土曜日の夜に・・・


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は土曜日。新婚夫婦にとっては待ちに待った日でしょう。
言わずとも、この二人も・・・



「シンジィ~! 一緒にお風呂入ろっか?」
「う~・・・ん」
と中途半端な返事をする。
温泉などでは一緒に家族風呂に入ったことがあるので別に恥ずかしい訳ではない。
問題なのは二人一緒に入るにはこの家の風呂が狭い事である。

案の定、狭い。実際二人で湯船につかるとお互いの脚を絡ませて入らなければいけない。
「やっぱ、狭いね・・・」
「うん」
「じゃ、アタシが先に体洗うから、その間ゆっくり浸かってなさい!」

ゴシゴシ
                    シャカシャカ
     ワシャワシャ

(・・・20分経過・・・)
「まだぁ、アスカ?」
「うっるさいわね~!乙女の柔肌はデリケートなのよ! 時間が掛かるの! それくらい判りなさい!」

「乙女じゃないくせに・・・」
「!!  なんか言った!?」
「いえ、別に・・・」

「人の大切なもの奪っといて、そういう事言うんだから! やっぱりバカシンジだわ!」
本音を言えば今日は土曜日。明日は当然休みなので、夫婦の営みには最適な日である。
アスカも気合が入り、いつもより念入りに体を洗う事としたのであった。

(・・・30分経過・・・)
(そろそろ、いいかな?)
「シンジ、いいわよ 交代ね! アンタもしっかり洗いなさい・・・っよ!!」

振り返ったアスカは、かな~~~り驚いた。
目の前には、湯船の中で真っ赤な茹でダコになったシンジの姿があった。

「ちょ! ちょっと! バカシンジ!!  なにやってんのよ~!」
「・・・オッファ~・・・」

とりあえず、アスカの介抱により無事に済んだシンジであったが、
今週の夫婦の営みはお預けになったそうだ。

         めでたし、めでたし

「めでたくなんかないわよ!!  くそう・・・ 来週こそは・・・」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。