【アスカとミサトの茶飲み話】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日はミサトが遊びに来た。ミサトのくせに生意気にも
子連れだ。ズボラ女に家事も育児も務まるわけがない。
加地さんは家事もこなすのかしら。ミライは、ミサトの
娘のアリサちゃんと二人で大はしゃぎ。はしゃぎ疲れて
二人ともソファーで寝てしまった。風邪を引かれると
面倒なので、二人に毛布を掛けてやった。
「うるさいのがやっと静かになったわね。お茶入れるわ」
「ありがとう……でもアスカ、ちゃんとお母さんしてん
のね。意外だなー」
「…それをミサトが言うわけ?」
「アハハそれは言わないでよ。最近はアリサに『ママ、
ちゃんとお片付けしなさい』って怒られるんだから」
「アリサちゃんは加地さん似なのかしら」
「かもねーアハハ。…でも正直な話、あの頃の貴女を見て
いたら、とても家庭に収まるタイプには思えなかった」
「そう…ね。ぶっちゃけ自分でもそう思う。あの頃の
ままだったら結婚もしてなかったかも」

 

 

「それがなぜ変わったの?」
「……結局は、あの戦いよ。昔は、自分は特別な人間に
なるんだって決めてた。そうなるのが当然だって思ってた。
でも、あの戦いがあたしを変えたの。『選ばれし者』
になるのなんか、もうたくさん。シンジと結婚して、
あの子が生まれて、初めて自分で抱いた時に決めたの。
もう自分のためだけに生きるのはやめよう。この子と
彼のために生きてみようって。それがあたしなりの
エヴァとの決着の付け方。ねぇ信じられる?セカンド
チルドレンは専業主婦で、サードはしがないサラリー
マンよ?笑っちゃうよねぇ」
「でも幸せでしょ?」
「うん。…結局、全ての人には、それぞれ相応しい場所
があるの。あたし達には主婦やサラリーマンがそうで、
エヴァのパイロットの座はそうじゃなかった。でも、世界を
救う英雄が務まっても、主婦やサラリーマンが務まらない

 

 

人もいるはず。あたしは、シンジには英雄にも神話にも
なって欲しくない。真面目が取り柄のサラリーマンで、
家では子煩悩なパパでいてくれれば、後は何も望まない」
「なるほどねぇ。シンちゃんはどうなのかな」
「さあ。彼とはあの後、そのことについて一度も話した
ことがないの。だってほら、分かるでしょ?あの話題は
地雷原だから。お互い、相手の地雷を踏みたくないし、
自分のも踏まれたくないから」
「…正直言うと私、あなた達が結婚するとは思わなかった。
あの戦いの後、二人とも傷付いて、落ち込み方が酷かった
ものね…おしゃべりな貴女が無口になって、三人でいても
気まずくて。だけど、少しずつ立ち直るにつれて、あなた
達の仲が深まっていくのがわかった。それが不思議」
「うーん…結局、わかってくれるのは彼しかいなかった
から。高すぎる代償を払わされる辛さとか。それに、
あたしには意地があった。いまさら逃げ出すのは許さない、
コイツはあたしのものにするってね。でも、あたしなりに

 

 

努力もしたのよ?あたしは彼の『普通の彼女』になろうと
決めたの。気付いてた?あの後あたしは、彼を呼ぶとき…」
「『バカシンジ』と言わなくなった」
「そう。とにかく、そういう小さなことから変えていこう
と思った」
「思い出すわ、貴女のお弁当。彼と自分の二人分のお弁当を
これから毎日作るなんて言い出して。シンちゃんは震え
上がってたよね。どんな恐ろしいことになるかって」
「しっつれーよねーアイツ」
「で、『アスカ無理だよ、僕が作るよ』なんて言うから
私、彼を物陰に引っ張って行って、こう言ったのよ。
アスカに作らせなさい。そしてあなたは、それを毎日
残さずに全部食べなさい。それがあなたの義務よって」
「えー何それ!聞いてない!」
「そしたらシンちゃん涙目になっちゃって、しょんぼり
引き下がったわ」
「ひっどーい!」
「…でも今思うと、その頃には彼は貴女に好意を持って
いたんじゃない?嫌いな女の弁当を無理して食べるわけ
ないもの」

 

 

ないもの」
「うぐぐぐぐどうしてくれようアホシンジ」
「ありゃ?マズイかな?」
「人があ・ん・な・に一生懸命作ってた弁当を、涙目で
無理して食べてた…?」
「よしなさいよ昔のことで怒るのは…」
「うぐぐ」
「ママー」
「あらアリサ起きたの?じゃあそろそろ失礼しましょう。
また来るわ、アスカ」
「ぐぐぐ」

 


一方その頃、休日出勤が早目に終わったので、妻子への
お土産にケーキを買い、家に帰る足取りも軽いマイホーム
パパ碇シンジさん(29)の姿が。碇さんの運命やいかに!

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。