※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(注意:これは「必ず知っていただきたい」という事柄ではありません。練習をする上で「知っておくと練習がやりやすくなるかもしれない」というはなしです。)
(注意:飛鳥カナ配列は「楽に打てる」から「速く打てる」!をまだご覧になっていない方は、始めにそちらをご覧ください。)


練習前に、これだけは守ってください。

 親指位置にあるキーをシフトキーとして使う場合、事前の知識なしに使うと「親指が痛くなる」可能性があります。痛くなるパターンとしては
  • (ケータイやゲームのやりすぎと似て)親指の付け根が痛くなる。
  • (親指位置キーの角に指が当たって)親指の皮膚が痛くなる。
の2つがあります。これらは「使い方を誤ると、どんな道具も危険だ」という類の話と同じなので、痛くならない使い方を身に付けましょう。

 道具であるキーボードについて「デスクトップ用キーボードを使うとき」は、次の2つを覚えておいてください。
  • デスクトップ用のキーボードを選ぶときには、「無変換」キーと「変換」キーについて、スペースキーと同じように「手前側が丸まっている」ものを選んでください。
    • マトモなメーカーの製品は、ほぼ例外なくこれを守っているので、大抵は心配しなくても大丈夫です。また、ノートPCでは「手前にパームレストがあるおかげで、そもそも丸みを意識しなくても安全」なので、これについても心配しなくても大丈夫です。
  • デスクトップ用のキーボードを使うときには、大きめで平らなパームレストを用意しましょう。パームレストの厚さは、「無変換または変換」キーを押し込んだときの、机からキートップまでの高さと同じか、それより少し薄めのものを選んでください(発泡スチロールや布などで適当に作っても大丈夫です)。
    • タッチパッドが付いているノートPCには、自動的にパームレストが付いているので、こういう場合は心配しなくても大丈夫です。

 つぎに、デスクトップ用キーボードでも、ノート用キーボードでも守って欲しいことが3つあります。
  • キーの端を押すと親指が痛くなりがちなので、親指は「できるだけキーの広い範囲を押す」ようにしてください。Qwertyキーボードでは、DキーかFキーの下に無変換キーがあり、JキーかKキーの下に変換キーがあると、ちょうど良いとおもいます。
  • 親指による操作では、決して「親指で思いっきり叩く」様に使ってはいけません。あくまでも「親指でソフトに押す」ように使いましょう。叩く操作は動作に無駄があり遅くなるだけでなく、親指に対しても無駄なダメージを与えます。
  • 指先だけのチカラでキーを押そうとするのは、いろいろな意味で無駄があります。手首や腕をうまく使い、そして重力をうまく使いましょう。

 こう書くと「なんだ、親指シフト系って、特別に面倒なのか」と思われるかもしれません……が、これらは「親指シフトに限らず、キーボードを軽く使うためのコツ」としても共通するものなので、親指シフト系を使わない方にとっても、ある程度役立つものと思われます。


「今使い慣れている入力法での【入力速度】」と、「今練習している入力法での【入力速度】」を比べないでください。

 今あなたが使い慣れている入力法は、おそらく数ヶ月~数年かけて使い続けることによって、始めて「今の入力速度」に達したものと思われます。
 今あなたが使い慣れている入力法も、あなたが使い始めた当初は「ゆっくりと、確認しながら、時には間違いながら」使っていたはずです……そのときのことを、一度思い出してみてください。


 これから練習し始める入力法は、まだあなたにとって「使い慣れた入力法」ではありません……そのため、今使い慣れている入力法を覚え始めた当初と同じように、「ゆっくりと、確認しながら、時には間違いながら」練習することになるはずです。
 ですから、今この瞬間に「使い慣れた入力法」と同じように打ててはいない……からといって焦るべきではありませんし、焦る必要もありません。


 あなたが今使い慣れている入力法では、「どのキーを押せば文字が出るのか、ということをあまり意識せずに使いこなしている」はずです。
 人間は訓練をつめば、訓練の度合いに応じた速さで作業を行えるようになります……これは、「今使い慣れている入力法」と「これから練習する入力法」のどちらでも、ほとんど変わりはありません。
 練習を積み重ねていけば、「これから練習する入力法」についても「どのキーを押せば文字が出るのか、ということをあまり意識せずに使いこなすことができる」ようになるはずです。


 初期の入力速度は「どの程度使い方を覚えたのか」に依存する部分がとてもおおきいのです。
 ゆえに、「今使い慣れている入力法での【入力速度】」と、「今練習している入力法での【入力速度】」を【練習中に】比較しても、意味のある結果は得られないはずです。


「今使い慣れている入力法での【楽さ】」と、「今練習している入力法での【楽さ】」の差を感じつつ練習してみてください。

 練習し始めた時点では、「慣れている入力法」は特に意識することなく使えるはずで、一方では「これから練習する入力法」は入力するにも一苦労するはずです。
 こんなときに、「本当に、今練習している方法で快適に打てるようになるのだろうか?」と不安になるかもしれません。
 ……そんなときには、文字を入力するときの【速さ】ではなく【楽さ】に着目してみてください。


 今使い慣れている入力方法と比べて、今練習している入力方法が【楽に入力できるかどうか】を確認するということは、実はとても重要なのです。
 ……誰もが実生活上で経験しているとおり、大抵の行動は「なるべく少ない動きで目的を達成できる」方が、【楽で早い】という結果を生みます。
 もちろん、大急ぎで目的を達成して【楽ではないが速い】という場合もありますが……こういう場合、色々な工夫をしていって【楽な】方法へと変えていくことも、度々あるのではないかと思われます。
 楽な手順というのは、大抵が【シンプルで、コンパクトアクションで、間違えようがない】ものです……そして、こういう手順を繰り返し行っていけば、その対極にある【複雑で、オーバーアクションで、度々間違える恐れがある】方法を延々と繰り返すよりも、速く楽に確実に手順を習得でき、しかも【楽に】【速く】【確実性が高い】状態を維持できるはずです。
 こういったことは、実生活に限らず、日本語入力法でも全く同じことが言えます。


 文字入力方法というものは、文字を入力するために使う「手順のカタマリ」です。
 全く同じ文章を入力するのならば、なるべく【シンプルで、コンパクトアクションで、間違えようがない】手順を覚えて、【楽に】【速く】【確実性が高い】文字入力を行えるほうが、より快適な文字入力を行えるはずです。
 したがって、あなたが「今練習している入力法」についての性能を評価しようとする場合は、習得してからでなければ評価しようがない【速さ】について評価するのではなく、練習している最中から評価可能な【楽さ】について評価するほうが、より間違いのない結論を得られるはずです。


 練習途中には、どうしても「今使い慣れている入力法での【入力速度】」と「今練習している入力法での【入力速度】」を比べてしまいがち(練習中は実際不安になりやすい)ですが、これを気にする必要はありません……ここでは【楽さ】を基準に比較してみてください。


「今練習している入力法での【楽さ】」を得られなかった場合は。

 人によって運動機能などに個人差があるためか、「ある一つの入力法のみで全ての方が満足できる」ということは、おそらくありえないはずです。
 ここで紹介する入力法以外にも、日本語入力を行うための入力法は多数公開されています。
 練習を重ねてみて、どうしても違和感が抜けない……という場合は、その違和感を解消できる可能性がある、ほかの入力法を選択することも考慮いただくほうが良いかもしれません。


 念のため、以下にそれらの入力法について書いているWikiを紹介させていただきます。
 日本語入力用キー配列(指に宿る記憶)に関するリンク集


 「今練習している入力法」を覚えるためにと使用した練習法は、ほかの入力法を練習するためにも流用可能です。
 そのため、「練習してみて、合わなかったらどうしよう……練習に費やした時間が無駄になるかもしれない……」と恐れる心配は、それほどない様に思われます。


 【新しいことをやってみる】ということは、なかなか日常では多く経験することではありません……入力法の練習というのは、そういう中から「非日常」を作り出すためにも役立つかもしれません。
 最近新しいことをやっていない……とお感じの方には、ぜひともお試しいただきたいところです。


練習方法は、自身に合うよう「自由に組み合わせて」使う。

 練習をする上で一番重要なことは、「自分にとってなじみやすく、飽きずに継続してやりやすい方法を使う」ことに尽きるでしょう。
 一つの練習法を使うか、あるいは二つ以上の練習法を組み合わせるか……という点については、ご自身が興味を持って取り組めるように、自由に組み合わせてみるのが一番です。


 すでにいくつかの方法が提案されていますが、ほかにももっと違った視点で練習する方法があるかもしれません……こういう練習方法を探すという行為もまた、練習そのものと同じく【新しいことをやってみる】うえで重要なことなのかもしれません。