※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオグラフィ

ソロシンガーとして活動していた 木下理樹が、そのバックミュージシャンを務めていた、櫻井雄一日向秀和(ベース)と、友人の紹介で知り合った大山純(ギター)を誘い2000年3月に結成。ライブ活動を始める。2002年、東芝EMIと契約しシングル『DIVA』でメジャーデビュー。 2003年末に日向秀和大山純が脱退。 2004年3月、木下が交流のあった戸高を誘い、宇野が一般公募したオーディションから選ばれ加入。現編成になる。同年のオーディナリーボーイズ(THE ORDINARY BOYS)来日公演にゲスト参加した。 2004年からは東芝EMIとの契約が終了し、自主レーベルVery ape recoadで音源を発表していたが、2005年6月にミニ・アルバム『あと10秒で』をポニーキャニオンから発売しメジャー再デビュー。 10月には3rdアルバム『PARADISE LOST』を発表。全国ツアーを経て2006年4月9日にはシングル「フリージア」の発売、5月10日にはニルヴァーナのトリビュート・アルバムに参加(木下は熱狂的なカート・コバーン信者である)。また、「フリージア」には戸高賢史による初の作詞/作曲、ヴォーカル曲「キカ」そして「テュペロハニー」では「クオークの庭」を発表している。
|