フォースシリーズ登場人物(セカンドフォース)

 フォースシリーズの登場人物たち。
ファーストフォース~ネオフォースまで全て、カンマス住民の名前が使われている。
無断で使っているがHNだからOKでしょう(爆

また、この頃からHNを変えた人を何らかの理由で登場させるという手法を取られている。
単に名前を変えただけの同一人物だったり、生まれ変わりだったり、あるいは兄弟だったり、過去の英雄だったり。
と、まぁ様々な方法で登場している。読者にとっては混乱の種でもあるが話の破綻は案外起きない。

登場人物

 当然登場順です。


過去回想


カンマス王

 カンマス王国の王様。王様なのに割とフランクな人物、しかし有事の際は威厳たっぷり。
回想の中ではまるで自衛隊コピペのように重要なはずの四天王によく知らない人物を勧誘する。
そのツケが回ってきたのか、物語中では牢屋に閉じ込められる事に。

ビンババ(also。)

 当時の、つまり先代のカンマス管理者。フォースシリーズの鍵とも言える重要人物。
かなりの力を持った管理者だったらしく、当時を知る者からの評価も高い。
しかし、神器の力に飲まれて非業の最期を遂げる。死者の世界、楽園国に在住。ネクストの舞台である五年後も。
楽園国には輪廻転生の概念は無いのだろうか、その内死人で溢れかえりそうである。

ヒクロ(緋黒)

 始まりの回想、そしてセカンド全編に渡って微妙に暗躍するSDK団のボス。最初から最後まで前座ボス臭が拭いきれずに最期を迎える。

蒼井(蒼星龍)

 回想ではムクを連れ出した事、ファーストでの戦いをするに至った経緯などを説明されている。
作中トライデントプシーやヴァンスなど、様々な事の鍵となるがフィフスの失敗、狂に飲まれるといった酷い扱いの末に死を迎える。

ダブル(Johan)

 回想、セカンド全編に渡って暗躍するまさにラスボス。彼の目的は事件の真相に繋がる重要な物である。のだがラスボスらしく常人には理解不能である。
さらに彼はオールフォースという、すべてのマイフォースを使える特別なフォースを使う。しかし作中でそれの説明は一切無い。フィフスに至っても。

ジン

 回想で事の真相を明かし、セカンド全編に至ってもリトルたちを助ける重要な役割を担う。現在も生き残っている数少ない人物でもある。

ムク(ムク)

 今回もあちこちでサービスシーンをやらされるお姫様。セカンドではネクストと共に他作品よりお姫様色が強く出ている。

チキン(チキン)

 回想にて一瞬だけ登場、also。は彼が嫌いなのだろうか。扱いが酷い。

ライル()

 ファーストへと繋がる物語を明かされる。今作でもやっぱりピンチに追い込まれる事が多い。そしていつまでも妖精の謎は明かされない。
セカンドでは狂化してカーライルになってガス(おならではない)を使って暴れまわる。繰り返して言うがただのガスでありおならではない。

クォヴレー(クォヴレー)

 回想での登場時からさっそくサイボーグになっている。彼が活躍するのは今作、マイフォースの披露や過去話など活躍の場も多い。
おそらく一番リトルたち大人数を相手に善戦した人物かも知れない。他のヤツラはどれもこれも1VS1ですら話にならない。


トレインタウン~ビッグエドシティ


リトル(also。)

 セカンドではトライデントプシーを手に入れる。そしてスターフォースの真の力を発揮させる。
しかし、各登場人物たちにスポットがあたるフォースシリーズセカンド以降、おまけに登場人物の多いセカンドでは影が薄い。
基本的にセカンドでは他に比べヘタレ、蒼井の死まで覚醒する事はあんまりない。しかし覚醒後はイケメンってる。

ヴァンス/黎渡

 黎渡の秘密が明かされたり、フィフスを使ったりと活躍の場は多い。セカンド、サードととても輝いていた頃である。

笑い(wwwの人)

 ムーブメントを披露したり、真の人格を惜しげもなく発揮したりと彼もまた活躍の機会が多い。
しかしセカンド内では最後までそのスケベっぷりでぶん殴られるだけ。

トム(トム)

 クシークローを手に入れ本格的に戦いだす。海賊島でのラージャン討伐戦は有名であろう。

アカイ(akai)

 彼も本領発揮、あちこちで強いんだか弱いんだかよくわからないフォースを見せつけ勝利を飾る。
しかし、敵が風船だったりなんだったりしてやっぱり強いんだか弱いんだかよくわからない活躍が多い。

サスケ(サスケ)

 本シリーズ本格参戦、いきなり敵として現れ、クシークローによってボロ雑巾にされる。
それなのに平然と復活して強引にリトルたちの仲間に加わる。ちょっとやりたい放題が過ぎるのではないだろうか。
マイフォースなのか汎用フォースなのか分からないフォースを次々と使って少し自由度高めに活躍する。

アクア(sugar)

 アクア、暁に死す。正直セカンドだと可哀想なまでにそれだけしか出番が無い。フィフスの初使用者だったりするがやっぱり死ぬ。


パイレーツタウン~エンディング


コナ

 川で洗濯をしていたところどんぶらこと流れてきたリトルたちを助ける。
とことこと関わりがあったり、海賊になったりと以前のヴァンに比べて待遇がいい。女性だからか。

エーツー

 受験を乗り越え、カンマス世界での戦いに身を投じる。のだが、活躍は登場時、海賊島、ラストダンジョンくらいしかない。

とことこ(とことこ)

 セカンドにおける強敵の一人。そして個人的にフォースシリーズ最高の敵役。
ニッチーの血を使ってサスケやカーライルを狂に染め、リオンを使って船を沈め、ドンマイグとともに海賊島で決戦を仕掛けた。
全身を針に変える強力なニドリアンアーマーを使い、スターフォースを封じ、リトルたちを追い詰める。

廉虎(頌龍)

 旧名アゴ軍曹。ドンマイグループリーダーにして創設者。以前のアゴはもうないがタイガーフォースを手に入れた。
ラージャンと化してトムやリトルたちに襲い掛かり、最後には討伐されマグマに消える。でも生きてた。

プラテレ

 おねえ口調の女性。蜘蛛のフォースでリトルを戦意喪失させるなど活躍するがヴァンス/黎渡のフィフスフォースによって生きたまま氷付けに。

ハリー

 硬いという表現にありがちなダイヤモンド並の装甲を持つ鎧の騎士、というか鎧。たぶんトンカチで叩いたら砕け散る。
何百年も昔の戦いの時に作られた鎧らしいが詳しい事は不明。というよりドンマイグループ全員謎生物なのに詳細は一切不明。
自分の持つ巨大剣とシンクロする事によりフォースが無くてもサスケと互角以上に戦う。剣を破壊されると自らマグマに身を投げた。

死神

 その名の通り、暗いマントに鎌を持った死神の姿をしている。でも本体は黒鎌という名の鎌。なぜ鎌が暴れまわっているのかは定かではない。

アカツキ

 光る風船。それ以上でも以下でもない。アカイの寸劇の前にあえなく圧死。

船長

 リトルたちを海賊島まで送った海賊船の船長。モブのくせに個性が強い。そしてウザい。
なぜ彼が船長をしているのか、それは誰も知らない。単に気がいいからだろうか。船員たちにはもう一度考え直してもらいたい。

リオン(リオン)

 元アトランティスの守り神。怪物として登場するが具体的な容姿は不明。個人的にデビチルのダハーカのイメージ。

ニッチー

 元ポーラリッチの守り神。怪物として登場し、狂の血やフォースを使って戦うという他の神とは一味違う活躍を見せる。
その姿は作中では言及されていないが、なぜかデビチルのニーズホッグのイメージで再生される。

ラスト戦闘ロボ/うおお

 最強の戦闘ロボとそれに埋め込まれた死刑囚。カンマス王国最強の盾となるはずだったが失敗して暴れだしてしまう。
そもそも死刑囚を使ったのが失敗の原因ではないだろうか。カンマス王も案外えげつない事をやるものだ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

アイスペニュース………アイスペユニヴァースが五周年達成したらしい!
  • 総計 -
  • 今日 -
  • 昨日 -

アイスペ住民


















  • 行方不明





更新履歴

取得中です。