DTデス・サブマリン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DT(ダークチューナー)デス・サブマリン:?

効果モンスター(ダークチューナー) (TF5オリジナル)
星9/闇属性/機械族/攻0/守300
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
「DTデス・サブマリン」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
このカードをシンクロ素材とする場合、
ダークシンクロモンスターの シンクロ召喚にしか使用できない。
  • 解説:TF5オリジナルカード
TF5で追加された、闇属性・機械族のダークチューナー
ダークチューナー共通のダークシンクロモンスターシンクロ召喚にのみ使用できるルール効果
デュエル中1度のみ、自身を墓地から特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

レベルが高く扱いにくいダークチューナーにとって、自身を特殊召喚する効果は優秀。
デュエル中に1度しか使えないが、ダークシンクロモンスターは場に出せれば制圧力が高いので、問題ないだろう。

自己再生能力を抜きにして考えても、このカードはレベル・種族に恵まれていて扱いやすい。
レベル9なので下級モンスターと組み合わせれば、レベル4の漆黒のズムウォルトを除いた、レベル5~8のダークシンクロモンスターを場合に応じて出すことができる。
低攻撃力の機械族なので機械複製術にも対応しており、レベル・スティーラーと組み合わせれば3体のダークシンクロモンスターを一気に展開することも可能。
不要になった後はキメラテック・オーバー・ドラゴンの融合素材にすれば無駄がない。

ダークシンクロでは有効なレベル・スティーラーとのコンボを使う場合、このカードからは同じ機械族のダーク・フラット・トップを出せないので注意。
もちろん、レベル1モンスターを通常召喚するなり、ワン・フォー・ワンなどで特殊召喚すれば問題ない。
チューニング・サポーターや、アニメのようにダークシー・レスキューを使ってディスアドバンテージを挽回するのもいいだろう。
これらのモンスターも機械複製術に対応しているので相性はよい。

  • 「インチキ効果もいい加減にしろ!」とクロウに一喝されたのはこのカード。
    もっとも、クロウ自身も後に自己再生効果を持つBF-精鋭のゼピュロスを使っているのだが…。
    (こちらもOCG化に際し、「デュエル中に1度」の制限が付加されている。)

  • 関連カード

  • ゲーム別収録パック:No.無し