倦怠期ネタ8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネタ701~800


712 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/09(金) 06:15:55 ID:???
アスカ「からあげおいしく作るならモミモミ♪」
アスカ「あたしのおっぱい大きくなるのかな?モミモミ♪」

シンジ「……」

アスカ「モミモ…み……」

シンジ「………」

アスカ「…………帰ってたの?」

シンジ「うん…」

アスカ「アっアンタが喜ぶと思ってさ~♪ほら前胸が大きい人好きっていったじゃん?だからエクササイズしてたのよ!!」

シンジ「うん」
アスカ「…この事だれにもいっちゃだめよ」
シンジ「うん…。」


716 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/09(金) 22:26:32 ID:???
鼻水吹いた

あ、鼻水のなかに鼻毛発見




720 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/10(土) 12:35:49 ID:???


アスカ「あーぁ…退屈…なんかゲームしよっかな~」
シンジ「アスカが買ったゲーム、全部クリアしちゃったじゃない…か…。。!?」
その時シンジは嫁の見てはいけないものを見てしまった。
シンジ(言った方がいいのかな…でもきっと怒るよな。でももう夫婦だしきっと…)
アスカ「ん~やるのないわよね~シンジ一緒にぷよぷよする?」
シンジ「えっ?あっああいいね?やろっやろう!」
アスカ「ん~?なに焦ってんのへんな奴…」
プレステを起動さしているアスカ。
シンジ(逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ)

アスカ「弱いわねアンタ!ほらほら5連鎖!」

シンジ「わあすごいやアスカ…(そうだ。忘れよう。見なかったことにするんだ…)」
アスカ「はい、アタシの勝ち。ふっふ~~ん!!♪♪」
シンジ「ぷっ!!…あははっ…あ…」
アスカ「…あんたが負けたのよ?なに笑ってんのよキモチワリィ~」

シンジ「あぁそうだったね!どうしたんだろ僕。あははっ」
アスカ「……??」


721 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/10(土) 12:37:08 ID:???
アスカ(なんかこいつおかしいわね…。この顔は隠し事してる顔ね。)
シンジ「さぁてもう一勝負しよっか」

アスカ「待って!!」
シンジ「え…?」
アスカの一言でその場の空気が重くなる
アスカ「あたしに隠し事してるでしょ…(ムスッ)」
シンジ「えっ?なっなんにも…(バレた?)」
シンジに迫るアスカ
アスカ「無駄よ。アンタの事なんでもわかるんだから…さぁ白状しなさい」
シンジ(もう言うしかない…怒らせないように…)

シンジ「あのさ…最近アスカ…綺麗になった」
アスカ「!?…あっ、あったり前じゃん…元からよ…それで?」
シンジ「それに…優しくなった。でも昔から明るい所は変わらない。そういう所…なんて言うか…好き…」
アスカ「う…うん…。」(なにドキドキしてんのよアタシはー!///今日なんかの記念日?あーーなんなよこいつ…///)

シンジ「…鼻毛でてても…僕は好きだよ」
アスカ「ありが…は?」
シンジ「鼻毛ついててもアスカはアスカなんだよね。そう言うおちゃめな所も…モルスァ!」
顔を思い切り殴られるシンジ
アスカ「嫌ァァァァア!!バカバカバカシンジ!!みるなーーーー!!!見るな見るな!!」
マウントで殴り続けるアスカ
シンジ「落ち…グフ…着いて…グエ…アス…」


736 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/13(火) 12:47:14 ID:???
シンジ「アスカ…駄目だよそんなに激しく動かしちゃ…」

アスカ「何言ってんのよ…シンジこれ買ってきた時、私が独りで寂しい時に使えって言ったんじゃん…」

シンジ「でも…僕のいる時にやる事ないじゃないか!」

アスカ「駄目なの…癖になっちゃったみたい…」

アスカ「あぁ…もう駄目…シンジぃ、アスカの事見てぇぇぇ…」

シンジ「アスカ!」


アスカ「Wii楽しい~」シンジ「また花瓶割っちゃたよ…」
シンジ「皆は危ないから気を付けてね!」

そんな任天堂のCM

アスカ「夕飯作るの忘れてた」


747 :紙芝居 :2007/03/14(水) 23:53:03 ID:???
パンツが見えそうなほど露出をしているアスカさん
どうやら 前の件で シンジ君に襲われてみたい願望ができたみたいです
でも まったく興味なさそうなシンジ君
得意の『だっちゅーの』ポーズで 子供は早く寝なさい!と叱ってもまるで効果なし
それ所か、「いい歳してなんてもの着てるのアスカ」 と言われる始末

プライドガタガタ ブチ切れアスカさん
またいつものように 自分が 旦那をレイプして 夜を過ごしましとた


めでたしめでたし

アスカ「ねぇ…たまには私を…その…襲ってもいいのよ…///」
シンジ「だって…アスカ恐いもん…」
アスカ「あんですって!!!!」




757 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/16(金) 18:22:57 ID:???
リングを見た二人
アスカ「貞子ってファーストみたいね」
シンジ「そっ…そんなことないよ」
アスカ「想像してみなさいよ。まっくらの部屋で四つん這いしてるファーストを」
シンジ「……でもちがうよ…第一、外見がにてないだろ」
アスカ「どこがよ。まんまよ」
シンジ「綾波はクール。貞子はダーク」
アスカ「ダークってなによ…」

次の日、部下(女)に食事を誘われるシンジ
断れない性格の為かOK をしてしまう
部下「ここのエビチリ、とてもおいしいんですよ!……どうかしました?先輩」
シンジ「えっ?嫌…すごく胸騒ぎがするだけ。気にしないで…うっ!!」突然過呼吸を起こすシンジ
その時店の入り口では
アスカ「浮気はゆるさない。殺してやる殺してやる…」←四つん這いで
貞子はもっと身近にいた事に気づいたシンジでした

予告
シンジが心配でストーカーになりつつある嫁。そんな心くばりも気づかない鈍感シンジとは、いつも心をすれ違ってしまう。愛の超能力がほしいと彼女はママに願う
次回!(嘘)
エスパーワイフ アスカ
『アスカ、心のむこうに』

この次も サイコキネシスサイコキネシス~♪(字余り)

シンジ「…zZZ」
アスカ「…………んん…?あれ?…」


アスカ「……夢オチ?」


766 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/17(土) 10:17:22 ID:???
アスカ「このチュッパチャップス飽きた。あげる」
シンジ「ちゃんと最後まで舐めろよ…もう」
ペロペロ
アスカ「あ~~あたしの舐めたチュッパチャップス舐めてる~。へーんたーい」
シンジ「アスカがいらないっていったんだろ!ってか夫婦なんだから関係ないだろ!もうっ返すよほら!!」
アスカ「キャー!!さわんないでよ変態!」


キョウコ「なにあれ?」
ユイ「いつもの夫婦のコミニュケーションですよ」

ゲンドウ「ユイ…チュッパ、じゃなくて新聞買ってくる」


774 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/18(日) 01:17:07 ID:???
昼ドラ

アスカと薔薇

脚本 惣流キョウコ
監督 惣流キョウコ
演出 惣流キョウコ



キョウコ「シンジ君の取り合いをするお話よ」
アスカ「ママやめて」
キョウコ「幸せな家庭だと思っていた妻。だけど旦那は妻を愛していなかった。」
アスカ「ママ、ほんとにやめろ」




775 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/18(日) 01:48:24 ID:???
○月×日

今日は、 旦那と デパートに行きました。ひさしぶりのデート♪ 久しぶりに服とバックを買ってもらいました。 帰り道 昔ミサト達と行った、らーめん屋があったので、そこで夕飯を食べることに。
フカヒレチャーシューの進化版 『フカヒレにんにくチャーシュー』…素晴らしい味でした。四つ星あげちゃう♪
旦那は 優柔不断で いつまで立っても決められないので 私と同じのを勝ってに頼みました。
帰りに、一つのアイスを買って帰りました。
二人で一つのアイスを食べてる時、 恋人時代に戻った気がした。
今日も幸せです


776 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/18(日) 06:35:16 ID:???
アスカ「シンジ…アタシ決めたわ…」

シンジ「(新聞読みながら)…なにを?」

アスカ「もう専業主婦はやめるわ!!あたしのこのスバラスィ頭脳を世界に貢献することにしたわ!!」

シンジ「…ふーん」

アスカ「…ふーん、て何よふーんって!まっいいわ…つまりアタシのようなバリバリ働きマンは、仕事した方がいいのよ!」
シンジ「…家事は最近僕ばっかじゃないか…」

アスカ「家事なんて奴隷がすることよ!…シンジ反対しないの?毎日家に帰っても『おかえりダーリン(ハァト』って言ってくれなくてもいいの??」
シンジ「(毎日『おっか~』じゃないか)……別に…アスカ飽きっぽいじゃん。すぐやめるでしょ」

アスカ「ぬぅわんですって!!」

シンジ「前も…『あんな上司イヤ!』ってやめたじゃないか」

アスカ「ふん、中卒の奴なんかに命令されるのはイヤなの!プライドよ!」
シンジ「じゃあどこがいいの?」

アスカ「ん~…」

シンジ「……」

アスカ「ん~…」

シンジ「決まるまで、主婦してよっか」

アスカ「そうね。あんたがどうしてもいうなら、もうちょっと面倒見てあげる」

779 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/18(日) 20:45:57 ID:???

アスカ「キャバなんてどうかしら?」

シンジ「え…??だめ…!絶対だめ!」

アスカ「え~…私なら№1狙えるし~」

シンジ「だっだめだってば!!」

アスカ「え~~なんで~?(ニヤニヤ)」

シンジ「ア、アスカは僕の事好きだから結婚したんでしょ!!だからだめ…!」

アスカ「心配なのかなしんちゃん~?(ニヤニヤ)」

シンジ「う…うん。だって男がいっぱいくるし、酔っぱらいはあぶないし…ブツブツ」

アスカ「(プププ)……あっはは!ウ・ソ・よ、しんちゃん♪顔真っ赤にしなくても大丈夫よー♪シンジはアタシがいなきゃダメだもんね♪フフフ」

シンジ「もうー!!」

ツンデレ嫁 アスカ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。