アスカの思い出1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

んんっ…今何時かな…三時か…眠…
私はシンジの腕枕に再度頭を預け最愛の人の寝顔を見つめる。ふと、頭によぎった想い…

「そういえば私達が初めてHした時って」



―高校一年の夏―

「今晩は、叔母様」
「今晩は、アスカちゃん」
私は部活の帰りにユイさんに会い

「私これから研究所に行かなきゃ行けないのよ。アスカちゃん良かったらシンジにご飯作ってあげてくれる?」
「良いですけど…シンジもご飯作れますよ?」
「そうなんだけど、あの子すぐコンビニ弁当ですまそうとするから…」

夫婦で家を空ける事が多いから困ってるのよ、ユイさんはシンジの食生活を心配していた。私はユイさんに微笑みかけ

「分かりました。シンジの事は任せて下さい」
「ありがとうアスカちゃん。それじゃあ冷蔵庫の中の物を勝手に使ってちょうだい」

私は頷いてシンジの家に向かう。と、後ろからユイさんが思い出した様に声をかけてきた

「それとシンジがもし変な事してきたら…殴って良いわよ」
「アハハッ、平気ですよ。シンジは優しいから」

それもそうね。と私とユイさんは二人で笑いあった。
シンジの家に着きチャイムに指を伸ばす…が

(そうだ♪驚かしてやれ)
勝手知ったるなんとやら、合鍵の隠し場所から鍵を見つけドアをゆっくり開ける
(リビングに居ない…部屋かしら?)
シンジの部屋の前に立ち深呼吸を一つ

「ハーイシンジ!可愛いアスカ様が夕飯を…」

シンジを驚かせようとドアを勢いよく開けて…私は固まってしまった…

「ア…アスカ…何で…」
「あぅ…いや…その…ごめんシンジ!」

まさか…シンジがオ…オナニーしてるなんて…恥ずかしい…いや、恥ずかしいのはシンジの方か
私はシンジに外でユイさんとの会話を説明した後、謝った。勿論ズボンを履いて貰った訳ですが…

「あの…正常な事よ…男の子だし…」
「アスカ…もう良いよ…」
あぁ…凹んでる…そりゃそうよね…
んっ?写真が床に落ちてる私は拾いあげその写真を見ようとした。

「あっ!駄目だよアスカ!」
「へっ?あっ、ちょっとシンジ…キャ!」

ドッシ~ンッ!

痛たッ…なんなのよイキナリ…
シンジに押し倒され私の目の前にヒラヒラと写真が

「私の写真?え~とっ…」「あぁ…最悪だ…」

シンジが私の写真でオナニーしてたって事?そうか…シンジって私の事そういう対象に見てくれてたんだ

「シンジ…私とHしたい?」
「えっ!アスカ何言ってるんだよ!」
「さっきのお詫びよ。…恥ずかしいけど良いわよ。」
「だって…嫌じゃないの?」
「バカシンジッ!女の子に恥ずかしい事何度も言わせるな!」

私達は一旦体勢を直し、お互い向き合う。改めてシンジの顔を見る…
恥ずかしいけど…嫌じゃ無い…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。