SSみさと3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「追いかけたいのは山々なんですけど…」

主夫根性の悲しさ、手にした容器をきちんとゴミ箱に放り込んでから、

「いま追っても、即時殲滅されるのがオチですから…。
もう少しだけ、アスカが疲れるのを待たせてください」

幽玄めいた生気の無さ。

「疲れてるわねえ」
「疲れてます…」
「いっそ、少しの間でもアスカと離れて暮らす事、考えた方がいいんじゃない?
距離を置いてお互いの事を見つめなおすっての、何も結婚後にやっちゃいけないって
法は無いと思うけど?」
「それだと、アスカの方が先に参っちゃいますから。難しいけど、頑張ります」

夫婦の機微って奴にも色々あるのよねえ。
未婚のミサトには想像の域を出ないものだが、シンジのそれが、アスカに境界線を
踏み越えさせないための、苦汁の策だということくらいはわかる。



と、そこでミサトのデスクの電話が鳴った。

「もしもしぃ?」
「ミサト?いまアスカを追い返したわ。ああなるとまるで子供ね。
すっかりしょげかえって、半べそだったわよ」

あっちゃあ、薬が効き過ぎた!

シンジの走り出す気配に、

「大回りになるけど、ルートはO-37を使いなさい。電算区域で携帯電話は通じず、
ここともリツコの部屋とも離れてるわ。AOジャンクションで接敵できるでしょ」

ありがとうございます!
遠ざかっていく声と後ろ姿にひらひら手を振りながらミサト。

「あんなんでも夫婦ってんだから、なんなんだかねえ」

苦笑を禁じ得ないが、かといってアスカの面倒見られる他の人間ってのも、
そう簡単には思いつかない。

「ま、結婚が人生の墓場ってわけでなし。アンタたちみたいなのは、
墓場を花畑にすることでも考えながら、毎日過ごしてりゃいいのよ」

椅子の上でぬーっと伸びをしてミサト。
カップ麺くさいげっぷを漏らして、そう思った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。