※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「混沌帝龍 -終焉の使者-」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

混沌帝龍 -終焉の使者-」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **[[混沌帝龍 -終焉の使者-]]
 -[[パック]]:[[E-HERO マリシャス・エッジ(DU)]] 82301904
  効果モンスター(禁止カード'08-03月現在)
  星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
  このカードは通常召喚できない。
  自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを
  1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
  1000ライフポイントを払う事で、
  お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。
  この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに
  300ポイントダメージを与える。
 
 今や完全に黒歴史と化した【カオス】のキーカードの1枚。
 墓地の光属性モンスターと闇属性モンスターを1枚ずつ除外することで
 あっさり召喚できてしまう。
 
 召喚条件は[[見習い魔術師]]→[[聖なる魔術師]]などから
 墓地を肥やすことができる。
 又、[[クリッター]]もモンスターを[[サーチ]]しながら後続の
 モンスターを[[サーチ]]可能なため優秀である。
 
 プレイング難易度が上がってしまうが[[閃光の追放者]]は
 相手の墓地を肥やさず自分の墓地を確実に肥やせるため優秀である。
 
 3000と言う★8最高峰の攻撃力を誇りながら、手札・フィールドを
 完全にリセットする効果を備える。
 更に、墓地に送ったカードの枚数×300のダメージを与える。
 単体で機能するカードでありながら、召喚した段階で高確率で
 勝利が確約されると言う凶悪なカードだった。
 
 一度召喚条件を満たせば蘇生も可能。
 
 遊戯王OCG史上、最高のゲームエンドメイカーであり、
 最悪のゲームバランスブレイカーと名高い。
 [[カオス・ソルジャー -開闢の使者-]]、
 [[カオス・ソーサラー]]よりも遥かに強力なカードである。
+
+[[八汰鳥]]との組み合わせによるロック戦術、[[八汰ロック]]は、ゲーム内で禁止カード投入枚数を制限している為、きっちりとブロックされている。
 
 -【カオス】のキーカード
 --混沌帝龍 -終焉の使者-
 --[[カオス・ソルジャー -開闢の使者-]]
 --[[カオス・ソーサラー]]