ミズキ、誕生


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『シンジ……シンジ…』

『…母さん…』

『……おめでとう…』


…母さん?
…変な夢を見てしまった、これも仕事の疲れだろうか。

「…久しぶりに母さんの夢を見たな…」
懐かしさと、まだ残る母のぬくもりに恍惚としていたけど、それを時間は許してくれない。
「起きなさ~いっ!バカシンジッ!」

…朝から元気だな、…ああ…今日は朝早くから会議があるんだった。
…?そういえば、起こしにきたアスカの顔色を見てみると、なんだか暗い。
「アスカ…顔色悪いけど大丈夫?」
「…フッフン!アタシはいつだって元気なんだから…!」

元気そうにはまるで見えない。いつも無理するんだから…。
「アスカ、今日は休んでお医者さん行ってきなよ」
「なにいってるの!アタシは元気!」

…このまま言い続けたらアスカのことだから、絶対行かなくなるな…。
…仕方ない、今日の帰りにでも連れて行こう。
「やぁシンジ君、休憩かい?」

ネルフの自販機コーナーで休憩していると、加持さんが来てジュースを奢ってくれた。

「ハッハッハ、今朝そんなことがあったのかい?」

今朝のアスカの様子を話すと、加持さんは笑いながらアドバイスしてくれた。

「葛城もそうなんだよ、あまり面に出したがらないってことだな。
そんな時は、…優しく聞いて見ろ」

「優しく…?」

「ああ、優しくさ。
頼れるってところを見せつけるんだよ。そうすりゃガードは剥がれる…、若い内はな?」

「若い内って…ミサトさんは若くないんですか?」

「まぁ…な」

嫌な予感が…、いつもこういう時は…

「あ゛ーっ?なんか言ったかテメェ!」…やっぱり来た。地獄耳というかなんというか…

「いててっ!まっまぁそういうことだ!いでっ!止めろミサトっ!」
あれも夫婦のカタチなんだろうか。
その頃、A―7研究室

「ヴー…気持ち悪いわ…吐きそう…」
朝から気持ち悪い…、吐き気が止まらない
「アスカ…、大丈夫…?」
「大丈夫でない…トイレ行ってきて良い?」
「良いんじゃない?私はここにいるから」
「ありがと、じゃ行ってくるわ」

ヒカリの言葉に甘え、トイレに行く。
トイレで吐いているとミサトが出てきた

「あらぁ?アスカ、つ・わ・り?」
っ!?…何をいうのかしらミサトったら…!
「そんなわけないわよ!」
「でもぉ…毎日御盛んなんでしょ?あり得るわよ?」
…うっ…そうね…
「妊娠検査薬もらってきて上げるから待っててねん♪」


5分後、ミサトが検査薬を持って戻ってきた

「さっ、早く早く!」
…どうせ妊娠なんかしてないわ、茶番よ茶番!

だが、その考えは裏切られることになった。


「…おめでた、ね?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。