※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7スレ目の流れ 3



昂ぶった感情と涙は、お風呂に置いて、落ち着く里芋。
そして、兄の所へ戻り、顔俯きながら、布団に入っる里芋。
   ↓
兄も気持ちの整理をしたらしく、今度は兄から話しだしてくれた。
あに 「里芋。あにーは里芋を幸せにしてやる事が出来ない。
   もし、続いたとしてもだ、里芋とあにーは結婚出来ない。子供も勿論つくれない。
   いや、つくれはするが、その子に戸籍をはじめ医療保険とかの
   人生を送る上で当たり前に必要なものを与えてあげられない。
   里芋。だから俺には里芋を幸せにする事は出来ない……
   だから、」
里芋 「それが、あにーの答えなんだね?」
辛かった。続きの終わりを聞いてしまうのがただ、辛かった。
だから兄の真摯な答えを遮ってしまう里芋。
   ↓
あに 「ちょっと、最後まで聞けって。
   里芋を幸せに出来ない、それは事実だ。
   結婚は出来ない訳だし」
いつもなら、これに逃げる兄だったが、今日は違った。
里芋の本心を見て、考えたのだ。自分の本心と、その方向性について。
   ↓
あに「だがな、普通の恋愛くらい、するのはいいのかもしれない。
   俺はそう思った。
   確かにほめられた事じゃない。先のない恋愛なんて。
   でもな、あにーは里芋がそれが出来るなら、考えたいと思っている。
   もちろん、里芋を不幸にする。周りを不幸にする。
   だからこれは、絶対に表向きにしちゃいけない。
   不倫と同じ…いや、それ以上に悪質だぞ。」
ちゃんと話してくれた。ずっと欲しかった兄の本心がそこにはあった。
里芋は、只々、泣き続ける。
   ↓
兄のした提案は、これ以上無いくらいに残酷だ。
結婚も出産も出来ない、ゴールが無く、通過ポイントも通れない恋愛。
その事が、里芋だって不幸にするし、周りの家族だって不幸にする。
でも、里芋にとって、初めて兄の肩を支えれる気がした。
   ↓
ほめられた事じゃない。絶対に、応援される恋じゃない。未来のある恋愛じゃない。

でも、里芋は。
それでも、あにーが好きで、愛してて、優しくて頭固くて泣きやすくてちょっと馬鹿な、
そんな【彼】を護れるようになろうと思った。

先のない恋愛でも、里芋は向き合って、精一杯愛して、
それで別れても、里芋には意味のある事だから、だからあにーと向き合って生きたいと思う。
   ↓
里芋 「あにー、言いたい事がありすぎて、うまく纏まらないんだけど…。」
里芋は、またもや泣いた。
けれど、これは、辛い涙や、悲しい涙や、怒った涙なんかじゃない。

嬉し泣きだった。
   ↓
あに 「じゃあ纏めてから喋れ。あにーはもう別に逃げたりしないんだからな」
里芋 「…もっと纏めれなくなった」
泣いてて上手く発音出来ない里芋。
   ↓
あに 「お前なぁ…。」
そういいながら、あにーが近付いて、頭を撫でてくれた。
昔から変わらないその優しくあったかい感触。
また泣けた。
   ↓
里芋 「あにー、やめれ、キモいっ…。それ以上、やったら、[ピーーー]っ…」
だが、泣きながら言う里芋の言葉には、あまり説得力がない。
あに 「ちょwwwwお前人がせっかく甘やかしてやってんのにwwwwww」
里芋 「…う…あーっ」
   ↓
不意に抱き締められた。
声に出して泣いた。自然に涙が出た。
   ↓
あに 「……」
あにーは急に黙ってしまって、里芋はひたすら泣いた。
今まで時間が、ゆっくりと溶けていく気がした。
   ↓
里芋の泣きがおさまった頃、あにーがポツリと呟いた。
あに 「里芋、頼む。今日は布団あっちにうつして寝てくれ」
里芋 「やだ。一緒に寝る」
あに 「だーっ、もう、あっちで寝れ」
里芋 「やだーっ! 今日くらい一緒に寝ろー!!」
あに 「あーもう、今日だから寝ないんだろーが、わかれーっ!!」
里芋 「え?」
いや、半分わかっててやってるだろ、里芋よ。
   ↓
あに 「だから、お前泣いてんじゃん。
   一応さ、【好きな女の子】の涙なんだよ。わかるか? かんねえんだろうなー」
里芋 「はぁ?」
あに 「あー、わかんねえならいい。とにかく移動しろ。」
   ↓
そして、里芋の布団は兄によって強制的に片付けられ、
ベットのある別の部屋に里芋は移され、現在、報告しているに至る。
   ↓
今の気分は、なんかほっとしたというよりも、むしろ真逆で。
報告にも書いたが、護れるようになろうと思った。
だから、なんだか、安堵よりもより一層の決意で満ちてる。
と、里芋。
上手くやっていくのは、相当困難が付きまとうだろうが、こんな里芋だ。
絶対大丈夫だ。
   ↓
そして、シリアスモードは一旦決着が付いた。
月並みだが、住人でこれを思わなかった者はいないだろう。
「里芋、よくがんばった。おめでとう。これからが正念場だぞ」
   ↓
シリアスモードが終わり、次に待つのは鬼畜安価&うp祭り!!
さすがvipper。血も涙も無いな。
   ↓
この後、今夜は、兄の所へ行くべきか行かないべきかが議論されたが、
兄の真剣でまだ理性の効いている意見を尊重するべく、コトは明日以降に、と決定。
里芋も、くたくただろうし、今日はこのあたりでおひらきと成る。
   ↓
805 :里芋 ◆krTAqutDsw :2007/03/25(日) 02:51:55.71 ID:BvckdcAO
じゃあとりあえず今日はあにーをそっとしておく。
里芋も流石に寝たいしな。

おまいら愛してる。特に>>815愛してる。

815 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2007/03/25(日) 02:53:25.29 ID:2jh6T/wo
805

なんという…。
   ↓





長くなったので分けてみる。
|