ゴッドガンダム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装はゴッドガンダム(武装)
コンボ、戦術、対策はゴッドガンダム(対策)
正式名称:GF13-017NJII  パイロット:ドモン・カッシュ
コスト:2500  耐久力:680  変形:×  換装:×  覚醒技:○  地走型BD(ジャンプ可)
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 爆熱ゴッドフィンガー【照射】 2 77 相手を炎上(短時間の特殊スタン)させる
CS 石破天驚拳(小) - 95 3段階チャージ
石破天驚拳(大) 162
石破天驚ゴッドフィンガー 190
サブ射撃 マシンキャノン 50 5 最低レベルのバルカン
後格闘 分身殺法ゴッドシャドー 1 - 射撃バリア
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 パンチ×2→肘打ち→アッパー→アッパー
→蹴り落とし
NNNNN 239 高性能だがカット耐性だけは劣悪
派生 百裂拳 N前 175 百裂拳中はかなり前進する。
百烈拳は最大13hit
前格闘 蹴り×2→ボディブロー→百裂拳&ストレート 前NN 241 カット耐性皆無。
百烈拳からストレートまでがセットの3段格闘
派生 右後ろ回し蹴り→左回し蹴り 前前N 193 派生無しよりは若干動く上ダウン値も低い
吹っ飛ばすので分断に
横格闘 蹴り→蹴り上げ→パンチ
→ゴッドスラッシュ3連斬り
横NNN 248 若干回り込むがN格よりカット耐性が低い
派生 百裂脚 横N前(後) 234 百裂脚は強制ダウン
BD格闘 跳び蹴り BD中前 95 突進速度と伸びは良いが発生と誘導が悪い
格闘CS 超級覇王電影弾 格CS 160 誘導が高く、身体全身に判定がある
特殊格闘 爆熱ゴッドフィンガー 75~192 格闘連打で爆発の威力、ダウン属性が変化する
覚醒時 爆熱ゴッドフィンガー→ヒート・エンド 274 通常時と違い連打に意味が無い
特殊射撃関連 名称 入力 威力 備考
特殊射撃 ゴッドフィールドダッシュ 特射 - 相手に向かって一定距離を進む
通常格闘 面→面→面 特射中NNN 189 カット耐性とコンボ時間に優れる
前・後
レバー入れ格闘
ゴッドスラッシュタイフーン 特射中
前・後レバー入れ
20~171 即ダウンを奪える
覚醒技 名称 入力 威力 備考
石破ラブラブ天驚拳 3ボタン同時押し 359 アシスト引き付け効果あり
誘導は素晴らしいが実用性は皆無

称号
名称 条件 レアリティ 値段 備考
キング・オブ・ハート 対人20連勝 エクストリーム 500,000

【更新履歴】新着3件

11/7/31 武装を修正
11/5/28 全体的に整文 アップデート内容追記
11/5/2 レバー入れ特射入力表記

解説&攻略

前作よりコストが下がって2500になったGガンダムの後期主役機のMF。
今までと同じ地走型格闘機で高耐久・高火力・高機動だが、赤ロック距離は最短の部類。

地走BDは8回を記録しマスターとほぼ同じ性能で、旋回性能も優秀。
足が速いわけではないが、総じて機動力は高性能。基本的には持続の優位でじっくり追い詰めるタイプ。
牽制に使える射撃がほぼ無く、虹ステ時のブースト消費は他の2500と同量なため、牽制しながらだとブーストゲージは長く感じない。

基本的な仕事はメインと後格を補助に格闘のヒット&アウェイ。
メインによる急停止&BG回復で走り回り、ロックを集めつつゴッドフィールドダッシュ(GFD)による急接近でゆさぶりを掛けて行く。
CSは誘導も高く優秀(Lv.3以外)だが、誘導を活かすための赤ロック距離が短すぎる為、CSのみの立ち回りは困難。

格闘はどの格闘も非常に伸び、GFDなどによるコンボの自由度もあるが、N格以外の初段が2500格闘機としては見劣りする。
ゴッドは格闘機にしては近距離択が少ないという寂しい特徴があるものの、主力のメインは2500格闘機に恥じない高性能で射撃始動自体はしやすい。
また威力とカット耐性が両立出来る安定コンボはない為、的確なコンボ選択は必須と言える。

覚醒で明鏡止水が発動し、機体が金色に光り輝く。というか赤熱する。
ゴッドフィンガーのフィニッシュはお馴染みのヒートエンドに変化し、突進中に頼れるスーパーアーマーが付くようになる。
そして覚醒中は攻撃のダウン値減少、機動性up、攻撃モーションの高速化、さらに攻撃補正が20%も上昇し
300程度のダメージを優に叩き出す。ヒートエンドを絡めれば350以上のダメージを与える事も。
相方が敵相方を抑えてくれれば少しの不利程度ならひっくり返せる。他のMF、ひいては全ての格闘機と同じく、覚醒によるねじ込みは生命線となる。
反面、覚醒中の防御補正は10%と控えめなので攻撃することばかりに気をとられて覚醒落ちしないよう注意しよう。

覚醒技は石破ラブラブ天驚拳。凄まじい誘導とダミー効果を備えた高威力の飛び道具だが、致命的なまでに発生が遅い。
コンボに組み込むことも出来ないので、原作再現のネタ技だと割り切ろう。

勝利ポーズは2種類あり、通常時は普通の構えた状態。明鏡時に勝利で明鏡止水の境地で大地を巻き上げつつ赤熱。
明鏡時勝利のポーズは原作でのマスター・アジアとの最終決戦時の、天驚拳を撃つ前の気合を溜めているシーンの再現。

5月26日のアップデート内容

  • メインが滑り撃ちできるようになり、ズサキャンに高い効果を持つようになった。(地上限定)
  • 今まで皆無だったメインに銃口補正がかかるようになった。斜めのバックブーストなら安定して取れる。
  • 横N前派生の百烈脚や前格の百烈拳にスタン効果が追加。また、百烈系の派生からGFをキャンセルで出せるようになった。
  • 前格百烈拳部分のダウン値が減少。
  • BD格が至近距離でも当たるようになった。
  • 特射の特殊ステップのブースト消費が減少(特射自体のブースト消費量は変更されていない)。
  • 覚醒中、GFに常時スーパーアーマーが付くようになった。
  • GFの掴み判定が大きくなった。
  • ゴッドシャドーの展開速度が高速化し、構えた瞬間に展開するようになった。

MF全般の足回りについて

接地時にBD短時間入力で地走し、レバー入力を止めるとズサーッと慣性を残しつつ滑り(通称ズサ)、やがて停まる。
ズサ自体にブースト消費は無い為、地上BD→ズサ→停まる前に地上BD…と繰り返す事で普通に走るより長距離を走れる。
ズサの分速度が落ちる為総合的なBD速度は遅くなるが、速度と移動方向が何度も変わる為、射撃を掻い潜るには適している。

ジャンプボタンでブースト一定量消費と共にジャンプする(前作の垂直ジャンプを模している)。上昇だけしたい時はジャンプ連打。
地走からジャンプで慣性付きのダッシュジャンプ(前作のものに近い)。
ブーストを噴かしている様に見えるかもしれないが、ジャンプ毎の消費量は一定なのであくまでジャンプ扱い。
但し前作と違いダッシュジャンプ後にブースト入力でブーストを噴かす事が可能。この場合は噴かした分消費。

接地時にBD長時間入力で浮いて空中BD。
要するに「地走」が「ジャンプからのBD」に化けている訳だが、前作程地走時よりブースト消費が大幅増加する感じでは無い。
もしくはステップからBDすれば空中BDとなる。

回避のコツ(目を通しておくと吉)

  • 地走では高度が変わらない為、軸が合っていると問答無用で射撃が刺さる(前作でも同じだったが)。
    L字を取られると基本的に浮く以外回避方法は無い。
  • ズサには青着地もオバヒも関係無く、硬直は常に一定。
  • BD効率は地走>空中。BD速度は空中>地走。
  • 「地走即DJ即BD」という行動を取るとブーストが6割程減ってしまうので注意。空中BD2回分位しか動けないので非効率的。
    この場合はDJ慣性をある程度長持ちさせた方が効率的。


武装はゴッドガンダム(武装)
コンボ、戦術、対策はゴッドガンダム(対策)

外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。