E-HERO ダーク・ガイア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

E-HERO ダーク・ガイア(イービルヒーロー)

融合・効果モンスター
星8/地属性/悪魔族/攻   ?/守   0
悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このモンスターは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの元々の攻撃力は、融合素材に使用したモンスターの攻撃力の合計の数値となる。
このカードの攻撃宣言時、相手フィールド上に存在する
守備表示モンスター全てを表側攻撃表示にする事ができる。
(この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。)

極めて強力な効果を持ったE-HEROの一体である融合モンスター。
E-HEROの名を持つが融合素材の指定は種族のみでE・HEROE-HEROが素材として必須になるわけではない。
効果の凶悪さから対戦では割と敬遠されがちなモンスターであり、一時期は大会で上位を狙えるほどのデッキの中核となっていた。

最高攻撃力は、磁石の戦士マグネット・バルキリオンor古生代化石竜 スカルギオス邪神ドレッド・ルートor幻魔皇ラビエルの7500。
下級モンスターだけに絞っても、楽に3000を越えられる。
安定した運用を望むなら多少攻撃力は落ちるが単体でも強力な冥府の使者ゴーズ地帝グランマーグを素材に使おう。
いざと言う時は片方の素材をメタモルポットE-HERO ヘル・ブラッドにしてももう片方が強力なモンスターであれば3000越えは容易。

このカードの攻撃宣言時、相手のモンスターを強制的に攻撃表示にでき、リバース効果を発動させない。
マシュマロン聖なる魔術師執念深き老魔術師等は格好の的となる。
さらに効果は相手フィールド上の全ての守備表示モンスターに及ぶため、スケープ・ゴートおジャマトリオによって発生したトークンへは致命的な損害を与えられる。
このモンスターが攻撃できるのは一度のみだが、自分フィールド上に他の攻撃要員がいれば相手のライフは大きく削られていくだろう。

ダーク・フュージョンでしか特殊召喚できないとの表記はあるものの、実際にはダーク・コーリングも使えるため融合は楽。
さらにダーク・コーリングでは墓地のモンスターまで利用できてしまう。

ダーク・フュージョンによって特殊召喚された場合は1ターンのみ炸裂装甲次元幽閉などの単体除去罠も通用しなくなる。
但し、激流葬万能地雷グレイモヤなどの対象を取らない除去ならば破壊される。
…もっとも、大嵐などで安全に召喚できる状況を作ってから召喚されることが多いのだが。

なお、攻撃力は効果によって発生するものであるため、特にダーク・コーリングで耐性を持たなかった場合の月の書には要注意。
守備力も0なので表示形式操作も天敵となる。


  • 解説
  • 関連カード 
  • ゲーム別収録パック:No.58332301
DS2009パックパック-(P)09-(P)09 未チェック


DS2007パックパック-(P)07-(P)07:全カードランダム(P)07 未チェック
DS SSパックパック-(P)SS 未チェック
DS NTパックパック-(P)NT 未チェック

PSPTF2パックパック-(P)TF2:チャッカーフラッグ(P) 未チェック
PSPTF1パックパック-(P)TF1:チャッカー・フラッグ(P) 未チェック
PS2TFEパックパック-(P)TFE:チャッカー・フラッグ(P) 未チェック -解説