プラネットダイス

・・・・・・・・ 今回の話は ・・・・・・・ すごろく ・・・・ です ・・・舞台は・・・・天国と・・・地獄の・・・間・・


トムの書いていた小説。

ストーリー

天使は迷っていた。地獄か。天国か。もしくは・・・・

「うわぁぁぁぁ!!!!」

古びたナイフ工場。クレーンの真下に寝転んでいたのは、一人の少年だった。まぶたが動いているようにも見えたが、どうやら錯覚らしい。

少年の肌の色は完全なホワイトに染まっていた。どことなく蒼が混ざる中、少年の目の周りだけは、全てが白だった。

ウーウー

雲ひとつない青空の下を、パトカーは残酷なうめき声を上げながら走行していた。

この事件の真実を知っているのは、この世に4人。

ヤクザに絡まれた女性をかばいに入った。その小さな体で。

あまりにベタすぎて、笑いをこらえた者も居たようだが、ここまでくると笑えなくなっただろう。夕飯時にこんな話しなければよかったと思う者が、殆どだろう。

大々的にニュースには流れたが、「あっち」に行った少年には関係がなかった

天使はあの言葉を思い出した。そうだ。ヘルンだ。天国と地獄の狭間、錠界だ。

この後少年は錠界に連れていかれることになる。

RPG

それが少年に課せられた使命だった。

ゲーム

サイコロを振って進みます。

それだけです。

ゴールにつけば生き返れます。

ゲームオーバーしたら地獄行きです。

それだけです。

これを見ると、wwwの人の書く天界セカンドライフに若干似ている。

登場キャラクター

響 童-ヒビキドウ

彼は現世滞在時、さまざまな悪事をつみかさねてきた。
それも影でこそこそと。人前ではエリート。特待生として、学校からは特別な扱い方を受ける事もあったようだ。
バレずにカンニング--
彼は自分のためならなんでもする、非常にタチの悪い生徒だった。しかし、そんな事は知るよしもない。
父はプロボクサー。文武両道、近所からも期待の星だった。

タイコマン

「コイツはあなたのナビ、タイコマン。」
紅き球体には目が2つ、まぎれもなくついていた。
「ワケありでいまは球になってるが、ま、気にすんな。」
良く目をこらしてのぞいて見た。口らしきものもついている。鼻はないようだった。
「大丈夫だ。別に、戦う時は元に戻れるし。」
ヘラヘラ笑っているようだった。童には、それが見えた。

天使

ゲームの説明をする物。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

アイスペニュース………アイスペユニヴァースが五周年達成したらしい!
  • 総計 -
  • 今日 -
  • 昨日 -

アイスペ住民


















  • 行方不明





更新履歴

取得中です。