ツイン・ボルテックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツイン・ボルテックス:?

通常罠 (TF5オリジナル)
自分フィールド上に表側表示で存在する機械族モンスター1体と
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して破壊する。
  • 解説:TF5オリジナルカード
TF5でオリジナルカードとして収録された、通常罠カード。
アニメではプラシドとルチアーノが使用し、それぞれ自分のワイズ・コアスカイ・コアを破壊して機皇帝の展開に繋げた。

自分はカードを2枚失い、相手は1枚しか失わないので、カードの枚数の面では1枚のディスアドバンテージを負うことになる。
同じカード消費ならば、コストを手札から調達できる上に破壊対象もモンスターに限定されない、サンダー・ブレイクの方が扱いやすい。
一応、自分の機械族モンスターに対する除去カードにチェーンして発動すれば2:2交換となるが、発動タイミングが限定される。
よって、このカードを使うならば、「自分の機械族モンスターを破壊する」ことを重視したい。

やはり相性のいいカードの筆頭は機皇帝だろう。
自分フィールド上に存在する「コア」を破壊することで、能動的に5体のパーツを展開するトリガーとし、さらに相手の邪魔なモンスター1体を破壊することができる。
パーツを展開した後でも、相手フィールド上の厄介なモンスターを除去できるのなら、パーツ1体ぐらいの犠牲は大した痛手ではないだろう。
能動的にモンスターカードゾーンに空きを作ることにより、他の機皇帝のパーツを出せるようにもなる。

フィールド上では機械族としても扱われる、TG(TF5版)とも相性がいい。
TGの下級モンスターは破壊され墓地に送られた時に同名カードをデッキからサーチできるため、このカードの破壊対象にすれば、自分のモンスターに対する強制脱出装置と相手のモンスターに対するサンダー・ブレイクの効果を同時に果たしたといえる。
TGは総じて除外には弱いので、次元幽閉などで除外されるぐらいなら、このカードで破壊してしまった方がいいだろう。

その他、以下のカードとも相性がよいだろう:

  • 後にOCGで登場した機限爆弾と効果が類似している。

  • 関連カード

  • ゲーム別収録パック:No.無し






OCGパックパック:無し