昼ドラ 夫婦喧嘩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シンジ「ただいま」
いつものように帰宅。平和の1日。ずっと続く平和。
だが、平和の時は長く持たなかった

帰宅したシンジは異変に気づく。部屋が暗い…。それにいつもなら必ず 出迎えに来ていたはずが、だれもこない。
シンジ「…遊び行ってるのかな?」
シンジは電気を付けず、そのままリビングに向かう。
暗いリビング…やはり誰もいない…。だが殺気らしき物が帯びている事がわかった。シンジの目は段々暗闇に慣れていく。
…人影が見えた。女性が立っている。妻だった。
シンジ「アスカ…?なにしてんの?電気つけなよまったく」
アスカ「……」
俯いてたアスカは顔上げる。 その目からは おびただしい殺気が満ちていた。
シンジ「なにし……」
その時────────…ヒュン
目にも止まらなぬ速さでアスカが懐に飛び込んで来ていた
シンジ「!?………痛っ」
頬になにか痛みを感じる…血だ── 振り下ろされたアスカの右手には刃物が握りしめてあった
シンジ「なっなっななななにやってんの」 声にならないシンジ。
無言のアスカ。
その時、
下から上への斬撃。シンジはとっさに後ろに避けた。 パニックに陥るシンジ
『殺される』野生の感がそう感じた。
かんぱ入れず アスカは刃物で襲ってきた。シンジはテーブルの下に隠れた。
シンジ(浮気?してない。エロゲ?いやあれは父さんの。生理?いやちがう。)アスカがキレた理由を必死に考えるシンジ。
その時、アスカはテーブルを蹴り上げた。ひっくり返るテーブル、そしてうずくまる情けないシンジが露わになる。
「!?」シンジは全速力で逃げた。 後ろからアスカが追う。
シンジはアスカを止める方法が一つだけ思いついた。
シンジ「母さんなら…」
必死に二階のユイ達の部屋に走った。
部屋を開ける。だが誰もいない。地獄に叩きつけられた気分だった。
シンジ「母さん!!父さん!!キョウコさん!!…」
無残に響く声、そして
ペタペタ──
後ろを振り返ると アスカゆっくりと近づいていた


シンジ「なんで怒ってるの?」
アスカ「……」
シンジ「言ってくれなきゃわかんないよ!!!!!!」
シンジ声を張り上げた。
足が震える。
アスカ「…どーでもいい…全部」
呼吸が浅くなる
シンジ 「僕がなにをしたの?」
沈黙
二人の呼吸しか聞こえない空間
落ち着こうとシンジが深く息を吸おうとし、息を吸った
その時
アスカは一瞬で間合いを詰め、刃物を振り上げていた。
死。頭によぎる
シンジは反射的にアスカに抱きついた
その反応速度はまさに 生への底力だった


廊下に倒れる二人
「やめてよ!やめてよアスカ!嫌われるような事したなら謝るから!やめてよう!!」
シンジは涙を流しながらアスカに訴える
アスカ「もうだめ…もうだめなのよアタシ。耐えられない。だから一緒に死んで…」
徐々に肩から力がなくなっていく事がシンジにはわかった。
アスカ「もう嫌なの…。最近シンジが何考えてるかもわかんない…。ちゃんとアタシを見て…嫌いならハッキリ言って…。」
シンジは思った。平和な毎日…それは自分だけだった事。
シンジ「慣れすぎてたのかもしんない。いつも一緒いるから…。昔から僕に構ってくれてたでしょ?だから疑いもせず、最近はアスカの気持ちなんて考えてなかった。ごめん。」
泣き出すアスカ
「簡単な事だった。伝えればよかったんだ。受け身の自分はもうやめるよ。
アスカを愛してる。やり直そう」

「うっ…う…。…うん。アンタ、段々加持に似てきてる…その臭いセリフとか…フフ」

「アスカだってみさとさんに…」

「もう…似てないわよ!バカ!」
「あははっ、やっぱアスカはそうでなきゃ」

かくして二人は倦怠期のすれ違いを超え、幸せな夫婦生活が続くのでありましたとさ
おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。