概要

基本戦術・立ち回り

通常技はリーチが全キャラ中最短で、判定も貧弱。
このはが殴れる間合いは、常に相手の置き攻撃、暴れ、擦りが届く間合いであるのを頭に入れるべし。


『崩し』
一度近づいたら、有利フレームの多い技で固めながら崩しを狙う。
具体的には地上技>ジャンプキャンセル>ホーミングJA>中下投げの択や、地上技>小ジャンプJEなど。
前者は展開が早くかなり崩しやすい、後者は見切られやすいがガードキャンセルや暴れに強い。
ステップ性能が優秀なので、立ちA>ステップ横投げだけでも十分崩しとして機能する。

『コンボ選択』
崩した後の連続技は使用アルカナによって変えるのが理想。
地上アルカナ技が起き攻めに使いやすい運、時などは、B疾風突き>6Cや2Cでコンボを締めてアルカナ技へ。
空中技でも起き攻めがしやすい樹、闇などは空中コンボ>JEからアルカナ技へ。
アルカナ技が起き攻めに向かない愛、音などは最大火力を狙いに行こう。

『対空』
昇りJAで迎撃、3Bで相殺、土遁で拒否の3つで十分。
昇りJAは高めの相手への対空。位置とタイミングさえ合っていれば負けることは少ない。
3Bでの相殺は相手の空中ダッシュ攻撃、斜め上からのホーミング攻撃に対して使う。
土遁はきらのボディプレスなど落としにくく、相殺も取れない技に使う技で相手のジャンプ攻撃に潰されることはほぼない優秀な拒否技。

『守り』
GC6Dからの技が非常に強いため、相手の地上固めには逆択をかけられる。
相殺時や確反に滝登り、4D読みや少し離れた位置の確反にA疾風突き、フォローの効かない技への百分身などを使ってターンを変えよう。
空中技での固めには大体隙間があるので、HJ逃げかC転移で距離を離すのがベスト。
起き攻めに対しては有効な技がないため、下手に暴れず大人しく初段をガードすること。


『距離別の戦法』
  • 遠距離
手裏剣や苦無があるため他キャラより選択肢が豊富。
リードしていてこの距離になった場合は、アルカナ技と一緒に撒いて牽制する。
その際は相手の加速ホーミング攻撃に注意すること。
相手との飛び道具合戦になった場合にはリターン大の当身も有効。

  • 中距離
お互いホーミングを使っての初手の取り合いになる事が多い間合い。
ぶつかり合いになってもリーチ負け判定負けするケースが多く危険。
B手裏剣1発止めでジャンプ防止、苦無からホーミングJB、アルカナホーミングなどを使いまともに殴りあわないように。

  • 近距離
最も得意な間合いだが、同時に事故りやすい危険な間合いでもある。
うまく触れたら相手の暴れを防止しつつ、立ちCなどで固めて崩しにいく。
わざと連携に隙間を作ってステップC滝登りを出すのも強力。
相手の4D、HJガード、暴れを潰しせるので、数回見せておけば相手の強気な行動を抑制できる。

アルカナ選択


キャラクター対策

vs同キャラ

vsヴァイス

vsえこ

vsシャルラッハロート

vsはぁと

vs冴姫

vs神依

vs舞織

vs美凰

vsリリカ

vsリーゼロッテ

vs頼子

vsきら

vsフィオナ

vsアンジェリア

vsペトラ

vsゼニア

vsエルザ

vsクラリーチェ

vsキャサリン

vsドロシー

vsあかね

vsなずな









.

|