パワー・ゾーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パワー・ゾーン

フィールド魔法 (TF3オリジナル)
フィールド上に存在するモンスターが戦闘によって破壊された場合、
その時のモンスターのコントローラーに破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える。
  • 解説
ものマネ幻想師ファントム・オブ・カオス等の元々の攻撃力の低いモンスターと相性のいいカード。
こちらはダメージを受けることなく相手のみにプレッシャーを与えられる。
自分の場にモンスターを残さないスピリットモンスターとの相性も上々。
ただしこれらのモンスターばかりで構成すると、必然的に事故率が上がるため、普通に戦えるようにもしておきたい。
また、F・G・Dのような、高攻撃力を誇るモンスターも相性がよく、こちらは安定しやすい。
総じて攻めているときには強いが、守るときには弱いカードであるため主軸とするならツイスター和睦の使者を複数積んでおきたい。

逆にリクルーターやゴブリン突撃部隊などのデメリットアタッカーとの相性は最悪。
前者はモンスターを繋げば繋ぐほどダメージが肥大化し、後者は守備表示になってしまうと簡単に戦闘破壊され大ダメージを喰らってしまう。
貫通効果持ちのモンスターに攻撃されると総ダメージ量が4000を超えることも有り得る。
これらのカードを主軸にしたデッキ相手には有効に働くだろう。

トーチ・ゴーレムと絡めれば恐るべきコンボが可能。
守備表示で出したトーチ・ゴーレムE-HERO インフェルノ・ウィングで倒し、このカードが出ていれば、
E-HERO インフェルノ・ウィングの貫通ダメージ1800+E-HERO インフェルノ・ウィングのバーンダメージ3000
+このカードのダメージ3000で計7800ものダメージを叩き出せる。
墓地に素材が揃っていればダーク・コーリングを含んだ3枚で実行可能なのでかなり凶悪と言えよう。

相打ちとなった場合、何故か効果処理が同時ではない。
その場合、攻撃されたほうのダメージ計算を先に行う。(チェーン1:攻撃した側 チェーン2:攻撃された側)
このため、このカードの効果ダメージによる引き分けは発生しない。
  • 関連カード
  • ゲーム別収録パック:No.無し