世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ…シンジ。」

私の髪を潮風が凪いでいく。夕焼けが妙にまぶしい。海に沈む夕日は紅く水平線の向こうに沈み始めていた。
私の顔は夕日に照らされ赤く、そして…

「ねぇ…シンジ。」

私はもう一度呟く。愛しい人の名を…かけがえのないシンジの顔を思い浮かべながら。
少し肌寒くなってきた。暑くはなってきたがやはり夜が近づくと半袖では寒い位だ。私は両手で肩を抱き身体を小さく丸め込む。この寒さは果たして宵闇のせいか…
それとも…


「ねぇ……シンジ。」

これで何度目か。私の唇から紡がれる言葉をもう日も落ち、暗くなった海から吹く風が言葉を破壊していく。
寒い…
そんな感情を心に浮かべ、上を見上げた。空を覆い尽くす星々…都会では観ることの出来ない景色。しかし、私の心には何の感情も浮かびはしない。
色褪せた世界…
もうこの世界に価値はない…

「ねぇ………シンジ…」

彼と見れば美しいと想えただろう。肌寒さなど感じなかっただろう。
でも…


彼は…シンジはもう居ない…
シンジの居ない世界などに生きてる価値など…

私はそっと、立ち上がり歩き出す…
海に向かって…

「シンジ…今そっちに行くね」

私の足に波が触れる。一歩、また一歩。この先にはシンジがいる。私の歩みは止まらない。もう何も考えたくない。
早く…シンジの元へ…

―その瞬間

「アスカッ!」

嘘よ…聴こえるはずない。あの人は…シンジは。
波が私の腰にぶつかる。もうすぐでシンジに逢える…
でも、私は立ち止まり後ろを振り向いた。

誰も居ない浜辺。漆黒の闇に砂浜だけが白く私の瞳に映る。

「まだ駄目なの?…シンジに逢いに行ったら駄目なの…」

何も無い砂浜に一瞬、微かな煌めきが…
私は急いで光の元に向かう。水に濡れた服がまとわりつくのも気にせず。ただ光の元へ…真っ直ぐに。

煌めきの正体は私の指輪だった。大事な結婚指輪…いつの間に外れたの?片時も外すことのなかった身体の一部ともいうべき私達の愛の形。

始めて気付いた…

「愛するアスカへ」

リングの内側の文字。私は指輪を握り締め泣き叫んだ。もう涙など枯れたと思ってたのに……
【終り】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。