ステージ

今作のステージには「部分破壊」が採用されていて破壊可能な建物のうち、段階的に壊れていくものがある。
また、壊しても時間経過で復活する障害物がある。
公式サイトのゲーム>ステージリストでは画像付きで紹介されている。
特徴のあるステージが多いが、その分だけ地走機やブースト量や機動力に差のある低コストが相対的に不利になるステージが多め。

サイド7

作品:機動戦士ガンダム
  • 特徴
 Nextのサイド7と構造は大体同じだが地面がボコボコしている。背景ではコロニーの残骸が落下している。
 程よい広さ(段差で区切られてない)、平地、起伏、建物などの各要素がバランスよく配置されていて比較的公平に対戦出来る。
 対戦ではここにすると言う暗黙の了解の様なものがあるが、人に強要するのは止めよう。

コロニーレーザー

作品:機動戦士Ζガンダム
  • 特徴
 中央にバカでかい段差があり、どこにいても斜め方向の視界が悪い。
 中央の段差のせいでステージが実際より狭く4人が集まればまず乱戦、そして疑似タイマンにもなりやすいので格闘機が戦いやすい。
 更に段差のせいでコスト差や地走機体か否かで差が出やすい癖がかなり強いステージ。

ムーン・ムーン

作品:機動戦士ガンダムΖΖ
  • 特徴
 小さなピラミッドと破壊可能なストーンヘンジがある。広くて明るいので見晴らしがいい。
 ピラミッドの周りには小川が流れている。
 平坦に見えるがステージ全体がピラミッドから下に向けて緩やかな傾斜になっているので対地コンボは安定しなかったりする。
 ストーンヘンジの耐久力は20以上40以下(ターンXの後格2発で破壊)。

ロンデニオン

作品:機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 特徴
 高低差が激しくマップが広い。
 ほとんどが段差ではなく傾斜なので低コストでも動きにくくはないものの、対地コンボは若干安定しない。
 背景に地球、出港するラー・カイラム、スペースアーク級、スウィートウォーター、演説中のシャアの巨大なホログラムを映すネオ・ジオン艦隊が見える。

エンジェル・ハイロゥ

作品:機動戦士Vガンダム
  • 特徴
 平坦でイメージ的にはNextPlusのフロンティアⅠ外壁に近く、射撃重視の機体が動きやすい。
 背景にジャンヌダルク、リーンホースJr.、アドラステアなどが居る。
 ただし一定時間ごとに地形の中央が盛り上がる(段差となる)→元に戻るので低コストは戦いづらい。

ギアナ高地

作品:機動武闘伝Gガンダム
  • 特徴
 急斜はないがステージのあちこちにデビルガンダムの触手が存在し、外ではデビルガンダムが威圧している。
 触手が丘になっていて非常に着地をとりにくい。破壊可能で跡地は凹んでいるが、一定時間で再生する。
 なお触手は格闘では破壊不可能(地形に沿って進んでしまう)で、射撃ならマシンガンでも1発で壊れる。
 飛ばないと直線的な射撃ではまともに着地を狙えないので地走や低コストで射撃重視の機体は非常に戦いづらい。

ブリュッセル

作品:新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
  • 特徴
 夜間で雪が降っている。
 中央に噴水広場があり周りは住宅街になっている。住宅は破壊不可で結構並んでいるので隠れやすい。
 マリーメイア軍のMS・サーペントの残骸も確認できる。噴水広場の銅像は破壊可能。
 MSでFPSゲームのステージで遊んでいるような感じになる。もっと言うとカスタムロボと言った方が分かる人には分かるか。
 飛ばないとまともに戦えないステージなので地走や低コスト機は非常に戦いづらい。

ニュータイプ研究所

作品:機動新世紀ガンダムX
  • 特徴
 急な斜面は少ないが建物がとにかく多い。
 動きにくくは無いが建物を壊すまでは相方と連携しにくい。

マニューピチ

作品:∀ガンダム
  • 特徴
 若干開けた地帯と山岳地帯で形成されており見た目は広い。
 背景にウィルゲムや気球船が見える。
 大きく区切られているため乱戦になりやすく、遠くで疑似タイマンが始まると助けるのが難しい。
 また、段差が大きいので逃げられると機動力に差があるほど追いかけるのが難しくなる。

アフリカ砂漠

作品:機動戦士ガンダムSEED
  • 特徴
 連ザの砂漠ステージを少し広げてなだらかにした感じか?
 外には基地とアークエンジェル、レセップス、ピートリーが見える。
 開幕時にスカイグラスパーが超高速で飛んでいく。(と戦闘終了時にも来る)
 地味に着地をとり辛い。

メサイア

作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 特徴
 全体的に斜面になっていてクレーターなどの凹凸も多い。
 背景にミネルバ、アークエンジェル、エターナルが見える。
 なお何故か原作とは違いミネルバと対峙しているのはエターナル。

アフリカ・タワー

作品:機動戦士ガンダム00
  • 特徴
 全体的に平坦(というより今作は地面がデコボコしているのが基本だからだが)。
 破壊可能な建物がいくつかある。
 ブレイク・ピラーの再現がなされており、ステージの周りにピラーの破片が降り注いでいる。

REBIRTH

作品:機動戦士ガンダム00
  • 特徴
 2ndシーズン2クール目ED「trust you」を再現したステージ。
 アリオスが沈められた海と花畑が中心となり、モミジの森、雪原、オーライザーの付きさ刺さった山が四方に存在する。
 背景には草花を宿した00、弾丸を打ち込まれたケルディム、水没したアリオス、氷結化したセラヴィーが確認できる。
 大分、他のステージと雰囲気が違う。
 段差でステージが区切られているので実際は狭く、非常に乱戦や擬似タイになりやすい。格闘機が戦いやすいステージ。

インダストリアル7

作品:機動戦士ガンダムUC
  • 特徴
 コロニービルダーの辺りが戦場で背景が凝っている。橋は破壊可能。
 端が逆アーチ型の傾斜などなど特殊な形状になっている。
 ちなみに良く見れば分かるが、逆アーチの辺りはステージが緩やかに移動し続けている。

衛星イオ

作品:機動戦士クロスボーン・ガンダム
  • 特徴
 ドゥガチの基地があった場所。
 ステージの外には特攻をかけて損傷したマザーバンガードが横たわっており、上空には木星が見える。
 ステージが段差で区切られていて、飛ばないとまともに戦えないステージなので地走や低コスト機は非常に戦いづらい。

トーチカ基地

作品:機動戦士ガンダム第08MS小隊
  • 特徴
 小川流れる丘陵地帯で高低差が非常に激しい。序盤は上側と下側で分かれることになる。
 両極の低所では丘が完全に遮るため、連携できない。
 ギアナ高地同様に飛ばないと直線的な射撃ではまともに着地を狙えないので地走や低コストで射撃重視の機体は非常に戦いづらい。

EXTREME UNIVERSE

作品:オリジナル
  • 特徴
 エクストリームガンダムがプレイヤーたちを迎え撃つサイバーティックな雰囲気のステージ。
 一見平坦だが戦闘の状況により地面がせり上がる。 対戦時選択不可。

家庭版限定

  • プラクティスのみフリーバトルで選択可能。
  • マスドライバー基地、廃棄コロニー (月軌道上)はオンライン対戦時のみ選択可能。
  • 小惑星、乾燥帯、森林、乾燥帯はブランチバトルコース Fルートで使用されている。

プラクティス

作品:オリジナル
  • 特徴
 家庭版で追加されたステージで、広大且つ平面な空間で戦闘を行う。
 「プラクティス(練習)」の名の通り、練習用のステージである。そのため敵との初期配置がかなり近い。
 障害物は四方に立方体が存在するのみで、遠景はただの青色をしておりEXTREME UNIVERSE並みに
 サイバー空間の様相を呈している。

マスドライバー基地

作品:オリジナル
  • 特徴
 家庭版で追加されたステージで、ステージは平坦で建物は全て壊すことができない。
 オリジナルと表記されているが、明らかに「SEED」のステージ。
 背景の海には地球連合軍のイージス艦(ダニロフ)と強襲揚陸艦(スペングラー)が存在する。
 建物を程よく利用出来るが、若干遠くからの射撃を通しやすいので赤ロックの長い機体ほど若干戦いやすい。

廃棄コロニー (月軌道上)

作品:オリジナル
  • 特徴
 平坦なコロニー内壁に大きめの建物が5つほどが点在するステージ。この建物は破壊可能。
 背景には地球と、反対側には月と太陽が見える。
 トライアルミッションでは背景の異なるステージが存在する。
このステージの建物のみ耐久力が2倍に設定されている(耐久力については前作からの変更点の破壊可能な建物の項参照)

小惑星

作品:オリジナル
  • 特徴
 家庭版で追加されたステージで、文字通り小惑星の上で戦闘を行う。
 障害物が何も無く、物陰に隠れて攻撃を回避することが出来ない。
 トライアルミッションでは廃棄コロニーと同じく背景バリエーションが多い。

乾燥帯

作品:オリジナル
  • 特徴
 全体的に平坦なステージだが、破壊不可能な岩石が点在している。
 時間帯別に、夕方と夜(満月が30°付近で輝いている)の種類がある。

森林

作品:オリジナル
  • 特徴
 ジャングルが広がるステージ。乾燥帯と同じく、中心付近に破壊不可能な岩石が点在している。

砂丘

作品:オリジナル
  • 特徴
 アフリカ砂漠の建造物を無くしたといった見た目のステージ。
 連ザの頃の砂漠ステージによく似ている。やはり、ラゴゥやバクゥが出現するステージで使用されることが多い。

廃棄コロニー・小惑星:その他の背景バリエーション

  • 機動戦士Zガンダム:高軌道、隕石群とアーガマ(廃棄コロニー)
  • 機動戦士Vガンダム:中軌道、エンジェル・ハイロゥ(廃棄コロニー)
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY:高軌道、メサイア・ミネルバ(廃棄コロニー)
  • 機動戦士ガンダム00:低軌道、軌道エレベーター中継ステーション(リング)とプトレマイオス2(廃棄コロニー) *1
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム:木星とマザー・バンガード(廃棄コロニー・小惑星)

サイド6

作品:機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
  • 特徴
 今作ではシリンダー型コロニーのミラー窓部分と居住区部分の境の位置になっている。

ベルリン

作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 特徴
 劇中で、デストロイガンダム(ステラ機)が登場したステージ。
 ユーラシア連邦の領土であり、雪によって覆われた建物が並ぶ。

マイクロウェーブ送信施設

作品:機動新世紀ガンダムX
  • 特徴
 月表面に存在する、地球圏に向けマイクロウェーブを送信するための施設。
 ステージ中心には送信アンテナが置かれている。

ランタオ島

作品:機動武闘伝Gガンダム
  • 特徴
 乾燥帯(夕方)とよく似ているが、ステージの2/3あたりに大きな段差があり、外周に特設リングが設置されているなどの相違点がある。

鉱山都市

作品:機動戦士ガンダム 第08MS小隊
  • 特徴
 前作にも登場したステージ。特徴的な駅舎のある線路とピラミッド型の建物が再現されている。残念ながら煙突や高速道路はない。
 「黒いガンダム」でのステージはグリーン・ノアではなくこちらだったりする。

ズムシティ

作品:機動戦士ガンダム
  • 特徴
 ジオン公国の首都。公王庁の前にある庭部分がステージとなる。
 ザクレロミッションなどで使用。

ジャブロー

作品:機動戦士ガンダム
  • 特徴
 南米アマゾン流域にひっそりとある連邦軍本部。森と川で構成されたステージ。
 「逃げろ!アッガイ」などで使用。

小惑星モウサ

作品:機動戦士ZZガンダム
  • 特徴
 アクシズと連結している小惑星。
 ちなみに核ミサイル阻止ミッションで登場するが、「逆襲のシャア」時点でモウサはすでに失われている。

月面

作品:オリジナル(∀ガンダム?)
  • 特徴
 凸凹としたステージ。クレーターと施設が点在していて、背景には三日月上の地球、その裏手には太陽が輝いている。
 ∀ガンダム系のミッションで登場する。

ソレスタルビーイング号

作品:機動戦士ガンダム00
  • 特徴
 小惑星部分のステージ。外周リングが上空に配置されている。

基地内部1

作品:オリジナル
  • 特徴
 中心部分が台形に盛り上がっている。

 ┏━┳━┓ ━:壁
 ┃┌─┐┃ ─:台形部分
 ┣│■│┫ ■:柱(破壊不可)
 ┃└─┘┃ =:入口(侵入不可)
 ┗=┻━┛

基地内部2

作品:オリジナル
  • 特徴
 連ジのア・バオア・クー内部に似た構成のステージ。
 隔壁で以下のような形に区切られている。
 ┏━━━━┓
 ┣━  ━┫
 ┃    ┃
 ┃ ┃  ┃
 ┗━┻━━┛


外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。