686氏 碇家のアスカさん~レイの思い~ 3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シンジ「ただいまぁ」
アスカ「おかえりなさぃ」
出前の注文表を手にアスカが近づいてくる
アスカ「シンジは何がいい私的にピザがおすすめ♪」
シンジは呆れ顔で
シンジ「まさかご飯用意してないの?」
アスカ「昼間お客さんが来てて買物行けなかったの」
仕方なくピザを選びながら
シンジ「お客さん?誰だろう?」
アスカ「内緒よ!シンジの知らない人」
アスカは少し顔を紅くしながら
アスカ「ねぇ~シンジ!もし私がシンジ以外とキスしたら怒る?」
シンジは少し考えながら
シンジ「ん~?僕はアスカを信じてるから」
アスカ「もしもよ!もしも!」
シンジ「やっぱり想像つかないや。アスカはそんな事しないよ」
アスカ「つまんない人ね」アスカ「でも信じてくれててありがとう」
というと腕を絡ませキスをする
シンジ「あっそうだ。アスカ」
アスカ「何よ?急に大きい声出して」
シンジ「明日父さんが家に来るから」
アスカ「義父さまが?」
シンジは思い出し笑いをすると
シンジ「アスカきっとビックリするよ」
アスカ「ちょっと何よ!教えなさい」
背中をポカ×2叩くアスカ
シンジ「分かった。分かったよ。実は父さん…」



シンジ「実は父さん再婚するんだ」
アスカ「そうなの!ねぇシンジの知ってる人?」
シンジは感慨深げに
シンジ「アスカも知ってる人だよ」
アスカ「…私も…知ってる…人?」
ふいに奇妙な違和感に囚われる。確かレイは最後に
レイ「アスカの事は諦めるわ。碇君とお幸せに」と
シンジはアスカの様子には気付かず言葉を続けた
シンジ「綾波だよ」
シンジ「ビックリしただろ?まさか父さんと綾波が結婚なんて。僕全然気付かなかったよ」
シンジの話など聴いていないアスカ
アスカ「……された」
アスカの異変に気付く
シンジ「アスカ?どうしたの?」
アスカ「また騙された~~~」
シンジ「わっ!なんだよ急に大きい声だして」
アスカは顔を真っ赤にしながら叫ぶ
アスカ「レイのバカ~~~!!」
こうして碇さん家のアスカさんの受難は幕を開けるのでした 終 劇

オマケ
「ゲンドウ家」
ゲンドウ「本当に俺でよかったのか?レイ」
レイ「えぇ、愛してますわあなた」
ゲンドウ「そうか…君に愛してもらえるなら何でもするよ」
レイ「気になさらないで、私だって貴方を利用させて頂くんだから」
レイ「待っててね。私の可愛い「アスカ」ちゃん」
おしまい?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。