ジェスター・クィーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジェスター・クィーン:?

効果モンスター(TF5オリジナル)
星2/闇属性/魔法使い族/攻800/守800
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の魔法&罠カードゾーンに存在するカードを全て破壊する。
自分フィールド上にこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードは通常の攻撃に加えて、自分の魔法&罠カードゾーンに存在するカードの数だけ、
1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。
TF5でオリジナルカードとして収録された、闇属性・魔法使い族のモンスター。
アニメではイェーガーが使用し、その後の詰めライディングデュエルの問題でも登場した。

1つ目の効果は、明らかに自分に大きなディスアドバンテージが降りかかる効果。
通常召喚だけでなく特殊召喚でも発動するので、何も考えずにデッキに投入すると、逆に自分の首を絞めることになりかねない。
呪われた棺荒野の大竜巻を破壊して、なるべくディスアドバンテージを回避したいところ。
反転召喚では発動しないので、見習い魔術師から裏側守備表示で出すのもありだろう。
エンペラー・オーダーを使うのも一考か。
ギブ&テイクでディスアドバンテージを相手に押し付けるのも面白い。

メインとなるのは2つ目の効果だろう。
このカードをフィールド上に出した後、魔法・罠カードを大量にフィールド上に出し、連続攻撃…というのが理想的な流れ。
このカードの素の攻撃力は貧弱なので、連続攻撃効果を活用するならば何らかの方法で攻撃力を上げる必要がある。
装備魔法を使うならば、デメリットが無い重装武者-ベン・ケイでも同じことができるため、フィールド魔法や永続魔法を使って差別化を図りたいところ。
同じオリジナルカードである隠し通路と併用すれば、ワンターンキルも視野に入る。
しかし、ここでも1つ目の効果が足を引っ張ってしまい、「あらかじめ全体強化カードを発動しておく」ということができない。
さらに、連続攻撃効果を使うためには「自分フィールド上にこのカード以外のモンスターが存在しない」という条件を満たす必要があり、結局全体強化カードを使う意味は薄い。
総じて、爆発力はあるが、デメリットがそれに釣りあわないほど重いモンスターといえるだろう。

闇属性・レベル2なので、終末の騎士などでデッキから落とし、効果だけをOCG版ワンハンドレッド・アイ・ドラゴンでコピーして複数回攻撃を生かすのも面白い。

一応、ノーコストで全体除去効果を発動できるため、スターライト・ロードの発動条件を満たせる。
スターダスト・ドラゴン/バスターの特殊召喚を狙うなら、このカード1枚ぐらいの犠牲は惜しくないだろう。
(ただしスターライト・ロードはダメージステップでは発動できないため、キラー・トマトからこのカードを特殊召喚した際には使えないので注意。)
  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.無し

DS2010パックパック:無し
PSPTF5パックパック:イェーガーのクリア後に入手 TF5オリジナル





OCGパックパック:無し