倦怠期7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネタ601~700



607 :通りすがり :2007/02/19(月) 22:27:30 ID:???
アスカ「今日はちゃんといいなさいよ!!ガツンと」
シンジ「わ、わかってるよ…」
ガラガラ
シンジ「父さん・・・」
シンジが入った部屋には一人新聞を読むゲンドウがいた
ゲンドウ「・・・なんだ」
シンジを向きもせず冷たく答えるゲンドウ
シンジ「あの~~…その…」
ゲンドウ「どうした・・・早くいえ」
シンジ「えぇと・・アスカと二人きりで住みたいから…その…いいかな?」

無言の空間

ゲンドウ「母さん達と住むのが嫌になったのか?」シンジ「え!?いや僕じゃなくて…アスカが」

ドアの外「ウォッホン!!」←アスカ

シンジ「いや!僕が決めました!母さんと住むなんていつまでも子供じゃないんだし、それに!!僕は自分の城を作りたいんだ家族っていう!」
ゲンドウ「ユーイー!!」

ユイ「はいはい、どうしたの?」
ゲンドウ「シンジがね、出ていきたいって言うんだよ、そんでね!そんでね!うちら置いていくんだってヒドいよねグス」

ユイ「まぁまぁ(ナデナデ)」シンジ「・・・」

父さんの意外な一面をみました 父さんは僕が必要と言うのも再確認しました
アスカには殴られました甘えさしてはくれませんでした


608 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/02/19(月) 22:48:10 ID:???
シンジ「やばい・・・すごいアスカの胸すごい!プルプル!ほんとにすごい!」
アスカ「うっるさいわね・・・あん・・静かにえっちしてよ・・聞こえるじゃない」

シンジ「ごめん・・でもほんとすごい・・反則だよ・・もち肌だね・・」

アスカ「あん!!!もっと・・揉んで大きくして・・シンジの好きなほど・・・ふぁ」


ゲンドウ「・・・」
ユイ「・・・・」


ゲンドウ「・・(もち肌・・)」
ユイ(・・シンジは胸フェチ・・)



612 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/02/20(火) 01:17:55 ID:???
608

ユイ「シンジがあんな子だったなんて・・」
ゲンドウ「血は争えないな・・」





610 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/02/19(月) 23:53:34 ID:???
アスカの旦那だったら俺はいつもアスカの下着ナメナメするな

きっとシンジもしてるはずだよな
ナプキンクンカクンカして


611 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/02/20(火) 01:01:24 ID:???
610
シンジ「そんなことは中学の時に卒業したからやらないよ。」
アスカが近くにいない事を確認しつつ。
アスカ「Okシン者ちょっとその事について話し合おうか」
シンジの背後に立っているアスカ。
シンジ「OK落ち着けアス者、若気の至りだから、抑え切れない青い春だから
洗濯するときに見つけてウッホ!!良い下着オナら無いか?だったから・・・。」
無言でシンジを引きずりお仕置き部屋へと連れて行くアスカ。

613 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/02/20(火) 09:19:25 ID:???
シンジ「アスカお願いだから話を聞いて」

アスカ「だめよ。亮!今からお仕置きフォーメーションに入るわ」

亮「OK忍!」

シンジ「だれだよ!?!?」

亮「OK忍!!!!!!!」


669 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/02(金) 01:12:02 ID:???
シンジ「アスカいる~?……!!!なにしてるの!?!?」
夫婦の部屋のドアを開けると、そこにはアヒルのようなマネをしているアスカがいた
アスカ「あっ帰ってたの?」
シンジ「うんただいま。…じゃなくて!なんなのそのダンス…」

アスカ「アンタほんとに遅れてるわね…今、流行のアヒルのワルツダイエットよ」
シンジ「それが…ダイエット?」
アスカ「そうよ。クエックエックエクワックワックワ~♪」
シンジ「やめなよへんだよ…」
アスカ「はぁ~!?流行りなんだから!ほらアンタもしなさい!」
シンジ「えええ!?!?」
渋々始めるシンジ
アスカ「クエックエ~クワックワ~♪」
シンジ「アヒルのワルツ~♪…やっぱり恥ずかしいよ…」
アスカ「クエックエックエ~♪うるさい!はい一緒に」
そこに
ドアが開く
ユイ「シンジいる~?頼まれてた物だけど。……!?!?」

ユイ「………」
唖然とするユイ
シンジ「クワックワ…!?!?」凍るシンジ
アスカ「クエクエクエ~♪アヒルのワルツ~♪」気にせず踊るアスカ

ユイ「…またあとでにするわね」
急いでドアを閉め逃げるユイ
シンジ「ちょ…!!」
アスカ「はやくシンジも♪はやくはやく」
シンジ「………クエ」

こんな妻との生活、楽しくたまりません?





673 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/03(土) 00:54:42 ID:???
アスカ「シンジあたしの足舐めなさい…」
ぴちゃぴちゃぴちゃ…
アスカ「ほらぁ…ちゃんと指の間まで綺麗に舐めるのよ…(なんでこんなドキドキしちゃうんだろ…。)」
ちゅぱぴちゃぴちゃちゅぱちゅぱナメナメ…
アスカ「そうよ…!もっともっとなぞるようにして…(シンジを…独り占めした気分…あっ…すごい感じちゃう…)」

アスカ「ふふっ…大変よくできました。足で頭なでなでしてあげる…。」
足をナデナデしていると、突然立ち上がり無表情で近づいてくるシンジ
アスカ「なっなによ!?(シンジの顔がこんなにちかく…やばいドキドキする…)」
シンジはアスカの首すじを軽くキスをし、服の仲に手をいれてくる
アスカ「ふぁ…だめ…」(えっち!?いやだめよシンジ!おばさま達が来ちゃう…いやぁ…一昨日したばかりじゃない…やん…シンジィ…)゛゛\/゛゛゛゛゛゛゛゛

アスカ:ちゅぱちゅぱ……(やぁんシンジったらぁ…)
シンジ「アスカ…音だして飴なめるのやめなよ…」
アスカ「!?!!……うっぅうっうるさいのよ!バカシンジ!!(なんて妄想してんのよアタシ…これじゃ欲求不満の団地妻じゃない……)」


676 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/05(月) 02:01:05 ID:???
いつ頃だろう
好きな人が一緒にいてもドキドキしなくなったの。
いつからだろう
好きな人からのキスから愛が感じられなくなったのは。
いつなんだろう
好きな人と触れ合ってもぬくもりを感じられなくなったのは。
変わったのは自分?
それとも変わってしまった相手の方?
長く一緒にいて、ようやく素直に言えるようになった愛の言葉。
素直になれなくて伝えられなく、不安だった昔。
ぬくもりも愛も感じられない、今の生活
また素直になれなくなった私。
またずっと不安になってる私。
さびしくない、さびしくなんかない、寂しくなんかない。でも…


もう一度、あなたと愛を交わしたい


677 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/05(月) 02:15:49 ID:???
676
アスカ「ねぇ、シンジこのポエムなにかわかる?」シンジ「えっ?…~んなにこれ?なんか悲しいポエムだね。」
アスカ「これね、夫婦の実話や今の気持ちとかをポエムにするコンクールの優勝作品なのよ!」
シンジ「へぇ~!そんなのあるんだ!」
アスカ「話はまだあるのよ!じ・つ・は・!!!この作品、送ったのはアタシなの!!すごいでしょ!!やっぱ昔からポエムとか得意(?)だったしィー♪当然ちゃ当然よねウフフフ。楽勝じゃん♪」
シンジ「(゚д゚)」



シンジ( ゚д゜)



682 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :2007/03/06(火) 05:25:57 ID:???
アスカ「だいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだい大好きよ♪ダーリンアイラブビューダーリン♪」
ヒカリ「フフ…それ碇君に向けて??」
アスカ「ちっ違うわよ!!あんな奴の為なんか歌う訳ないじゃない!/////」




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。