デビルズストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大魔王の小説。

大魔王の部屋で書いていた物を移してきた。

プロローグ

この美しい地球には「デビル」と言われる微生物がいた。

その「デビル」は大きさは人間の細胞の1つと同等の大きさだった。

なぜ「デビル」はそんなに小さいのか。

それはこいつらには寄生能力があり、人間の細胞1つを壊し、

その場所に入って細胞の1つになる。

さらにそのあと他の細胞全体に「デビル」の力を与え、

その人間が死なないようにして生きていた。

そもそもデビルは何処にいるかというと何処にでもいる。

「雪のデビル」なら雪にいて雪の力を持っている。

その「デビル」の話です

登場キャラ

  • 阿熊 武

  • 阿熊 亮

  • ボルカニック・デビル

能力例

  • 目を開いている間は自分から半径1メートル以内は時が止まる能力。

  • 自分が選んだものを違う空間に飛ばす能力。

  • 伊藤 伝輝(電気を操る予定)

  • 陰内 隼人(影を自由自在に使う能力を持つ予定)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

アイスペニュース………アイスペユニヴァースが五周年達成したらしい!
  • 総計 -
  • 今日 -
  • 昨日 -

アイスペ住民


















  • 行方不明





更新履歴

取得中です。