※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 -眩しい・・・

真っ白だった彼の意識は急速に覚醒する。
「ここは・・・?」
彼は視界の上半分が暗闇のまま辺りを見回す。
そこはいつも自分が寝起きしていた自宅の部屋ではなかったのだ。
「・・・」
だが、寝ぼけている頭は正常に働かずに『これは“夢”』と判断した。