※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

繭姫公式




繭姫用の定義




導入前の初期設定

 ほとんどのキー配列入れ替えソフトは「詳細なテキストサービス」に対応していませんので、お使いのアプリケーションの種類に応じて「詳細なテキストサービス」を解除する必要があります。

 WindowsXPをお使いの場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「日付、時刻、地域と言語のオプション」→「地域と言語のオプション」→タブ「言語」→ボタン「詳細」→タブ「詳細設定」と順にたどって、【テキストサービスと入力言語】を表示させてください。

 Microsoft製アプリケーションを中心としたソフトを除いては、一般的に「詳細なテキストサービス」をサポートしていませんが、これを無理やり「詳細なテキストサービス」に対応させるためには【詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する】チェックボックスが存在します。
 ここについているレ印チェックをはずして□の状態にすることで、たいていのアプリケーションでキー入力入れ替えソフトを使うことができるようになります。
 これによる副作用はほとんどありませんが、Tablet入力デバイスをするときに入力しづらくなるなどの障害が発生します。

 Microsoft製アプリケーションを中心としたソフトでは、一般的に「詳細なテキストサービス」をサポートしています。この機能は【詳細なテキストサービスをオフにする】チェックボックスで制御することができます。
 ここについているレ印チェックをはずして□の状態にすることで、より多くのアプリケーションでキー入力入れ替えソフトを使うことができるようになります。
 これによる副作用としては「IMEツールバーが表示されなくなる」などの問題がありますので、その点にご注意いただく必要があります。


導入後の初期設定

 繭姫は、インストール直後には「50音順配列」が再現されるようになっています。飛鳥を使う方法を順に列記します。

飛鳥カナ配列の設定

 まず、姫踊子草用 配列定義ファイル?に書かれている文字列をコピーし、適当なファイル名で保存します。
 画面右下にある繭姫のアイコンを右クリックし、「設定」を選びます。
 「配列」タブの「かな配列」エリアにある「ファイル選択」ボタンを押し、先に保存したファイルを指定します。

OSの設定

 「制御」タブの「キー操作代行の手法」エリアを変更します。
 Windows2000/XPをお使いの場合は「Windows2000/XP専用入力代行」を選択してください。
 それ以前のWindowsをお使いの場合は「版1.0号/1.1号互換」を選択してください。
 「窓使いの憂鬱」を導入済みの環境であれば、「窓使いの憂鬱を援用」を選択することもできます(ただし、この場合は窓使いの憂鬱をインストール済みかつ実行中ではないことが条件となります)。

親指キーの設定

 「制御」タブの「左手親指キー」「右手親指キー」エリアを変更します。
 「左手親指キー」は「スペース」が指定されていますが、キーボードによっては「無変換」に指定しなおすほうがよいかもしれません。
 IME側で「変換」「無変換」のキーに割り当てられた機能を無効化すると、「変換」「無変換」キーを親指シフト専用キーとして(誤操作の恐れなく)使うことができます。

最後に、一番下の「適用」ボタンを押します。



設定覚え書き

画面右下にある繭姫のアイコンを右クリックし、「設定」を選びます。
「時間」タブを選択します。

「最大ズレ時間」

 この機能は、「文字」キーと「親指シフト」キーを押すときのズレを、どの程度許容するかを設定します。
 大抵は、デフォルトのまま「0.100秒」で良いようです。

 ゆっくり入力したい場合は、数値を大きめにしてください。
 数字をゼロにすると、シフトキーを常に先押しする必要がありますが、シフトミスは減ります。

「先に押したキーを保持すべき時間」

 この機能は、シフト側の文字を打ってからシフトしない文字を打つ操作をするときに、離し忘れたシフトキーの状態を無視するための設定です(飛鳥では、シフトキーを先に押して文字を打ち、かつシフトを離し忘れたまま次の文字を打った場合のみ問題になります)。
 大抵は、デフォルトのまま「0秒」で良いようです。

 「あすか」と打ったつもりが「あすま」になってしまう……というような場合は、少しだけ時間を増やしてみると良いかもしれません。
 この設定を飛鳥で使う場合は、「シフトキーだけが入力される」か「シフトしない側の文字だけが入力される」という副作用が発生する可能性があるため、「打ち方に気をつけることで処理する」方が良い場合もあります。
 ひとまず、実際に入力してみて「よいと思う値」を探してみることをお勧めします。

「二打目(三鍵目)移行の要押下時間」

 この機能は、シフト側の文字を打ってからシフトしない文字を打つ操作をするときに、離し忘れたシフトキーの状態を無視するための設定です(飛鳥では、シフトキーを押した順序に関係なく、シフト側の文字を打ってから、かつシフトを離し忘れたまま次の文字を打った場合にのみ問題になります)。
 大抵は、デフォルトのまま「0秒」で良いようです。

 「あすか」と打ったつもりが「あすま」になってしまう……というような場合は、少しだけ時間を増やしてみると良いかもしれません。
 飛鳥で使う場合、前出の機能よりは副作用が少ないものの、素早い入力をしようとすると足かせになる可能性がありますので、習熟度に応じて「よいと思う値」を探してみることをお勧めします。

最後に、一番下の「適用」ボタンを押します。