272氏 この二人によくある朝の光景(仮) 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある昼下がりの喫茶店での主婦達の会話

「…その後3回イカされて、4回目の途中で気を失っちゃったわ。目が覚めたらもう夕方だったから
 結局映画見に行けなかったのよ。アタシが気持ち良さそうに寝てたから起こさなかったんだ、って、
 まったく、あんのムッツリスケベ鈍感バカシンジがっ!」
「アスカ、声、大きいわよ。お店中の人に聞こえちゃうじゃない。それに、ひさしぶりに休日をゆっ
 くり二人っきりで過ごせたわけでしょう? 同じ日に休みがなかなか取れないとか前に言ってたし、
 良かったじゃないの? ね、綾波さんもそう思うでしょ。」
「(コクン)」
「まあね~。でもさぁ~、ちょっと聞いてよ二人ともー。アタシとシンジ、仕事のシフトの関係で休
 日が滅多に合わないのよ。昨日はせっかく二人とも揃って休み取れたから、映画とか買い物とか食
 事とかに行くの前から楽しみにしてたのにさ~。シンジのバーカ。」
「まあまあ、アスカ。シンジ君もアスカの事を想ってしてくれたんだし。」
「まあ、それはもういいのよ。また今度休みのときに償わさせるから。でもさあ、そもそも、所属が
 違うとはいえ夫婦が同じネルフ本部に勤めてるんだよ~、なのに、これって随分ひどい話だと思わ
 ない?
「あー、まあ、それはそうかも…ね。今、仕事忙しいの?」
「いろいろバタバタしてるしねー、お互い管理職で部下がいる身だし、自分の思い通りにスケジュー
 ル組めない事が多いわね。今日だってアタシは休みだけどシンジは仕事だし、家庭崩壊したら誰が
 どう責任とってくれるってーのよ。」
「…休日に朝からそれだけお盛んだったら、大丈夫なんじゃないの?」





「…義姉さんはどのぐらいの頻度で性交渉をもってるの?」
「なによレイ、急に。セーコーショーって、エッチのこと?」
「(コクン)」
「…そうねえ、だいたい週に20回くらいかな。」
「にじゅっ… アスカ、ど、どうしてそんな回数になるのよ!?」
「え? だって毎日3回ぐらいだからそんなもんでしょ。やっぱりアタシ達って、少ないのかな?
 アンタ達はどのくらい?」
「わ、わたしは…、その…、平均すると…週に4~5回くらいか…な…。」
「私は平均0.2回。」
「えー! だってヒカリってばまだ結婚2年目でしょ。そんなんで夫婦生活大丈夫なの? そんで、
 レイ! アンタ0.2回って何なのよ? 旦那と月1回しかエッチしてないってこと?」
「私達はお互いの存在を確かめるために必要なことだからシてるの。今で十分満たされてるわ。それ
 に正式な夫婦じゃないし。」
「何言ってんのよ、アンタらもう5年も同棲してるじゃん。」
「わたしは…、普通の日本の若い夫婦ならこんなもんだと思うんけど…。アスカこそ、毎日仕事で忙
 しいのになんでそんな回数になるのよ。ムジュンしてるじゃない。」
「ふふん。それはね、実はネルフ本部内に士官用の部屋を用意してもらってるのよ。だって実験とか
 で家に帰れない日が何日も続くことがあるんだもん。それがさー、仮眠用なんだけど結構ちゃんと
 した部屋でさ、ベッドも広くてスプリングもしっかり効いてるもんだから、そこで…ね。」
「勤務中に、仮眠してくるとか言って2時間ほど帰って来ないときがよくあるけど、あれはあの部屋
 で兄さんと愛し合ってたのね。帰ってきたらいつも機嫌がいいから不思議に思っていたの。」
「えへへー。研究が行き詰ったりした時もシンジ呼び出してエッチするの。そしたらまた違ったアイ
 デアが湧くときもあるから不思議よね。それに、シンジの方がいろいろ自分に溜め込むタイプだか
 ら、アイツの方からの呼び出しも結構あるのよ。こういうときは勤務先が同じだと便利だわ。」




「じゃ、じゃあ、アスカと碇君は、職場でエッチしてるってわけ? し、し、しかも昼間っから!
 そんな、ふ、不潔よっ! 破廉恥だわっ! シンジラレナイっ!!」
「ヒ、ヒカリ、声が大きいわよ。…すみませ~ん、みなさ~ん、なんでもないですぅ~。アハ、アハ
 ハハ…」
「アスカ! いくら夫婦だからって、ちょっとやりすぎなんじゃない? 仕事場ってもっと神聖なと
 ころでしょ。それに、もうちょっとこう、慎みとか節度ってものを持たないと、日本だと周りから
 軽蔑されちゃうわよ。」
「大丈夫。バレないようにシてるから。」
「それに、アスカはともかく碇君、そんなに毎日激しくシてて大丈夫なの? 男の人って、あんまり
 夜の生活が激しいと腎虚になっちゃうとか聞くけど…。」
「えー、だって気持ちイイのにぃー。シンジも絶対アタシで満足してるし、無理してないと思うけど
 なぁ。」
「鈴原さん…ジンキョって何?」
「ええと、腎虚っていうのは、簡単に言うと若いうちに精が尽きちゃって、老け込んだり早死にしちゃ
 うこと…かな?」
「…」
「んなの迷信に決まってるじゃない。ヒカリってば心配性ねぇ。ってレイ、どこ行くの?」
「兄さんのところ。アスカと別れるように説得してくるの。アスカと性交渉を続けてたら兄さんが死
 んでしまうから。」
「な、何言ってるの。そんなことあるわけないじゃない。」
「碇君は死なないわ、私が守るもの。もしアスカと別れて碇君が寂しい思いをするのなら、私の身体
 で慰めてあげる。人命に関わる非常事態だから、兄妹間の性交渉もやむを得ないことだわ。」
「レ~イ~、あんたそんなことして只で済むと思ってるワケ~!?」
「そもそも5年前、あなたに碇君を託したことが間違いだったのかも。過ちは速やかに訂正すべきだ
 わ。」
「ムキーっ! ちょっとアンタいい加減にしなさいよ!」
「ちょっと綾波さん、アスカ、落ち着いて!」
「碇君、今行くわ。私が肉の防波堤になってあげる。」
「ヒカリ、そこどいてっ! この女とはやっぱりいつか決着を付けなきゃならなかったのよ! くぉ
 の~っ!」
「やめて~~~っ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。