バスター・ショットマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バスター・ショットマン:?(OCG版)

ユニオンモンスター 
星1/地属性/機械族/攻   0/守   0
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして
自分フィールド上のモンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、
装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントダウンする。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
フィールド上に表側表示で存在する破壊したモンスターと
同じ種族のモンスターを全て破壊する。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)
  • 解説:OCG版


バスター・ショットマン:?(TF5版)

ユニオンモンスター (TF5オリジナル)
星1/地属性/機械族/攻   0/守   0
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして
自分フィールド上の機械族モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、
装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントダウンする。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
そのモンスターと同じ種族の相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)
  • 解説:TF5オリジナルカード
TF5でオリジナルカードとして収録された、地属性・機械族のユニオンモンスター。
装備対象は機械族に限定されている。
アニメ・TF5では謎のD・ホイーラー(ブルーノ)が使用する。

大型モンスターの隣にいる弱小モンスターを狙えば、種族統一デッキに対しては大きな痛手となりうる。
だが、種族が統一されていない場合、あるいは相手モンスターが1体しかいない場合は、全く役に立たない効果になってしまうので注意が必要。
DNA改造手術と併用すれば汎用性は高まるものの、どの道機械族を宣言しなければ装備できないため、システム・ダウンを使った方が手っ取り早いかもしれない。
ステータスをダウンさせるデメリットもあるので、ときにはユニオンを解除することも必要になる。

レベル1・機械族・ユニオンモンスターなので、多くのサポートカードに対応している。
サポートカードを共有できる【マシンナーズ】に投入するのもよいかもしれない。

  • 相手モンスターを破壊し「墓地に送る」必要があるので、トークンを破壊しても効果は使えない。
    もちろん、他のモンスターを破壊して墓地に送れば、同じ種族のトークンも破壊できる。
  • 最近のユニオンモンスターでは珍しく、身代わり効果が戦闘破壊にしか対応していないので注意。

  • 関連カード

  • ゲーム別収録パック:No.無し






OCGパックパック:無し