専門系について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

専門系について


専門系での採用人数は若干名であり、狭き門であります。
試験は教養、論文に加えて専門試験が加わります。
しかしその内容は、行政職・技術職公務員の専門試験に比べれば平易といえるでしょう。

教養・専門試験で点数を稼ぐのはもちろんですが、
東京消防庁を含め公務員全般は人物重視という形を打ち出しています。

専門系では専門知識を持っていることが前提ですから、
いかにしてその専門知識を消防行政に役立てていくのかという
アピールが大切になってくるのではないかと思います。