くそみそアドベント

                       2                        1


これから下の項は上の作品をみて勝手に考えたフィクションです。
「ウホッ! いいライブメタル……」なんて流行ってません。
本気にして友達に話したら精神障害者だと思われます


くそみそアドベント(くそみそアッー!ドベント)は「vava族」2008年お絵かき板増刊「ババコミ」2号に掲載された婆川純二(通称婆二)の一話完結の漫画である。インターネット上での「ヴァヴァツーブーム」の火付け役となった作品であり、婆川純二の代表作。コミカルな作風と魅力的かつ個性的なキャラクター、独特の語彙でハンターでない者にまでファンを生み出した。

概要


ユーモラスな内容と、ハンターでなくともそれほど抵抗感なく読める作風であったため話題となり、さらにvava2ちゃんねるなどへ飛び火、作中のセリフ「ウホッ! いいライブメタル……」「やらないか」などの「ヴァヴァツー語」が、一部のネットユーザなどの間でブームとなった。


あらすじ


ハンターギルドに通う「変身少女である以外はごく一般的な女の子」であるアッシュ。ある日、宝を求めて、第二採石場目指して急いでいたアッシュは、その近くのベンチに座っていた男前の男性・ヴァンを一目見て、思わず「誰だお前」と引いてしまう。すると彼は突然タイツのホックを外し始め、自らの逞しいライブメタルをアッシュに見せ付け「やらないか」と誘うのだった。突如、この第二採石場がロックマンの伝説で有名であったことがアッシュの脳裏をよぎった……。

アッシュは、ヴァンに誘われるままホイホイと第二採石場に連れ込まれてロックオンさせられ、口技により出口まで導かれた所で目的を思い出す。するとヴァンはロックマンとして戦うよう命じ、自らもあっという間にロックマンになりアッシュを促す。戸惑うアッシュだが、ヴァンのロックバスターの格好の良さに感じ、意を決してヴァンのライブメタルによって変身し、戦い終るとともに宝を手にする。

ガゼロイドを倒したアッシュの前に現れたヴァンは、自らのライブメタルが大きいことをアッシュに確認させると、有無を言わさずライブメタルZにライブメタルXを挿入する。しかしアッシュは吐き気を訴え……。


登場人物


アッシュ (あっしゅ)
この物語の主人公。ハンターギルドに通うハンターであり、変身少女であると自覚している。第二採石場でのロック・オンは未経験であるにもかかわらず、いい宝があれば目的さえも忘れてホイホイ付いて行ってしまう好き者。その他の個人情報は作中では一切触れられていない。「私の性活論」と言う同作者の短編には同じくアッシュを名乗る女性が登場するが、関連性は不明。
ヴァン(ゔぁん)
自動車修理工の男性。タイツを袖まくりで着ているのが特徴。アッシュと同じく、その他の細かい個人情報は一切不明である。主人公の「誰だお前」と言うセリフからもわかるように、容姿は男前である。なお、同性愛者なのか両性愛者なのかは不明である。ロック・オンの熟練者であり、フォルスロイドでも構わず肉体関係を持つことができる。アッシュに「すごく…大きいです…」と言わしめるほどのライブメタルの持ち主。
性格は大胆で、やったこともないような特殊なプレイでも思いついたら物怖じせずにどんどんやってみるタイプである。アッシュとの間では、終始余裕の態度で彼女をリードしてやり、自らは作中では一度もチャージショットをしなかった。



※この作品はフィクションです。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

アイスペニュース………アイスペユニヴァースが五周年達成したらしい!
  • 総計 -
  • 今日 -
  • 昨日 -

アイスペ住民


















  • 行方不明





更新履歴

取得中です。