※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/09/07 13:32
件名:フレンズ~幽霊が囁く駄洒落100選~

―親友…

みなさんはこの言葉をどれだけ信じる事が出来ますか…?


ペンチ『…良い店あるのよ、巣鴨に』


ペンチ『壁にはそりゃあずらりと昭和初期をリードした歌謡界の大御所の写真が…』


ペンチ『もちのろん僕が神様と崇めている東海林太郎先生もおいでで…』


ペンチ『…』


ペンチ『斉藤氏…聞いていますかな?僕のお話を』


駿『え!?ああ聞いてる!聞いてるよペンチ』


ペンチ『…ったく、斉藤氏は何やらさっきから面妖な人形遊びに夢中のご様子』

ペンチ『まさに心ここにあらず』


駿『す、巣鴨の歌声喫茶だろ?聞いてた聞いてた』


ペンチ『かああああっつ…!!!!』


駿『…!』


ペンチ『ただの歌声喫茶ではありませんぞ斉藤氏、あの店では昭和初期の歌謡曲中心で、
演歌だのフォークだのそんな野蛮な歌を扱ってはおりませんが何かっ…!?』


駿『…ご、ごめん』


ペンチ『だいたいその!!』

駿『ちょ…!!』


ペンチ『人形をいじりながら話す事自体不届き千万…!』


駿『馬鹿やめろ!!』

ペンチ『キエエエエ…!!!』


―ヒュン!!


駿『真琴!!!』


ペンチ『ふふふのふ…』

駿『ペンチ…!!』


駿『君は金輪際僕に一言も話しかけるなっ…!!!』


ペンチ『!』


ペンチ『じょ…冗談でござんしょ?』


駿『話…、かけるな』

ペンチ『…』


ペンチ『斉藤氏…』



2007/08/21 13:39
件名:月光

★☆★☆★☆
私の秘密、貴方だけにこっそり教えます。
naoko
↓↓↓
090-1150-1150
☆★☆★☆★


駿『…』


―attack!!!


―プルルルル…

―ガチャ!


駿『naokoさんあの…!!』


naoko『…』


駿『naokoさん僕ですあの、この前はどうもすみませんでしたあれからいろいろと』


naoko『…風邪ひいて熱あるから、切る』


駿『1分…!!1分だけ…!!!』


naoko『ほんとまずい』


駿『世界は…!きっと君の世界は』


―ブツッ…!!


―ツー、ツー、ツー…

駿『…』


駿『ふぅぅぅ…』


駿『…』


―hit...




2007/08/17 13:27
件名:見失った光の針のすべて

―2014年夏・SEXTOKYO

※『えー次はー、新宿大仏前ー、新宿大仏前ー』


―ガタンガタン…


駿『…』


駿『…結局、光の速度をもってしてもエヴァの前売り券が買えるわけではなく…、七年も
の時間を悪戯に過ごしてしまった自分に絶望した…、自分の素行にはっきり行って絶望し
た』


駿『…な~んて』


駿『昔連載してたどっかの漫画で言ってたっけ…』


虚無僧『…やれ東だ、やれ西だ』


虚無僧『やれBの何番だ、への何番だ…』

駿『…』


虚無僧『君の噂じゃないのかね、そういう番号で…』


駿『違いますよ…コミケの話でしょ、僕には関係ありませんよ、別にサークル出場もして
いないし、買いたい本だってみあたりませんから』


虚無僧『…』


駿『だいたいあなた…』


虚無僧『見ていくか…、新宿のカラー大仏』

駿『ちょっ…』


虚無僧『良いもんだぞ…、何かこう、あきらめがつくやもしれぬ…よくはわからんが』


駿『…ったく』


駿『いっつも強引なんだから…』


―すっかりと変わってしまった東京、そして突如現れる謎の虚無僧、駿平ははたしてエヴ
ァの前売り券とは引き換えに新しい未来を切り開けるのか!?


以下、次号!!




2007/08/16 13:22
件名:分子が分母を殺す朝

―駿ぺけちゃん!

ё『ほいな!』

―あらマドモアゼル。駿ぺけちゃんは?

ё『疫病が蔓延して…』


―嘘おっしゃいな、さっきまでピンピンしてたわよ笑

ё『へへ…本当はエヴァの前売り券を買いに』

―なるほど、もうすぐだものね

ё『うん、でもね、ここから地球へは約7光年くらい離れてるから精神的に間に合わない
と思うの』


―いやいや、それ物理的に間に合わないわよ、普通に7年かかるもの

ё『せっかくの前売りが前じゃなくなっちゃう…』

―まあ、そうよね


ё『んー…まあ、駿ぺけちゃんの話はこれくらいにしてもっと楽しい話をいたしましょう

―随分あっさりね笑、何の話にする?


ё『時事ネタがいいかな…』

ё『すごいらしいわねアサショウリュウ…』
―何がすごいの?

ё『オスモウが。…アサショウリュウはオスモウがオオズモウになるって、オンリーワン
よりオンリーユウだって』

ё『カンコクジンがみんな言ってるみたい』

―うーん、何がなんだかわからないけど、まあ楽しい感じは伝わってきたわ

ё『へへ…ありがとう』




2007/08/14 13:05
件名:199X年と人類滅亡光線を白羽取りする一人の男

◆劇場版エヴァのラストシーン◆

人類としてやるべき事をやり尽くした駿平、表情は安堵ともとれる優しいもの、チラ見す
る綾波、碇ゲンドウ『やっと会えたなユイ』、場面暗転、空には血飛沫のかかった月、全
裸で重なりあうシンジとアスカ、それを無表情で見つめる全裸の駿平、アスカ『気持ち悪
い』、動揺を隠せない駿平、突き刺さったままのロンギヌスの槍がキラリと光る。駿平『
帰ってシャワーでも浴びたい、そんな気分…』三人は目線をそらしたまま。



2007/08/14 11:11
件名:眩暈のするような人でいたい

  • 薄幸そうであまり他人には簡単に心を開かない

  • イメージカラーはずばり"白"

  • 自分と趣味や価値観の会う

  • 顔立ちは、あまりとやかくは言えませんが"美人"と言われる感じで

駿『そらいけ!!』

―検索…!!!


―上記の項目の対象者は28302515件です


駿『…にやりとしてしまいますよ、これは…』




2007/08/13 13:29
件名:インポテンツ&ダークネス―拝啓、からっきしな奴等―

バイク『シュンペイサン、キョウモネグルシイヨルニナリソウデスヨ』

バイク『クーラーノセッテイオンド、ソレニアワセテニドサゲテオキマシタカラ、ネ、シ
ュンペイサン』


―ガチャ…

駿『…』

―キュルルルル…

―ガチャ…

バイク『シュンペイサン、キョウモネグルシイ…』

駿『…』

―ガチャ…

―キュルルル…

―ガチャ…

バイク『シュンペイサン…』


―ガチャ…!!


駿『おい…』


ホセ『やめなさいよアンタ、レースの前にそんなさ』


駿『俺の勝手だ』


ホセ『しょうがなかったんだって、あの事故は…、俺でもあのヘアピンは曲がれなかった

ホセ『命があっただけでも奇跡みたいなもんだ』

駿『インポテンツ&ダークネス…』

ホセ『…』

駿『まるで二度と勃たない男性器のような形の急カーブ…』

ホセ『あまりの危険度にチン○も勃ちゃしねえ的な意味合いもかねてやがる…』

駿『くそったれだ…』

ホセ『…まあ、これでも飲んで頭冷やせ』


駿『メキシコークか、好物だ』


ホセ『しかしまあ…』

ホセ『ほんとに暑いな』

駿『ああ…』



2007/08/08 13:15
件名;神の握手



2007/08/08 13:15
件名;神の握手

―駿ぺけちゃん!

駿『…』

―駿ぺけちゃんたら!!

駿『…!』

駿『ぷわはっ…!えほっ!!げほっ…!!』

―何してるの???

駿『息止めて遊んでた!!!!』

―笑、ねえ駿ぺけちゃん、ちまたではいわゆる"都市伝説"とかがはやってるみたいだけど
、駿ぺけちゃんは何かそういう話知ってる?

駿『…』


―駿ぺけちゃん!!


駿『ぷぷっ…!ぶわっはっ!もーっ!!ちょっと笑わせないでよ!』


―都市伝説!!

駿『んー…、昔小学校の給食の時、隣りに座ってた女の子が突然吐いちゃってその時僕「
うわっやだな!」って思ったの、それからその子がみんなにからかわれるようになったん
だけど、僕隣りだったってだけで「○○菌」とか呼ばれたから嫌で学級会の時にその事を
言おうとしたの』


―それで?

駿『なんか言いずらかったから言うのやめちゃったけど』

―駿ぺけちゃん

駿『ん?』

―お口チャック!

駿『…!』


ところで駿ってどこにいんの?これ


…それがさあ、 わっかんないんだよね

おっかねええええ!

確かバイクと別れてから長野の山中で謎の住職とエウレカ様の話をしてて…
いつの間にかここへ

ちなみに駿平は神の医学であるところの『童貞再生』の手術を受けたのでは〔受けさせら
れた〕という噂もある




2007/07/17 12:17
件名;ハチクロの感想


以前から評判も聞いていたし興味もあったのだけれどなんとなく避けていた作品『はちみ
つとクローバー』を読む。

面白い。

昔から少女漫画特有の『ご都合主義』がどうも自分の肌にはあわなくて敬遠してきたが、
羽海野チカという作家はどこか―以下略―


追記、キスシーンはあった。




2007/07/10 16:43
件名;日立

―駿ぺけちゃん!

駿『んー…?』

―随分うわのそらね


駿『飛行機雲見てんの』


―昔の事を思い出してるのね


駿『5000m上空から見たこの世界はあんなに小さかったのに、こうして地上に降りたとたん
にすごく大きな存在になるの』

―哲学的ねえ

駿『へへ…、女の子にもてたくて』


―もてないわよ


駿『…』


―でもね駿ぺけちゃん

駿『ん?』


―人はみんな…、長い長い時間を旅する

―旅人なのよ…


駿『…』


―駿ぺけちゃん、一体何処へ?


駿『おしっこ!!!』

―この"忘却の丘"にも、もうじき遅めの夏がやってきます




2007/07/04 13:30
件名;無題


―世界系の男の人ってふだん何食べてるの~?


駿『パン!!!』




2007/07/04 12:11
件名;はあとぼっくす

上司『駿平君も飯行く?』


駿『…いえ、今日はこれがあるんで』

―ガサッ

上司『ん…、チョココロネ?はは、そんなもんで腹いっぱいにはなんねえだろ』


駿『胸はいっぱいですが』


上司『?、まあいいやよくわかんねえけど』

駿『チョココロネって…』

駿『なんか貝みたいな形してますよね』


上司『うんこみたいな形じゃね?こう…、巻いてある感じの』


―listen...



件名:オールスター

2007/07/03 18:11
件名:オールスター

ジャニー『ユー…、そんなところでまだふくれっ面?』


シュン『今年からポロリが無くなりました』

ジャニー『…しょうがないじゃない、報道規制には勝てないんだから』


シュン『僕がジャニーズに入った理由』


ジャニー『水泳大会でおっぱいポロリをまのあたりにできるから…でもねユー』


シュン『よくわかっておいでじゃないですか…、ジャニーさん』


ジャニー『…』


シュン『もう出ませんよ、メディアには』


ジャニー『ちょっと待ってよ…!』


―バンッ!!!


シュン『ジャニーさんは女の人のおっぱい見た事あるんだろっ!?』




2007/07/02 17:21
件名:ルイーダの遺影Ⅱ

今日は旅の人から『ちからの種』をもらった。いまさら強くなっても…[別にセックスがで
きるわけじゃなし]と思いながらも少しばかりの好奇心にかられて食べてしまう。味はあま
りしないが口の中にいつまでものこる感じ。にわかに強さが増した気になれたのだがやは
りこの胸のしこりはなかなかとれない。明日こそは街をちょっとだけ出よう、ここに書く
とはそういうことだ。


追記。最近ルイーダの酒場には男の戦士ばかり、考えものだ。



2007/07/02 13:35
件名:音楽と人

駿『きれいな音楽は好きですよ、クラッシックみたいなそういう不思議な感じの』


駿『はい、坂本真綾さんとかですかね、とても澄んだ声で好きです』


駿『笑、うるさいのは受け付けないなぁ…、電車の中でイヤホンからシャカシャカ音漏れ
とかしてると、…うーん、そんなに音楽って良いもの?って、頭の中に疑問符がいっぱい
になります、はい』


駿『歌かぁ…、あまり自信がないですが、会社の二次会でカラオケとかになったら、まあ
、しかたなし歌いますかね笑』


駿『槙原敬之です』


駿『ありがとうございました』



2007/06/06 15:50
件名:神の手~つまりはこういう…~

神『駿、お前は今までよく悩んだので、童貞を消失してあげましょう』


駿『は~い』


―カッ…!!!


駿『…』


駿『あれー…』



2007/06/06 15:03
件名:アフタヌーンティを床にこぼして


―竹内まりあの新譜を買った人!この指、と~まれ!


駿『わんばんこ~』


―あら、駿ぺけちゃん。


駿『どうしよっかな~…』


―駿ぺけちゃんは買った?竹内まりあの新譜。


駿『まだ!!!』


―とっても良いわよ


駿『どうしよっかな~…』


―駿ぺけちゃんうしろうしろ!


駿『ん?』


―馬鹿が見る~


駿『あちゃ~…、やられた…!』


―世界が平和であるといいわね~


駿『ね~』



2007/06/04 13:12
件名:ファッショ

※『はみだし王子ー!!』

※『はみだしてぇ…!!』


かえる大臣『ご婦人方がお呼びですぞ、王子。』


駿『うん』




※『ギャー!!!!』


駿『静粛に静粛に』


※『しーん…』


駿『コホン。』


駿『僕はまだ、本当のオルガズムスを味わっていない―』


※『ギャー!!!!』



かえる大臣『王子はますます大きくなられましたぞ…』




2007/06/01 18:59
件名:一服

―駿ぺけちゃん!


駿『ん?』


―何飲んでるの?


駿『かんぽ!』


―かんぽ?


駿『心が穏やかになるんです』


―眠くならないの?


駿『スーッ…』


―大きく息を吸い込んで…?


駿『副作用…すっげ』

―お大事に!!!



2007/06/01 17:06
件名:がっちり(エロ広告メール)

2007年度日本流行語大賞『新海マジック』が特別賞に入選、昨日授与式が行われた。斉藤
駿平氏と映像クリエーター新海誠氏が壇上にてがっちりと握手。






2007/06/01 13:23
件名:奇声をあげるこども社絵本シリーズ『アダムとイヴ』

駿『禁断の果実を取るのはいかがなものか…』


イヴ『アダム』


アダム『イヴ』


駿『あちゃ~…』


神『ちょ…!もうっ!!』


駿『ほらおいでなすった』


神『だめ~…、君その、ここはそういうのだめだからあ…!』



駿『ほら言わんこっちゃない…』


8000年後


駿『やば…』


駿『あれ俺だわ…』




2007/05/24 11:46
件名:日輪

2007年夏、八ヶ岳―


―カナカナカナ…


ё『…』


駿『…』


ё『目を閉じなさい』

駿『…はい』


ё『右手をokマーク、そして左手の中指を突き立ててみなされ…』


駿『…』


ё『中指をokマークの輪にいれるのだ』


―ゴーン…


駿『和尚』


ё『何が見える』


駿『黒髪の女の子が駅のホームで僕を待っています』


ё『ほうじ茶はわかるか』


駿『ほうじ…』


駿『…茶』


ё『…うむ』


―カナカナカナ…




2007/05/22 15:58
件名:3000000000

―あなたがドラクエⅢで主人公につけた名前は?


駿『…覚えてません、多分…自分の名前です、勇者、しゅんぺい』


―4文字までで駿平では入りませんが。



駿『…』



―では、次の質問。

―あなたは子供の頃、どんな遊びをしていましたか?


駿『そろばんを習っていたのであまり長くは遊べませんでしたが、よく、自転車に乗って
いました…』


―一人で?


駿『覚えてませんでも、隣り町まで自転車でよく行ってました』


―何がありました?


駿『団地…があったように思えます』



―この写真を見てください


駿『誰ですか?』


―あなたと幼少期によく遊んでいた人ですよ?


駿『…ああ、大谷佳代ちゃんです。そうだ…』


―2学年上ですが。

駿『はい、近所に住んでいたお姉さんです、懐かしいな…』


―すいません、写真を間違えていました。


駿『…』


―今日はどうも有難うございました


駿『どうも…』



2007/05/22 12:43
件名:西の時計塔と戒厳令

※『シュンがセックスしてからというもの西の時計塔の針が止まっちまったのさ
…』


※『おい聞いたか!?シュンがセックスした晩からモンスター達が暴れ出したっ
て話だ』

※『お兄ちゃんたちもセックスするの?』


※『此所はクロックサイドの街、時を超える街よ…』


※『にゃーん…』


※『シュンも昔はやさしい奴だったんだ』



2007/05/22 12:43
件名:西の時計塔と戒厳令Ⅱ

※『西の時計塔の針が動き出したんだ、シュンはまだセックスしてなかったのさ


※『おい聞いたか!?シュンのセックスは嘘だったそうだぜ、やっばり風の噂は
あてんならねえなあ!』


※『お兄ちゃんたち、セックスしちゃだめよ?』


※『此所はクロックサイドの街、時を超える街!』


※『にゃーん』


※『シュンも昔はやさしい奴、今もさ!』


駿『お騒がせしました…』


happa wrote:
シュンはどこにいたの!?



2007/05/22 12:52
件名:Re: 西の時計塔と戒厳令Ⅱ

西の時計塔最上階の振り子の裏に隠れてた。
ミニデーモン三体に襲われてたよ




2007/05/21 17:53
件名:しゃかりきコロンブス

happa wrote:
服装が大友っぽいんだよな、駿
バイクのりだからな!
今どんな服着てるの~?^^



―しゅ~ん、ぺ!


駿『ん?[メキシコーラをあおりながら]』


―何着てるの?


駿『…』


―あ、めんご!メキシコーラが口一杯に含まれてて喋れないのね


駿『ごくん』



―何着てるのー!?


駿『シャツ!!!』



A.シャツ