二人だけの結婚式 > nono


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「汝、碇シンジは惣流・アスカ・ラングレーを妻とし、これから35年間、いかなるときも妻を愛し、守り続けることを誓いますか?」
「誓います」
「汝、惣流・アスカ・ラングレーは碇シンジを夫とし、これから35年間、いかなるときも夫を愛し、献身的に支えることを誓いますか?」
「誓います」
沈黙。何一つ物音がしない。ただお互いを見つめ合うだけ。
「指輪…」
シンジが口を開き、震える手で指輪を取り出す。箱の中には二つの指輪が入っていた。
「手出して…」
アスカは左手を差し出した。指輪はシンジの手で薬指にはめられた。
アスカの頬は紅潮している。目が潤んでいる。これ以上にないくらい幸せなのだ。
シンジも左手を差し出し、アスカがはめる。箱は再びポケットへと戻された。
そして、お互いの手を握り合う。シンジはアスカの指輪を撫でた。
アスカは顔を上げた。シンジの顔を確かめるために。シンジは、ただ優しく微笑んでいた。ただ、アスカを見つめていた。
余計な言葉などいらない。二人が共に生きていけるなら、それだけで贅沢なのだ。
お互いを確かめ合い、二人のシルエットは溶け合った。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。