宝玉割断


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宝玉割断:?

通常罠 (TF3オリジナル)
自分のデッキから「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を墓地へ送って発動する。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の元々の攻撃力を半分にする。
相手はデッキからカードを1枚ドローする。
通常罠であり、宝玉獣のサポートカードの一つ。
サーチ効果、戦闘補助効果、デメリット効果、三つの効果を持つカード。
墓地肥やしが出来る代わりに相手にドローさせるデメリットが付いた収縮といえる。

一つ目のサーチ効果は、宝玉獣をピンポイントで墓地に落とせるというもので、言い換えれば宝玉獣限定のおろかな埋葬
究極宝玉神 レインボー・ドラゴン軸の宝玉獣デッキを組む場合は、二つめの効果以上に重要となるだろう。
また、宝玉の恵みとも相性がいい。

二つ目の効果は収縮と同じ攻撃力半減効果だが、宝玉獣は破壊された方が都合のいい場合も多い。
下級の宝玉獣でも大方の上級・最上級モンスターを返り討ちにできるのは有難いが、下級モンスターで戦線維持することは殆どの宝玉獣デッキにとってはあまり重要ではないだろう。
なお、テキストには書かれていないが、攻撃力は収縮と同じくエンドフェイズ終了時に元に戻るので注意。

三つ目のデメリット効果は、相手は一枚ドローするというもの。ラスト・リゾートと違い、強制的にドローさせる。
魔宮の賄賂と同じデメリットだが、魔法・罠カード無効に比べて墓地肥やし付きの収縮では割に合っていない感が強い。

通常罠であるということが大きく評価を下げる。一つめの効果ならおろかな埋葬、二つめの効果なら収縮がある。この二つは引いたそのターンから使え、デメリットもない。召喚僧サモンプリーストを使用する場合、コストにすることもできない。
人造人間-サイコ・ショッカーなどで罠を封じられてしまうと発動できないまま場に残り、魔法・罠カードゾーンを圧迫してしまうため足を引っ張る要因になりかねない。

総じて使いづらさの目立つカードであるが
TF5から登場したバッド・エンド・クイーン・ドラゴンとの相性はなかなかのもの。
バッド・エンド・クイーン・ドラゴンのドロー効果は相手が手札を墓地へ送れないと発動できないため、
このカードによるドローは、場合によってはメリットとも成り得る。
  • 関連カード
  • ゲーム別収録パック:No.無し






YOパックパック:無し

OCGパックパック:無し


ご購入はこちら
クリック!
遊戯王&トレカ販売 カード&ホビー「KeyGrip」