アスカのお弁当戦争3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7時、シンジが起きてきたころとほぼちょうどにお弁当は完成した。
アスカは今朝の出来事を悟られぬようと、疲れてはいたがなんとか元気に振舞う。
二人で簡単に朝食を済ませて、シンジが仕度にダイニングを出ると朝の疲れが一気にアスカを襲った。

「・・・カ・・・スカ・・・アスカ」

アスカは出勤前のシンジに起こされる。

「ん、もう行くの?」

「うん、じゃ行ってk」

「シンジお弁当持った?」

「ん。持ったよありがとう。じゃ」

テーブルに突っ伏したままアスカはシンジのスーツの裾を引っ張る。

「アスカ?」

「シンジ・・・キス、して?」

「きゅ、急にどうしたの?」

「べ、べつに!なんでもないわよ!少し前までは朝は毎日してたでしょ!?ま、わたしはどっちでもいいんだけどアンタがしたいならさせてあげるわよ!」

顔を真っ赤に染めて目を逸らすアスカを見てシンジはフッと微笑むとためらいなくキスをした。

「い、いってらっしゃい・・・」

「うん、行ってきます」

(なんであたしだけ、恥ずかしがってるのよ!なんか・・・ムカツク)

「でも今日初めてお弁当手抜きになっちゃった・・・冷凍なんて使っちゃったし時間なくてハンバーグも作れず冷しゃぶにしちゃったし・・・
ミサトのやつ、今度会ったらただじゃ済まさないわよ!」

三章 終
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。