スクライド

『もっとだ、もっと、もっと輝けええええええええええええええええええええええええええ!!!!』



面白い。熱い男の殴り合いアニメ。
これを見たら心の中で何かが変わる。
OZイチオシアニメ。
もっと評価されるべき。


ストーリー
21世紀初頭の近未来(22年前)、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に原因不明の大規模な隆起が発生し、半径30kmの『ロストグラウンド』と呼ばれる土地が誕生した。日本政府によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人と崩壊地区の住人「インナー」という特殊な二層社会が形成される。そして何時しかロストグラウンド生まれの新生児の中に「アルター能力」という特殊能力を持つ者達が現れ始めた。彼ら全般は「アルター使い」や「ネイティブアルター」と呼ばれ、その中でも特に暴力や略奪を行う一部は「アルター犯罪者」と呼ばれるようになった。これに対して本土側はロストグラウンドにおける武装警察機関「HOLD」内に、アルター能力者による部隊「HOLY」を設立し、これに対応した。そんな中、ロストグラウンドの崩壊地区で生まれ育ったアルター使いカズマは、HOLYに所属するアルター使い劉鳳と出会い、物語は動き出す。

最重要登場人物
カズマ
本作の主人公。インナー(ロストグラウンドの未開発地区)で自らのアルター能力を使い、専ら非合法の依頼を請け負う便利屋の少年。身勝手で負けず嫌い、自分に嘘は付けず、短気で喧嘩っ早く、他者に媚びない性格だが、かなみを始めとした親しい者に対しては彼なりの優しさで接する。が、他者に甘えることを良しとせず、基本的に自らの掲げたルール・モラルにのみ従い、自分の始末は自分でつけるタイプ。
人質を取られていようと(かなみの場合ですら)相手の話を聞かず、とにかく攻撃をしかけるかなりの無謀っぷり。
元から強力なアルターを有し負け知らずだったが、ネイティブアルター狩りに出動した劉鳳に敗れる。それ以降彼をライバル視し、時にはその力を認めながら、急激に成長していく。第9話にてアルターの結晶体と触れ、能力が劇的に進化。劉鳳との一戦目の直後には、ホーリーからCマイナスクラスの能力者と認定され、軽んじられたものの、第13話における再戦時にはホーリー部隊隊長のジグマールから、劉鳳と同じSクラスと評された。
「カズマ」という名前は飽くまでも仮の名前であり、本名、年齢、出身地(アルター能力者であることからロスト・グラウンドのどこかであることは確かだが)は不明で本人もまったく覚えていない(但し物語上の設定では16歳)。同様に血縁者も定かでないため、声優陣に「主人公のくせに一番謎が多い」と言われている。過去に共同生活を送っていたストレイト・クーガーを兄貴と呼ぶが、義理の関係である。
知能は低く、1+1=3とまで答えてしまう様。ホーリーにおける学力テストでは五歳児相当と評価されてしまった。
更に他人の名を覚えるのが苦手で、寺田あやせやビフのように接する機会が少ない相手に対して、名を思い出せずに悩む場面が幾度か存在する。これは義兄クーガー譲りの特徴であり、クーガーは他人の名を「間違え」、カズマは他人の名を「思い出せない」。反面、大切な存在であるかなみや、親友の君島の名前は普通に覚えており、劉鳳に対しては直に名を問うた上で強く脳裏に刻み込み、更に自分の名を劉鳳へ明かし、刻ませている(劉鳳がカズマにとって特別な存在である旨を印象付けている)。
拳の破壊力は元から強く、アルターに侵食された腕になってからはコンクリートさえも軽々破壊出来るほどに。
13話の戦いで右目が劉鳳に潰されたとあるが、アフターによると視力自体は無くなっておらず単に瞼が上がらなくなってしまっているだけのようだ。


劉 鳳(りゅう ほう)
ホーリー隊員であり、本作のもう一人の主人公。己の信じる正義を貫き、その正義に殉ずる不器用ながらも一途な男。17歳。
幼馴染の水守や同僚のシェリスから想いを寄せられているが、どちらに対しても積極的に心を開く事はない。
連(むらじ)経済特区(通称ロストグラウンド)を実質統治する名家の子息だったが、幼少の頃母親をアルターの結晶体に殺害され、その際にアルター能力を覚醒させた。この事件をネイティブの仕業と勘違いし、ホーリーに入隊、ネイティブアルター狩りを行う。そんな中でカズマと出会い、当初は実力差から相手にもしていなかったが、カズマの成長を目の当たりにしライバルと認めていく。
カズマと正反対の行動様式を装っていながら、その実、似た者同士という点をカズマから指摘される。カズマに言わせれば、劉鳳は時と場合に応じて聞こえのいい大義を掲げつつも、やっている事自体はカズマと大差無いという(カズマは不言実行、劉鳳は有言実行)。
13話でのカズマとの戦闘中に初めて「向こう側の世界」に入り込み、それを機に記憶を失い、ホーリーを離脱。かなみとの触れ合いを通してインナーの住人に心を開いた後に記憶を取り戻すが、ホーリーへの復帰は拒み続けた(ホーリー隊員としての自分ではなく、ホーリーの理想を貫くネイティブアルターとしての自分を選択)。
カズマとは前半何かと敵対する事が多かったが、後半からは敵と見定めている相手が彼と一致しているせいか共闘する事が多くなる。
最終話のラストシーンでは、数年後は長髪になっており本土側と戦い続けていることが確認出来る。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

アイスペニュース………アイスペユニヴァースが五周年達成したらしい!
  • 総計 -
  • 今日 -
  • 昨日 -

アイスペ住民


















  • 行方不明





更新履歴

取得中です。