曲は'Komm,susser Tod'2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつも聞いているFMから流れる,脳天気なDJの声が,今日だけは妙にシャクに触る。
「今日は絶好のお散歩日和,ここスタジオからもさわやかな空気が流れているのが……」
「何言ってんのよ,こいつ! 空気が流れるのなんて当たり前じゃん!」
とりあえず,DJに八つ当たりをする。
向こうでは絶対に聞こえないのは分かっているんだけど,今の気分じゃ文句を言わずにはいられない。

「次の曲は,Fly Me to the Moon……」
誰かのリクエスト曲がかかる。
甘ったるいオンナの声で,スローなスタンダードナンバーが唄われる。
エンジン音をベースに,車内がラブソングに満ちる。
「誰が月に連れてけって!? 勝手に独りでどこでも行きなさいよ! アタシだって独りなんだからさ!」
DJだけじゃなく,選曲にまでイライラする。
Radioを切ろうかとも思ったけど,ロードノイズと風切り音だけになると,
余計に空しくなりそうなので,仕方なく,文句を言いながらも聴き流す。

でも,いくら怒っても,結局最後に出るのはため息ばかりだった。

遠ざかる第2新東京市のビル群。
あそこにシンジを置いてきたんだ。
後ろめたい気持ちと怒りが入り交じった複雑な思いで,窓の外を見る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。