ゆりかごの詩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆりかごの詩。
『ゆ~りかご~のう~たを~…』
『カ~ナリアがう~たうよ~…』
聞こえてくるのは小波の音とアスカの子守歌。僕の視界には青い空が広がっていた。
『シンジ』
アスカが呼び掛けてくる。いつものツンツンした声じゃなく、柔らかく優しい音色。
僕はその音色に答えようとした。
『シンジ』
なぜだろう。
あの時聞いた母さんの声と被って聞こえる、懐かしい母さんの声だ。
『シンジ、アンタの選択は間違っていなかったのよ』
『アタシはアンタと一緒に居られた』
『それだけでも素晴らしいことよ?』
アスカ。
僕は…君を守れなかった。
『シンジ、アタシが居なくても浮気しちゃダメだからね。したら絶交よ、離婚よ』
僕はそんなことしないよ、…怖くて出来ないよ。
『シンジ。』『ありがとう。』
アスカ…アスカ!
僕は、僕は…アスカがいないと…!

アスカァァァッ!

「…シンジ?」

…ゆっくりと目を開ける、そこにはアスカの顔があった。
どうやらアスカの膝で居眠りをしちゃったみたいだ。
夢だった、僕は夢を見ていたんだと確信した。
そしたらふと涙が零れる、ポロポロと止めどなく涙が溢れる。
まるで子供が母に泣きつくかのように顔を押しつけた。

「変な夢でも見たの?」

僕は声を上げ泣き続けた。ひとしきり泣くと僕はアスカに顔を向ける。

ねえアスカ、僕はどんなことがあっても君を守るから。
僕はもう臆病者なんかじゃない、絶対に君を守るから。

そう心に誓い、僕はアスカの頬に唇を添えた。


アスカ、これからも一緒に居て良いかい?
結婚記念日、おめでとう。

そして、ありがとう。

補完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。