のオルフィレウス・アルヴァ・ノードであり、軍人でも武人でもなく、研究者であった。現在「人造精霊」に感染した人々を隔離している「白い家」という名前の古城があるが、そこを作ったのはこのオルフィレウスである。七領主の一人・第四領セイレラン領領主ルードヴィーグの異母兄でもあった。