※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1スレ目の流れ


家族のスペックと現在の状況を>1が書き込む。
   ↓
兄が好きだが、嫌われてる可能性がある。
   ↓
DQN母とストレス姉にイヂメラレ、庇っていた兄がキレた過去を>1が書き込む。※参照
   ↓
スレ住人のマジレスに感化され、冷静になる>1。
   ↓
自分の気持ちと兄との過去のわだかまりを解消するべく電話。
   ↓
と、思ったら、兄から電話が。だが、風呂中の>1。
   ↓
風呂上りに>1が兄に電話。すると、兄が>1の所に来るらしい。
   ↓
兄が車で来た。兄と一緒に、車で夜のドライブ。
   ↓
安価のトミノの詩を読んで>1が泣く。>1「私もずっと、そんな気分だったよ」
   ↓
一時の沈黙。嫌な雰囲気継続。 兄「お前さ、俺の事好きだろ。>1姉からずっと前に聞いてた」
   ↓
兄「>1。俺は>1が嫌いじゃないぞ。むしろ好きだ。妹ととしてか女としてかと聞かれれば、当然前者だ。
  …が、しかし。女として好きだった」
   ↓
突然の告白。>1パニクル。兄「でも、昔の話だ。昔の話の筈だ」
   ↓
兄と>1、父の彼女宅に帰宅。
   ↓
兄は父と父彼女と談笑。>1は姉に「兄さんに犯されそう…」の安価メール。姉、信じて電話切る。
   ↓
ノーブラの上からユニクロのピンクのパーカーという格好の>1。
兄・父・父彼女の居る前で、安価により、兄の隣でチャックをギリギリまで開く。
   ↓
と、兄が>1のパーカーに手を進入させる。が、ノーブラで焦る兄。
   ↓
父を誘惑する>1。だが、父は親父ギャグが放ちつつ、ひんぬーイイ!!と言って彼女の鉄槌を喰らう。
   ↓
安価で兄の股間に茶を溢す>1。露骨にフキフキする>1に、兄シドロモドロでおっき。
   ↓
寝付けない>1。安価に兄メール「ksk」。兄の返信「vip見てないで太れ」
   ↓
さらに兄に安価メール「コンビに行きたいから付き合って」



    そして、物語は2スレ目の流れへと移行する…






※兄に嫌われてる、と>>1が思う理由。


母は私や姉に当たっていたが、兄の身体はひとつしかないため、辛い選択だが幼い>>1の方を庇う。
庇われなかった姉は母からのストレスに耐えかね、>>1を殴るようになった。
そのうち、母の暴力<姉の暴力の方が酷くなってたが、 兄はそんな姉の変化に気付いてなかった。

中学生時代のある日、台所で>>1が水を飲もうとした時、姉に見つかって首をしめられた。
本当に死ぬって思って叫んだら、兄が走って駆けつけ、本気で姉を殴り、姉の首を絞め始めた。
いつも優しくしてくれる兄の豹変を見て怖くなり、母に助けを求めに逃げ出した。

玄関で>>1がぼーっと現実逃避していると、しばらくして、兄と母がきた。
兄はお腹から血が出しながら、>>1に「悪かった。でも、もう俺に頼るな。関わるな。踏み込むな」
と言い、母と病院に行った。

母は病院から警察へ連絡がいって、観察処分。それでも暴力が続いたため、父が呆れ、離婚。

 >>1曰く
  兄はあの事を自分の責任だと思い、今は限りなく優しくしてくれる。
  でも、絶対に一定の距離をひいて。
  姉とはその後、仲良しになったが、未だに私は姉を許せないと心のどこかで思ってる。
  だから、兄もそうじゃないかと思ってる。



【vipperのらしからぬマジレスにより、マジになって考えてしまった>>1の出した結論】


自分の気持ちを考えた。私が兄を好きがどうか。答えはNOだ。

仮に、YESだったとしても、私はきっと兄と肉体関係は持ちたいとは思ってない。
という事は、NOなのだと思う。

単純に前のように愛されたいんだ、と結論。
これじゃ、憧れと恋愛感情との勘違いとカワンネだな。

だが、今から電話しようと思う。
あんま格好いいもんじゃないが、過去との決着ってやつだな。
それに、恋愛感情抜きで私が兄様を好きなのは変わらん。



名前:
コメント:
|